This blog is for all yarisugi people.    時には格調高く、いつもは品性のかけらもなく。
by overdope
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 韓 国 の 皆 様 の 犬 H K
カテゴリ
マスゴミ
またオオニシか!
極東3バカ+1
笑韓
呆韓
哀韓
殺韓
しお韓
多韓
Oink
法華
売国奴
小ネタ
その他
管理人
ココについて
Hall of Shame
号外
以前の記事
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
散歩道
諸葛川
虹の螺旋
ファビョリズム
韓国のホームページをのぞ...
アリエスの雑記帳
最新のトラックバック
野球選手 文相勲(ムン・..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
☆文部省推薦 「暴れる韓..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
朴三寿(ネット渾名です)..
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
偽物オリンピック
from 朱雀式
韓国・狂気のデモ ~まと..
from 朱雀式
竹島「領有」表現避ける、..
from 湘南のJOHN LENNON..
所詮私はミーハ-です。 ..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
ロ○テも所詮半島企業って..
from とっちのブログ
チベット状況4/19
from チベットnews
FREE TIBET   
from 中野 馨一が創る 外構、庭造..
このチベットの話は本当な..
from とっちのブログ
イ・ホソン 野球が流行っ..
from 今、何が流行ってるの?
イ・ホソン 野球は、サイコゥ
from ナニがあったかな?
朝日はいい加減に犯罪者の..
from とっちのブログ
ノムのせいで…
from ファビョリズム
日本の携帯電話が高い本当..
from とっちのブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
解散雑感
e0064858_20361049.jpg
 衆議院が解散した。 以前管理人は『7月末頃解散していただき、選挙運動中に「偶然」訪れた8月15日の敗戦記憶日に「必勝ハチマキ」を巻いた麻生首相に靖国参拝していただきたい』と書いたが、8月18日が公示なので「必勝ハチマキ」は実現しそうにないが、もはや失うものなどない麻生首相、敗戦記憶日の靖国参拝で、失われた保守層の支持を少しでも取り戻して欲しいものである。
 週刊朝日が「珍説」とした今月13日の産経一面のコラム「なぜ自民は惨敗したのか」だが、データのうえでも靖国参拝した首相はしなかった首相より長く政権を維持できることが明らかになっている。 

65 :名無しさん@十周年:2009/07/14(火) 10:00:47 ID:QbnXnCCJ0
戦後の歴代総理大臣で在職期間に靖国参拝しなかった人の在職日数。
52代 鳩山一郎 745日
55代 石橋湛山 65日 (在任中に脳梗塞でリタイヤ)
74代 竹下登 576日
75代 宇野宗佑 69日
76代 海部俊樹 203日
78代 宮沢喜一 644日
79代 細川護熙 263日
80代 羽田孜 64日
81代 村山富市 561日
84代 小渕恵三 616日
85代 森喜朗 387日
90代 安倍晋三 366日
91代 福田康夫 365日
在職期間の平均は333日±264日、言い換えると11ヶ月27日±9ヶ月20日。鳩山一郎以外は2年持ってない。

逆に、靖国参拝した人の在職日数と参拝回数はというと…。
48代 吉田茂 2616日 5回
56代 岸信介 1241日 2回
58代 池田隼人 1575日 5回
61代 佐藤榮作 2798日 11回
64代 田中角栄 886日 5回
66代 三木武夫 747日 3回
67代 福田赳夫 714日 4回
68代 大平正芳 554日 3回(在任中に心筋梗塞で急死)
70代 鈴木善行 864日 9回
71代 中曽根康弘 1806日 10回
82代 橋本龍太郎 932日 1回
87代 小泉純一郎 1980日 7回
在職期間の平均は1393日±761日、言い換えると3年10ヶ月23日±2年1ヶ月30日。福田赳夫以外は2年以上続いている。
一部例外はあるにしても、かなりはっきりとした傾向が出てるんじゃないでしょうか。


 さて、今回の衆議院解散で、あの悪名高い「河野談話」で今日の自民党の凋落のきっかけをつくった売国奴・河野洋平が失職したことは喜ばしいことである。 他の誰に議員辞職を勧告されることもなく、自ら解散を宣言して己の政治生命を絶つことができたのはせめてものはなむけだろう。 政界引退後はさっさとくたばってくれ。 
 同様に小泉元首相、津島派の領袖で「雇われマダム」と呼ばれた津島雄二氏も政界を引退した。 小泉氏は後継を二男に任せたようだが、その横須賀の選挙区は小泉Jr、あいのり、共産党、幸福実現党が立候補予定で、有権者は「究極の四択」を迫られている。
 また津島氏といえばやはり記憶に新しいのは衆議院予算委員長の頃の活躍ぶり。 その様子が「DJ ツシマ」としてムネオハウスでもフィーチャーされたのは記憶に新しい。


