This blog is for all yarisugi people.    時には格調高く、いつもは品性のかけらもなく。
by overdope
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 韓 国 の 皆 様 の 犬 H K
カテゴリ
マスゴミ
またオオニシか!
極東3バカ+1
笑韓
呆韓
哀韓
殺韓
しお韓
多韓
Oink
法華
売国奴
小ネタ
その他
管理人
ココについて
Hall of Shame
号外
以前の記事
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
散歩道
諸葛川
虹の螺旋
ファビョリズム
韓国のホームページをのぞ...
アリエスの雑記帳
最新のトラックバック
野球選手 文相勲(ムン・..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
☆文部省推薦 「暴れる韓..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
朴三寿(ネット渾名です)..
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
偽物オリンピック
from 朱雀式
韓国・狂気のデモ ~まと..
from 朱雀式
竹島「領有」表現避ける、..
from 湘南のJOHN LENNON..
所詮私はミーハ-です。 ..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
ロ○テも所詮半島企業って..
from とっちのブログ
チベット状況4/19
from チベットnews
FREE TIBET   
from 中野 馨一が創る 外構、庭造..
このチベットの話は本当な..
from とっちのブログ
イ・ホソン 野球が流行っ..
from 今、何が流行ってるの?
イ・ホソン 野球は、サイコゥ
from ナニがあったかな?
朝日はいい加減に犯罪者の..
from とっちのブログ
ノムのせいで…
from ファビョリズム
日本の携帯電話が高い本当..
from とっちのブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
オナニー記事キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_262100.jpg
        モントリオールにある「SUSHI NAGOYA」にはなぜか韓国の国旗w

 米国ニューヨークに住んでみるとたびたび新鮮な衝撃を味わうことがある。最近、若者の通りイーストビレッジで経験したことだ。ひと仕事終えてお茶でも飲もうと黒い看板が印象的な飲食店に入った。“The Smith”(ザ・スミス)のメニューには、ニューヨークステーキ、キノコのラビオリ、地中海式サラダなどがあった。名前からインテリアまで、どれを見ても周辺のニューヨーク大生が好きそうなおしゃれな米国式レストランだった。そこでふと、メニューに予想もしていなかった料理が目に飛び込んでくるではないか。“Vegetable Bibibap”まさに野菜ビビンパだった。レストランのマネジャーは「創業者が選んだメニューで、お客の間で非常に人気がある」と話した。

 最近、料理など韓国文化が米国主流社会に定着しようとする姿をあちこちで見る。昨年、ニューヨークタイムズが“ベストニューレストラン”に挙げたのがポッサム(豚肉などを菜で包んで食べる料理)専門店“Momofuku Noodle Bar”だった。ニューヨークの一流菜食レストランとして常に挙がるのが韓国式食堂“ハンガウィ”だ。この新聞が昨年、韓国料理特集記事を掲載したことがある。それとともに「ほかのオリエント料理よりよく知られてはいないが、だんだんファンが増えている」と評した。

 ニューヨークのマンハッタンには雅という日本食レストランがある。メニューが一切なく、出されたものを食べなければならない。米国でもっとも高いレストランで、安いランチメニューが1人350ドル、ディナーは500ドルだ。その次に高いというフレンチのアラン・デュカスで一食あたり200ドル程度だから2位より2倍も高いといえる。このようにいまや日本食が最高級という扱いを受けるが、1960、70年代には軽蔑の対象だった。64年の東京オリンピックが開かれたころは、週刊誌タイム(Time)には「生の魚を食べる野蛮な日本で、どうしてオリンピックを開催できるのか?」という記事が掲載されるほどだった。そして80年代に日本食が健康に良いという認識が広がって、嫌われていた料理の“寿司”はたちまちヘルシーフードに化けた。

 今、韓国料理がまさにその初期の段階のようである。いつのまに韓国料理は健康食だという観念が米国に広がり、求める客が急増した。これだけではない。最近、米国では韓国文化の躍進をあちこちで感じる。そのひとつが“チムジルバン”(韓国式サウナ)だ。いつからかニューヨーク一帯のチムジルバン客の20~30%は外国人となった。バスローブを着た西洋人の家族たちがほんのり赤い顔でユッケジャンをおいしそうに食べているのを見ると、笑みばかりこぼれるのではない。韓国文化の可能性に対する確信ももてる。韓流はアジアを越えて米国本土にも流れている。“韓国の集まり”という韓流同好会がこうした傾向を見せてくれる端的な例だ。この集まりは韓国の“花美男”(イケメン)に夢中な米国居住の日本人のおばさんたちが作ったのではない。韓国ドラマに泣いて笑う、生え抜きの米国人200人ほどが結成したものだ。


