This blog is for all yarisugi people.    時には格調高く、いつもは品性のかけらもなく。
by overdope
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 韓 国 の 皆 様 の 犬 H K
カテゴリ
マスゴミ
またオオニシか!
極東3バカ+1
笑韓
呆韓
哀韓
殺韓
しお韓
多韓
Oink
法華
売国奴
小ネタ
その他
管理人
ココについて
Hall of Shame
号外
以前の記事
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
散歩道
諸葛川
虹の螺旋
ファビョリズム
韓国のホームページをのぞ...
アリエスの雑記帳
最新のトラックバック
野球選手 文相勲(ムン・..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
☆文部省推薦 「暴れる韓..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
朴三寿(ネット渾名です)..
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
偽物オリンピック
from 朱雀式
韓国・狂気のデモ ~まと..
from 朱雀式
竹島「領有」表現避ける、..
from 湘南のJOHN LENNON..
所詮私はミーハ-です。 ..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
ロ○テも所詮半島企業って..
from とっちのブログ
チベット状況4/19
from チベットnews
FREE TIBET   
from 中野 馨一が創る 外構、庭造..
このチベットの話は本当な..
from とっちのブログ
イ・ホソン 野球が流行っ..
from 今、何が流行ってるの?
イ・ホソン 野球は、サイコゥ
from ナニがあったかな?
朝日はいい加減に犯罪者の..
from とっちのブログ
ノムのせいで…
from ファビョリズム
日本の携帯電話が高い本当..
from とっちのブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
毒入り餃子をめぐる売国トライアングル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_1632124.jpg
 福田康夫首相は28日夜、中国製冷凍ギョーザ中毒問題で中国公安省が同国内での毒物混入の可能性は低いと発表したことについて「(中国側は)これからも日本と共同して、しっかり調査したいということを言っていたのではないか。非常に前向きだ」と述べ、今後も中国と協力して原因究明に当たる考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 また、首相は「中国側も原因をしっかり調査し、責任をはっきりさせたいという気持ちは十分持っていると思う。日本側も協力してやってもらいたい」と語った。


ソース : 原因究明、中国も前向き=ギョーザ中毒問題で福田首相【時事ドットコム】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 【北京=矢板明夫】中国製ギョーザによる中毒事件で、中国国家品質監督検査検疫総局の魏伝忠副総局長は28日の記者会見で、「日本人記者が2月15日、農薬メタミドホスを購入し、持ち出そうとしたため、地元の警察に摘発された」と発表した。中国のインターネットで大反響を呼び、ギョーザ事件は「日本人の仕業」の大合唱になった。
 摘発されたのは共同通信中国総局の記者。共同通信によると、発売禁止のはずの農薬が入手可能かどうかを確認するために購入した。ギョーザ製造工場がある河北省から北京に戻る途中に検問で止められ、約3時間にわたって拘束され事情聴取を受けたという。

 同農薬は2008年1月1日から中国国内で生産、販売、使用、所持が禁止されている。共同通信の伊藤修一編集局長はこの件について「取材上の行為が中国の法律に反したことは遺憾だ」とのコメントを発表した。
 しかし、中国の一部ネットメディアは犯人が逮捕されたかのように報道した。大手ポータルサイト「捜狐ネット」は「毒が入れられたのは日本国内 日本人記者が取り調べを受ける」との見出しで、「日本人記者が農薬を日本へ持ちだそうとしたため逮捕された」と誤解を与えるような記事を掲載した。新華社ネット版も同様の記事を掲載した。
 各ネット掲示板にも日本を非難する書き込みが殺到。「河北省の警察はよくやった。ついにホシを挙げた」「毒ギョーザ事件は最初から日本人の自作自演だと思っていた」「日本人記者の動機と手口を含めて、徹底した真相究明を求める」といった内容がほとんどで、中国人の多くが「事件は解決した」ときめつけている様子がうかがえる。


