This blog is for all yarisugi people.    時には格調高く、いつもは品性のかけらもなく。
by overdope
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 韓 国 の 皆 様 の 犬 H K
カテゴリ
マスゴミ
またオオニシか!
極東3バカ+1
笑韓
呆韓
哀韓
殺韓
しお韓
多韓
Oink
法華
売国奴
小ネタ
その他
管理人
ココについて
Hall of Shame
号外
以前の記事
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
散歩道
諸葛川
虹の螺旋
ファビョリズム
韓国のホームページをのぞ...
アリエスの雑記帳
最新のトラックバック
野球選手 文相勲(ムン・..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
☆文部省推薦 「暴れる韓..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
朴三寿(ネット渾名です)..
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
偽物オリンピック
from 朱雀式
韓国・狂気のデモ ~まと..
from 朱雀式
竹島「領有」表現避ける、..
from 湘南のJOHN LENNON..
所詮私はミーハ-です。 ..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
ロ○テも所詮半島企業って..
from とっちのブログ
チベット状況4/19
from チベットnews
FREE TIBET   
from 中野 馨一が創る 外構、庭造..
このチベットの話は本当な..
from とっちのブログ
イ・ホソン 野球が流行っ..
from 今、何が流行ってるの?
イ・ホソン 野球は、サイコゥ
from ナニがあったかな?
朝日はいい加減に犯罪者の..
from とっちのブログ
ノムのせいで…
from ファビョリズム
日本の携帯電話が高い本当..
from とっちのブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
中川さんの遺言
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_12123763.jpg
 「保守」とは守るべきものを守り、保守すべきために改革する。そして国民の活力に期待して成長のための戦略を描く。リベラリズム、ポピュリズム政権とどう区別し、対抗していくか。しかし、前進―地球の中で生き残り、真に国民を守るために何をなすべきか。と言った議論が全く欠けている。
 私を含め、「保守」議員の多くがいなくなったが、まだ残っている。彼らがいかに保守の旗印をもう一度立て直し、日本を守り、真の意味で国民を守るかを真摯に議論してほしい。心ある国民はそれを是非応援してほしい。
 自民党は末期的だが、今こそ日本の保守の軸を改めて確立するために全力を尽くすべきだ。さもなければ、日本は世界の中で埋没しながら自壊してゆく。

P.S. 過日、麻生総理の「就任直後に解散しておけば勝っていたかもしれない。しかし、経済状況を考えると、とてもそれはできなかった。」という主旨の報道があった。それが総理の本音であり、総理という立場の判断の辛さだと思う。私は麻生総理に対し、心から申し訳なく思っている。何故なら、昨年来、経済・生活対策を最優先にすべしと一番強く迫ったのは、財務・金融担当大臣つまり私だからである。何よりも政局より、政策実行の為に。総理の選挙を負けさせ退陣に追い込んでしまった。私も議席を失ったが、あの時の判断は、その後の対策が日本と世界を上向きにしつつある現状を見ても、間違っていなかったと今でも思っている。

 私は今後新たに決意を持って進んでいきます。発信していきます。「日本が危ない」から。(一部抜粋/全文はソースで)


ソース:選挙が終わって―『十勝・日本が危ない』 平成21年9月14日【中川昭一公式サイト】
http://s01.megalodon.jp/2009-1005-0151-34/www.nakagawa-shoichi.jp/talk/detail/20090914_497.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 既にみなさんご覧になられたと思います。 中川さんの最後の日記です。

 総選挙の敗因を問われた麻生前首相は「保守の魅力を伝え切れなかった」と語った。 そしてまた保守も、中川さんが言い残したように常に自らを研鑽していかなければならないのだろうと思う。

 先日、英誌エコノミストが「自国への信頼(trust)と敬愛(admiration)」について調査したところ、調査対象国のなかで日本はぶっちぎりの最下位であった。
 管理人、流刑人の末裔でありながらさらに原住民アポリジニを動物のように虐殺し、事あるごとにカンガルーを虐殺していながら他国の調査捕鯨に文句タレてるオーストコリアがトップになるようなイカれた調査で日本が上位になる必要はないと思うが、それでもぶっちぎりの最下位というのはさすがに気になる。
e0064858_12152378.jpg
http://www.economist.com/daily/chartgallery/displaystory.cfm?story_id=14536817

 その原因についてはいろいろあると思うが、ひとつには日本人特有の奥ゆかしさ、謙虚さといったものを計る尺度が国際社会には存在せず、こうした「National Pride」という能天気でアホ、カリフォルニアの青いバカみたいな調査ばかりしかなされていないという現状において、自ら、そして自らの国を誇ることに必ずしも「慣れていない」日本人は立場がないということ。 もうひとつは、国家をひとつの「製品」としてみた場合に、その品質を極限まで追求しようとする日本人が、今の品質つまり国家像に必ずしも満足していないということの表れであるという見方。 さらには、やはり戦後の日狂組を中心とした自虐史観に基づく左翼教育により愛国心を持てなくなった国民が多いということも言えるのかも知れない。 ユニークな日本文化やその精神性、技術大国、近年のサブカルチャーなど、世界が日本に向ける羨望の眼差しも決して少なくないなか、当の日本人が自国に誇りを持てないとは皮肉な結果である。
 管理人、決して多くの国に渡航歴があるわけではないが、それでも十数か国ぐらいにはなる。 旅先で美味しい日本食に出会った時は「日本人に生まれて良かった」と思うし、成田に着き、東京の自宅に着いて思うのは「やっぱり日本がいいなあ」ということである。 別に大所高所からの話ではない。 自分の国の美味いものが食えて、安らげる家、暮らしがある。 それらは自分の拠るこの国があってこそ。 それは特別なことではなく、他のどの国の国民にとっても同じだろう。
 だがそんな原初的な国への信頼や愛着すら感じられないままこの国に住んでいる日本人は哀れだ。 世界を眺め渡せば日本人が当たり前に享受していることが必ずしも当たり前ではないのだが、島国根性とでもいうのか、国際的な視野狭窄によってその有難さに気づかない。 いっそ自らの理想郷、地上の楽園にでも移住すればいいと思うのだが、彼らは決してそうはしない。 この国から、そして、ただ自分が日本人であるというだけで多くを享受しながら、この国を腐す。 こんな国で政治家として保守の旗を掲げ続けるのはそれだけで負荷のかかる仕事だ。
 中川さんは議員生活のすべてをその困難な仕事に捧げた。
 政治が国としての大義を失い、無知蒙昧な大衆にひたすら迎合した先にあるのが国家の滅亡でしかないことは今の民主党政権をみれば一目瞭然だ。 中川さんが残した「日本が危ない」という言葉。 その危機感を共有する日本人を一人でも増やすことができたらこのしょーもないブログにもいくばくかの存在価値があるのかも知れない。

 中川昭一氏の功績を称え、その早過ぎる死に哀悼を捧げます。

e0064858_1238148.jpg

[PR]
by overdope | 2009-10-07 12:44 | その他
<< 出自が怪しい総務大臣 追悼 中川昭一さん >>