 このように競争力ある韓国文化の花を咲かせるためには、民間でも政府でも、体系的な支援が必要だ。こんな面で注目に値する国がタイだ。97年、通貨危機を経験したタイ政府は料理のグローバル化が経済の発展に大きく貢献するものと見通した。タイが東南アジア第一の農業国家である理由だ。そのため“タイの世界厨房化”計画を立て、意欲的に推進した。国家レベルで料理学校を建て、調理師たちを育てた。トム・ヤム・クン(スープ)、ヤム(サラダ)など5つの伝統料理をきちんと作ることができ、外国語能力をもっていれば、海外で“タイ料理大使”として働くことができる資格が与えられた。このため90年500ほどしかなかった国外のタイ料理店は、2000年にその10倍である5000店になったという。タイ料理のように韓国料理も、運がよければ中国や日本に続いて世界の料理になる可能性が十分だという話だ。キムチのにおいをぷんぷん漂わせながらさっそうと歩くニューヨーカーが登場する日が来ないとも限らないのだ。


ソース : <グローバルアイ>ニューヨークに流れ始めた韓流【中央日報】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 長々と駄文をお読みいただき申し訳ございませんでした。 中央日報に成り代わり、管理人が謝罪申し上げます。 なお賠償はできません。 悪しからず。

>“Vegetable Bibibap”まさに野菜ビビンパだった。
Bibibapってなんか朝鮮人が食事を作った瞬間の音か何か? さっそくググってみた。
bibibap の検索結果 約 155 件
155件か。 凄い浸透度だな(棒読み)。
 
>昨年、ニューヨークタイムズが“ベストニューレストラン”に挙げたのがポッサム(豚肉などを菜で包んで食べる料理)専門店“Momofuku Noodle Bar”だった。
この店、日本でラーメンの修業した韓国系アメリカ人がオーナーみたいなんだけど、その名が示すようにあくまでラーメン専門店という扱い。 置いてある酒も日本の醸造酒や地ビールだし、メニューには日本語が横溢してるし、そもそも店名ですら日本語だし。 どこまでザパニーズなんだか・・・。

>このようにいまや日本食が最高級という扱いを受けるが、1960、70年代には軽蔑の対象だった。
繊細な日本人の食文化と美意識が粗雑な毛唐に理解されるには四半世紀以上も要したということ。 ところで今でも軽蔑の対象なのはどこの民辱ですか?

>今、韓国料理がまさにその初期の段階のようである。いつのまに韓国料理は健康食だという観念が米国に広がり、求める客が急増した。
「韓国料理は雲古食だという観念」なら既に広まっていると思うが。

>いつからかニューヨーク一帯のチムジルバン客の20~30%は外国人となった。バスローブを着た西洋人の家族たちがほんのり赤い顔でユッケジャンをおいしそうに食べているのを見ると、笑みばかりこぼれるのではない。家族たちがほんのり赤い顔でユッケジャンをおいしそうに食べている
ニューヨークの朝鮮サウナなのに、訪れる客を堂々と「アメリカ人」と書けないとはいかにも苦しいな。 どこの外国人?西洋人?

>韓流はアジアを越えて米国本土にも流れている。“韓国の集まり”という韓流同好会がこうした傾向を見せてくれる端的な例だ。この集まりは韓国の“花美男”(イケメン)に夢中な米国居住の日本人のおばさんたちが作ったのではない。韓国ドラマに泣いて笑う、生え抜きの米国人200人ほどが結成したものだ。
花美男バロスwww だいたいいくら日本のオバチャンでもニューヨークに住んでんのにわざわざチョン♂なんか視界に入んないだろw 「韓国ドラマに泣いて笑う」というのはあまりに滑稽で涙もんの爆笑を買ってるという解釈でおk? それとも「生え抜きの米国人」はファーストネームだけアメリカ風に創氏改名した方々?

>タイ料理のように韓国料理も、運がよければ中国や日本に続いて世界の料理になる可能性が十分だという話だ。キムチのにおいをぷんぷん漂わせながらさっそうと歩くニューヨーカーが登場する日が来ないとも限らないのだ。
中国、日本の順とはさすが小中華w 「運がよければ」じゃなくて「雲古がよければ」の間違いだろうが、この記者の本音と悲哀が滲み出ていて良い。 キムチ臭のニューヨーカーはたぶん通りに躍り出たその瞬間に袋叩きに遭うと思うが。

 と、近年まれに見るホルホル記事に釣られてついついツッコミ入れてしまいました。 管理人もまだまだケツが青いとしか言いようがない(笑)。
 ただ一方で、最近こうした韓国人の夢と希望と妄想が満載の記事を見ると微笑ましくなってしまう自分がいる。 この相反する感情の交錯は何を意味しているのだろうか?
[PR]
by overdope | 2008-02-08 01:56 | 笑韓
<< 左にハンドル切り過ぎました ソフトバンク携帯が「ニダー&l... >>