This blog is for all yarisugi people.    時には格調高く、いつもは品性のかけらもなく。
by overdope
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 韓 国 の 皆 様 の 犬 H K
カテゴリ
マスゴミ
またオオニシか!
極東3バカ+1
笑韓
呆韓
哀韓
殺韓
しお韓
多韓
Oink
法華
売国奴
小ネタ
その他
管理人
ココについて
Hall of Shame
号外
以前の記事
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
散歩道
諸葛川
虹の螺旋
ファビョリズム
韓国のホームページをのぞ...
アリエスの雑記帳
最新のトラックバック
野球選手 文相勲(ムン・..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
☆文部省推薦 「暴れる韓..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
朴三寿(ネット渾名です)..
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
偽物オリンピック
from 朱雀式
韓国・狂気のデモ ~まと..
from 朱雀式
竹島「領有」表現避ける、..
from 湘南のJOHN LENNON..
所詮私はミーハ-です。 ..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
ロ○テも所詮半島企業って..
from とっちのブログ
チベット状況4/19
from チベットnews
FREE TIBET   
from 中野 馨一が創る 外構、庭造..
このチベットの話は本当な..
from とっちのブログ
イ・ホソン 野球が流行っ..
from 今、何が流行ってるの?
イ・ホソン 野球は、サイコゥ
from ナニがあったかな?
朝日はいい加減に犯罪者の..
from とっちのブログ
ノムのせいで…
from ファビョリズム
日本の携帯電話が高い本当..
from とっちのブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
整形を許可する>韓国女子バレー
 もうすぐバレーボール世界選手権が始まるようである。 オリンピック以外にも「ワールドグラチャン」、「世界選手権」、「ワールドカップ」と、バレーの国際大会は色々あるのだが、なぜかしょっちゅう日本で開催されている気がする。 いずれも4年に一度の大会なのだが、年に2回ぐらい何かの大会をやってる気がしてしょうがない。 そもそも、いくつもある大会の性格をどう差別化しているのかもわからない。
 事実、「ワールドグラチャン」と「ワールドカップ」は常に日本で開催されることになっており、今回はたまたま世界選手権も日本で開催される。 またこれらの大会以外に、アジアでのバレー普及を目的とした国際リーグで、「ワールドリーグ(男子)」と「ワールドグランプリ(女性)」がある。 ここまでくるともうわけがわからない。
 ネットで調べてみると、「ワールドグラチャン」は、いくつかの大陸王者の中に開催地としてレベルの落ちる日本が出場し、大会の質を低下させており(男子)、「世界選手権」は開催国特権としてグループリーグで強豪国と対戦しないような組み分けを選択できるという。 さらに「ワールドカップ」は日本が開催国として出場できる以外に、主催者推薦として、アジアやアフリカから、「日本が勝てる相手」を招待している。
 開催国が持ち回りの世界選手権(今回の世界バレー)ですら、2回に1回は日本で開催されている。 バレーにこれだけのカネをかけられるのは世界でも日本だけという図式。 加えて、実力の伴わない代表チームをどうにか盛り上げようと、TV局(今回はT豚S)が無理やりアイドルを散りばめてスタジオや試合会場でバカ騒ぎ。 選手のアイドル化と、お得意の過剰演出で、試合開始前までは、まるで日本が世界制覇でもするかのような勢い。 選手個々にスポットライトを当て、ここに至るまでのストーリーをドラマ仕立てで視聴者に提示。 T豚SだけにK-1MAXやDynamite、亀田戦で完成させた過剰なネタフリを今一度披露することになるだろう。
 ただ、僕としてはそうしたシニカルな視点で世界バレーを観るつもりはない。 専ら純粋に美女選手に注目して観ることに決めている。 とりわけ、またしてもグループリーグで日本と同組になった韓国。 ホントこの国はどこまでも日本に喰らいついてくる。 ほんとウザス。 キモス。
 ただバレーの実力、そして選手の容姿においても日本の圧勝である。
e0064858_1445824.jpg
 ここで一句。

        整 形 な し   そ の 意 気 や 良 し   韓 国 女 子

 韻を踏んでみますた。 お粗末。

 でも人が何かの競技を必死にやってる時って、ヘンな顔になるものです。 それだけに日本女子バレーの選手たちの変わらぬ美しさには、拍手。
e0064858_215246.jpg
                        安藤「美姫」・・・


T豚S「2006 世界バレー」
[PR]
by overdope | 2006-10-20 01:40 | 笑韓
<< 拉致被害者家族を愚弄する朝日新聞 中国軍がチベットの巡礼者を撃ち... >>