ソース : ギョーザ事件は日本人が“犯人”? 日本人記者拘束で中国世論沸騰【MSN産経ニュース】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 日本中に衝撃を与えたギョーザ中毒事件の捜査が、難しい局面を迎えている。
 中毒の原因となった農薬が、どこで混入したのか。この重要な点をめぐり、ギョーザをつくった中国と被害が起きた日本の捜査当局の見方が、真っ向からぶつかってしまったからだ。
 違いを鮮明にしたのが、中国公安省の開いた記者会見である。
 ギョーザの製造工場で働く従業員らの聴取結果を踏まえて、「中国で混入した可能性はきわめて低い」とし、捜査に必要な物証や鑑定結果の提供をめぐって、日本側は非協力的だと批判した。
 日本はこれまでの捜査で、逆に「国内で混入した可能性は低い」としていた。密封された袋の内側から農薬が見つかっている。日本の別々の港で荷揚げされたギョーザに農薬が入っていた。そうしたことが判断の理由である。
 それだけに、中国の発表内容は日本には寝耳に水だった。つい先ごろ、日中の捜査当局者が行き来し、「連携して調べる」と確認し合ったばかりでもある。
 農薬の分析結果などは可能な限り中国に伝えているとの思いも、日本側にはあった。警察庁の吉村博人長官が中国の発表について「看過できない部分がある」と語ったのも、無理からぬことだ。
 だが、「向こうで混入した」と互いに疑いをぶつけるだけでは、解決は遠ざかるばかりだ。ここは冷静にボタンをかけ直し、あらためて両国で捜査を尽くす必要がある。
 なによりも中国に求めたいのは、さらなる捜査だ。今回の発表内容では、とても納得できない。
 日本の警察には、両国がうまく連携するための努力を粘り強く続けてもらいたい。そのためにも、日本で農薬が混入した可能性があることも捨てないで捜査した方がいい。この事件は一国だけでは解決できないからだ。
 連携するにあたっては、対立を一つひとつ解きほぐしていくことも大切だ。
 たとえば、ギョーザの袋の外側から農薬が中にしみこむかどうかという実験結果が、日中で食い違っている。実験した時の室温などの条件が異なっていたようだが、確認のための再実験を両国で一緒にやればいい。それが難しいのであれば、どんな実験方法が適切かを話し合い、それぞれが納得できるかたちで確かめ合うことが欠かせない。
 このまま原因がわからなければ、日本の消費者は安心できないし、中国産の食品は敬遠され続ける。一方で、中国産の食品なしには日本人の食生活が成り立たない現実もある。うやむやなままでは、双方にとってマイナスだ。
 4月には胡錦濤国家主席の訪日が控えている。事件の真相解明への真剣な姿勢が中国からうかがえなければ、再び日中関係を覆ってきた暗雲を追い払うことはできない。そうしたことも中国はよく考えてもらいたい。

ソース : ギョーザ事件―冷静に対立を解きほぐせ【asahi.com】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 こんなブログをやっていても、自分の理解の限界を超える事象と不意に出くわすと思考停止に陥ってしまうことを知った。 言うまでもなく支那公安の毒入り餃子支那無実会見を受けての日本国総理大臣、死にぞこないのチンパンジー、エージェント福田の「(中国側は)非常に前向きだ」という発言である。
 さすがに南京大虐殺を捏造しただけあって、この程度のプロパガンダは朝粥前。 支那の言い分はあまりに予想通り過ぎてワロタwだけだったが、あの滅茶苦茶な会見を被害国の首相が「前向きだ」と評価するとは一体どういうことなのか。 無い頭を自分なりにひねってみたが、まったく意味がわからない。
 やはり福田の脳のどこかに支那製のチップが埋め込まれており、要所要所では中狂からの指令が電気信号となって送信され、彼らの意のままに操られているのだろう。 今のところ利用価値があるので生かされているものの、中狂にとって利用価値がなくなりさえすれば遠隔操作でチップは爆破され、哀れチンパン福田は絶命させられるはずだ。 死因は心不全。 老齢なので怪しまれることはないし、万が一司法解剖されることになっても脳を調べられることはない。
 そのさなか、絶妙のタイミングで狂道通信の記者が支那からメタミドホスを持ち出そうとしてパクられた。 発売禁止のはずの農薬が入手可能かどうかを確認するために購入してみたそうだが、なぜ今さらそんな実験をする必要があったのだろうか。 支那では未だに何処でもメタミドホスを購入できることなど、一連の報道で日本人なら老若男女誰でも知っていることではないか。
 やはりこの狂道の記者の脳内にもチップが埋め込まれているのだろう。 「指令」を受けてメタミドホスを購入した記者の位置はGPSで常に測位され、「予定通り」支那公安に拘束された。 日本には存在しない不純物の混じった支那製のメタミドホスを日本に持ち込むことも可能であるとの認識を、低知能愛国無罪の支那のネットユーザーに匂わせるには十分な猿芝居だった。
 極めつけは朝日新聞社説である。 この期に及んで「日本で農薬が混入した可能性があることも捨てないで捜査した方がいい」とは凄い。 呆れ果てて失笑が出るのを通り越し、ここまで逝き様を見せつけられるとむしろ本気で心配になってくる。
 日本の警察がこれまで入念に捜査し、科学的な分析結果を収集したうえで「日本国内での混入の可能性は極めて低い」と結論づけたものを全否定し、まるで日本国内で犯人をでっち上げろと言わんばかりである。 売国主幹の若宮啓文の脳内に中狂のチップが埋め込まれているのは間違いない。
 朝日の社説同様、呆道ステーションでは古館が毎日のように「今や中国食品抜きに日本の食は成り立たない」と言っているが、冗談は肩幅だけにしてもらいたい。 今回問題になった冷凍食品も代替製造国ならタイなど東南アジアにシフトすることはすぐにも可能だし、野菜にしてもその気になれば世界中に代替生産地は確保できる。 何より日本国民の生命と安全を守ることが最優先であり、支那からの食品輸入は即刻全面的に停止すべきだろう。
 チンパン福田→狂道→朝日の鉄の売国トライアングルが、逆に日本国民を刮目させるものと信じたい。
[PR]
by overdope | 2008-03-01 19:03 | 売国奴
<< 魂の抜けたノムたん(ノД`) 焼き犬喰うニダ!<丶`∀... >>