 ところで、このムネオハウスのなかでも効果的なダブを決めているヴァイブ辻本だが、なぜか「ミンス党員」になっていた。 これは統一会派を組んでいるからということなのだろうか? 誰かわかる方教えて下さい。m(_ _)m
e0064858_20421782.jpg
           http://www.dpj.or.jp/member/?detail_3865=1

 話がそれた。 小泉氏は67歳、津島氏は79歳。 単に年齢だけみれば小泉氏はまだ議員を続けることができるだろうが、自らが総裁の時に中曽根氏ら党の重鎮に引退勧告を行い引導を渡してきただけに、自らは晩節を汚す前に身を引いたのだろう。 一方の津島氏は年齢的に潮時だと判断したのだろう。
 もっとも、肉体的な年齢は政治家各人に平等なわけではない。 塩爺などは齢87にしていまだ頭脳明晰で矍鑠(かくしゃく)とし、出演したTV番組で早口で怪気炎を上げている。 あの若さはやや特異な例だが、民主党最高肛門のこの方は誰が見てももう潮時、なぜ今回の解散に合わせて政界を引退しないのか理解に苦しむ。 自分の寝ぐせにすら気づかない爺さんは会津で孫の面倒でも見てるのがお似合いだ。
e0064858_20445364.jpg
 もしかしたらミンスは平成の肛門様が真夏の選挙戦の真っ最中、遊説中に熱中症か何かでポックリ逝くことを期待し、ただでさえ圧勝しそうな選挙戦に弔い合戦の要素を加味し、更なる完全勝利を目論んでいるのではないだろうか?
e0064858_21284615.jpg
 そういえば「汚沢の懐刀」といわれたこの方も絶妙のタイミングで事務所が燃えて証拠隠滅したかと思ったら、今度は自らが永田町から隠滅されました(笑)。

 麻生自民党は敗色濃厚だが、マスゴミによる世論誘導で一億総愚民化し、衆愚政治とポピュリズムが支配するなか、負け戦を覚悟で戦わねばならない時もある。 結果論だが、負けを恐れて政権を投げ出したチンパンさえいなければ、麻生政権の誕生はその分早まり、就任早々解散総選挙に打って出ることも可能だったかも知れない。
 そのチンパンがいかにこの国の首相に相応しくなかったかというエピソードがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ▼もちろん、田舎暮らしはいいことずくめではない。農村の高齢化が進み、耕作放棄地は増えるばかりだ。実は昨年の洞爺湖サミットの晩餐(ばんさん)会で、玉村さんのワイナリーの白ワインが使われることが、ほぼ決まっていた。
 ▼それが、当時の福田康夫首相の一言、「日本のワインで大丈夫?」で覆った、と新著『今日よりよい明日はない』(集英社新書)で、暴露している。日本の産物に誇りをもてない為政者のもとで、農政が機能するはずもない。
(一部抜粋)

ソース:【産経抄】7月6日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ワイン通を自認するチンパンがサミットの場で振る舞ったのがカリフォルニア・リッジ・ヴィンヤーズのモンテベロ1997。 ロバート・モンダヴィに次ぐ名ワイナリーである。 まさか今さらブッシュのご機嫌を取ろうとしたわけでもなかろうが、仮にも日本で行われたサミットである。 そして、日本にも誇るべきワインなどいくらでもある。 身近なところで言うならシャトーメルシャンのワインなどはどれをとってもハズレがない。 そもそもブッシュやメドヴェージェフにワインの味などわかるはずがない。
 ワインひとつとっても自国に誇りが持てないような首相が、サミットでの思い出づくりが終わるや否や「自分では選挙は勝てない」とあっさり政権を投げ出した後就任した麻生首相。 スタートから大きなハンデを背負うことになった政権だった。
 就任後、解散の時期を模索するも、折悪く金融・経済危機の直撃を受けて解散を見送り、矢継ぎ早に経済対策を打ち出して失速した日本経済の立て直しに取り組み、その成果がようやく見えつつある一方で、郵政民営化についての発言などのブレを指摘され、バー通いや漢字の読み間違いはマスゴミに面白おかしく取り上げられ、本来政治の話題など無縁であるべきワイドショーにおいても毎日のように伝えられてはコキ下ろされ、中山成彬前国土交通大臣や中川(酒)、鴻池官房副長官、鳩山総務大臣の辞任も政権にダメージを与えた。
 それら一連の出来事のなかで明らかになったのは、麻生首相はそのべらんめえ口調が連想させるようなワンマンな指導者ではなく、実際は調整型の指導者であったということである。 もちろん脆弱な党内基盤しかないなか、他の方法論は端から存在しなかったのかも知れないが、今にして思えばもう少しわがままな政権運営をしていれば結果は違っていたのではないかと思う。
 テレポリティクス全盛のいま、政党内にもテレビ露出狂の反対勢力を多数抱えるなか、マスゴミまで敵に回したのは致命的だった。 むしろ自ら解散に持ち込むまで良く踏ん張ったと思う。 仮に選挙で負けるにしても堂々と戦って負ければいい。 少なくとも五体満足のくせに突如政権を放り出した前任者よりよっぽど潔いと思う。
 
