This blog is for all yarisugi people.    時には格調高く、いつもは品性のかけらもなく。
by overdope
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 韓 国 の 皆 様 の 犬 H K
カテゴリ
マスゴミ
またオオニシか!
極東3バカ+1
笑韓
呆韓
哀韓
殺韓
しお韓
多韓
Oink
法華
売国奴
小ネタ
その他
管理人
ココについて
Hall of Shame
号外
以前の記事
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
お気に入りブログ
散歩道
諸葛川
虹の螺旋
ファビョリズム
韓国のホームページをのぞ...
アリエスの雑記帳
最新のトラックバック
野球選手 文相勲(ムン・..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
☆文部省推薦 「暴れる韓..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
朴三寿(ネット渾名です)..
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
偽物オリンピック
from 朱雀式
韓国・狂気のデモ ~まと..
from 朱雀式
竹島「領有」表現避ける、..
from 湘南のJOHN LENNON..
所詮私はミーハ-です。 ..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
ロ○テも所詮半島企業って..
from とっちのブログ
チベット状況4/19
from チベットnews
FREE TIBET   
from 中野 馨一が創る 外構、庭造..
このチベットの話は本当な..
from とっちのブログ
イ・ホソン 野球が流行っ..
from 今、何が流行ってるの?
イ・ホソン 野球は、サイコゥ
from ナニがあったかな?
朝日はいい加減に犯罪者の..
from とっちのブログ
ノムのせいで…
from ファビョリズム
日本の携帯電話が高い本当..
from とっちのブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
韓国の文化的底力は恐ろしいほどだそうです(´,_ゝ`)プッ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1 :蚯蚓φ ★ :2006/12/26(火) 22:40:53 ID:???

 一時、日本文化の開放にぶるぶると震えた時代があった。開放と同時に明らかにされる幾多のコピー本の正体、そして歌謡曲、映画などの市場が無差別爆撃に当たらないかと思っていたからだった。今は笑いながら回想することができるが、当時は文化界の存亡を分けるくらい深刻な問題だった。しかし、もう誰もそんな恐れを持っていない。
 韓流という流れは、香港で韓国を文化の中心を移して来た。それに比べて、私たちが恐ろしさに震えた日本の映画は苦戦している。勿論、「いま会いに行きます」「ラブレター」のように暖かい愛を受ける作品もある。ホラームービーに関して一歩抜けたものもある。
 しかしいざ「お金になる」ブロックバスターを標榜した「陰陽師」や「日本沈没」などは封切りと同時に言葉通り沈んだ。もはや彼らの文化が私たちの文化的根幹を脅かすという憂慮は聞こえない。歴史的背景から来る反感ではない、幾多の作品を見て得られた市場の結論だ。彼らが持つ「限界」はしばらく飛び越えられない自らの障壁のように見える。

■日本映画の限界(中略>>2-5のあたり)

1)緻密で細々としている。
2)表現方法
3)全体主義の残り香
4)女性に対する描写
彼らが持ったこういう自らのくびきがあるので、彼らは絶対に島の外へ出られないようになっている。

■文化界の韓日戦

 過去文化開放以前、日本文化に沸き返った理由は作品性よりは希少性だった。他人が見られないものを見て享受する楽しさは、あれこれ計算して見るよりは一応スリルがあることだった。しかしもう望むものはインターネットにすべてある。(中略)政策的に開かれていなくても、願えばダウンロードしてどのようにでも楽しむことができる。ケーブルには日本専門チャンネルもある。しかし、それがすごい風を起こすことはできない。
 普遍的ではない想像力の限界と上に言及した要素のせいであるといえる。彼らがそんな自らの限界を飛び越えることができない限り、私たちが構築している全般的インフラを飛び越えるのは難しい。勿論、日本市場は巨大だ。ハリウッドでも神経をたくさん使う所で、アニメーションの市場も物物しい。映画の歴史や製作者たちの能力も高い水準を誇る。
 しかし、こんなものがグローバル時代の生産競争力を意味するものではない。独り歩き的に乗り出したけれども絶えず革新を繰り返えす私たちの文化的底力は恐ろしいほどだ。いつも100%の速度は出ないとしても、絶え間ない成長を確信する人々が多い。それがうぬぼれに陥らない限り、文化界の韓日戦で私たちはいつも勝者であるだろう。

キム・ヨンギ客員記者

ソース : デイリアン(韓国語)日本映画.. どうして常に ´沈没´?
http://www.dailian.co.kr/news/n_view.html?id=52373
ソース : 【日韓】 日本映画はどうしていつも「沈没」するのか?日本映画の越えられない限界[12/26]【東亜N+】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ウ・リ・ナ・ラ・マンセー!

 いやあ久々に強烈な記事です(笑)。 香港では韓国が文化の中心だそうです(爆)。
 「日本沈没」にしても公開当初は「日本が沈没する!wktk」とばかりに大挙して劇場に押し寄せたくせに、結局最終的に日本が沈没しないということがわかると、潮が引くように観客動員が振るわなくなった。 そもそも朝鮮人をホルホルさせるための映画じゃないんだっつーの。 「陰陽師」にしたってその複雑な歴史的背景などがアタマの悪い鮮人に理解不能だったというだけでしょう。 朝鮮パクリ怪物映画や捏造歴史映画なんかより、小品だが最近の日本映画の方がよっぽどマシ。 比較すること自体ナンセンス。
 「私たちの文化的底力は恐ろしいほどだ。」 最高! 腹筋壊れたわ。 マジレスすんのもアホらしいけど、文化そのものが存在しない国の文化的底力って一体何ですか?
 「文化界の韓日戦で私たちはいつも勝者であるだろう。」 はいはいワロスワロス。 いやもういいよ何でも韓国の勝ちで。 そもそも日本は別に韓国ごときと勝負する気はさらさらない。 韓国は近く滅亡するだろうけど、最後の一瞬まで日本と張り合ってればいいんじゃね?
[PR]
by overdope | 2006-12-27 22:39 | 笑韓
<< 支那の道路は凄そうだ セコムに法則発動 >>