 マスゴミはさっそく麻生首相の解散後の会見を批判している。 その会見では小泉元首相が郵政解散に打って出た時のような「郵政民営化に賛成か反対か?」のようなキャッチーな言葉もなければ、オバマのように「チェンジ!」という愚民向けの反復刷り込みフレーズもない。 今ぽっぽが壊れたオルゴールのように連日連夜繰り返している「政権交代」もこれと同種のものであり、それは典型的なマインドコントロールの手法に他ならない。 日本もアメリカ並みに愚民が増えたということだろう。
 結局小泉郵政解散で多くの愚民票を取り込んで大勝した自民党は、その4年後同じ愚民票で大敗する運命にあるのかも知れない。 こちらのブログをご覧頂いている皆様のうち無党派の方の多くは、前回の郵政選挙の際も岡田民主党の沖縄ビジョンを始めとする亡国のマニフェストへの拒否反応として自民党に票を投じられたはずだが、そうでない人も少なからずいたのである。 自民党に大量に流れた愚民の浮動票が杉村大蔵のような議員を世に送り出すこととなった。
 しかし、本来政治に派手なキャッチフレーズは不要のはず。 麻生首相の言う「安心社会実現」は前のチンパン政権が掲げたものに似て地味なこと極まりないが、経済、安全保障、雇用、年金、医療などの包括的な概念である。 総花的ではあるが、政権を担当してきた与党としてはいずれも外すことのできないテーマばかりである。 それこそが麻生首相が考える「政権与党の矜持」なのだろう。
 一方で、財源すら明示せず耳触りのいい公約を乱発するミンス。 下の「民主党ネクスト内閣」を見てもわかるように、ネクスト・キャビネットがそのまま閣僚となれば、たちまちこの国は滅亡の危機に瀕する。 想像したくはないが、たとえ野に下ったとしても最大野党としてミンスの売国・亡国政治の防波堤とならんことを願う。

<民主党ネクスト内閣>
 総理 鳩山由紀夫 (故人献金、在日議連、友愛病)
 副総 小沢 一郎 (元自民党金権政治の中心、西松迂回献金、秘書が韓国人)
     菅  直人 (元社民連、めぐみさんなど日本人拉致実行犯シンガンスの釈放要請)
     輿石  東 (元社会党、日教組代理人、反日教育支持者)
 国務 岡田 克也 (在日議連会長)
 官房 直嶋 正行 (元トヨタ、自動車総連)
 総務 原口 一博 (光の戦士)
 外務 鉢呂 吉雄 (元社会党、農協、宗男とのパイプ役、在日議連)
 防衛 浅尾慶一郎 (移民1000万人)
 内閣 松井 孝治 (元通産官僚、移民1000万人)
 財務 中川 正春 (パチンコ・サラ金の代理人、在日議連)
 金融 大畠 章宏 (元社会党、日立労組) 
 厚労 藤村  修 (在日議連)
 年金 長妻  昭 (対官僚ファイター)
 経産 増子 輝彦 (パチンコチェーンストア協会政治アドバイザー、在日議連)
 法務 細川 律夫 (元社会党、在日議連)
 文科 小宮山洋子 (元NHK、在日議連)
 環境 岡崎 トミ子 (元社会党、在日議連、公費で韓国へ行き反日デモに参加した極左)
 少子 神本美恵子 (在日議連)

e0064858_20374245.jpg
e0064858_21261743.jpg
 ところで、参議院議員ではあるが、自ら党首を務める政党が消滅の危機に瀕しているこの方も、その類稀なキャッチフレーズ提案力を生かしていっそ広告業界に転身されるのはどうだろうか? このセンス、電痛のクリエイティヴ局あたりがぴったりだと思うのだが。
e0064858_20343924.jpg
e0064858_2035416.jpg

 長文駄文失礼しました。m(_ _)m
[PR]
by overdope | 2009-07-22 23:29 | その他
<< 誤解を受ける表現に批判も出そう... クルマのナンバーでも竹島の不法... >>