This blog is for all yarisugi people.    時には格調高く、いつもは品性のかけらもなく。
by overdope
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 韓 国 の 皆 様 の 犬 H K
カテゴリ
マスゴミ
またオオニシか!
極東3バカ+1
笑韓
呆韓
哀韓
殺韓
しお韓
多韓
Oink
法華
売国奴
小ネタ
その他
管理人
ココについて
Hall of Shame
号外
以前の記事
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
散歩道
諸葛川
虹の螺旋
ファビョリズム
韓国のホームページをのぞ...
アリエスの雑記帳
最新のトラックバック
野球選手 文相勲(ムン・..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
☆文部省推薦 「暴れる韓..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
朴三寿(ネット渾名です)..
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
偽物オリンピック
from 朱雀式
韓国・狂気のデモ ~まと..
from 朱雀式
竹島「領有」表現避ける、..
from 湘南のJOHN LENNON..
所詮私はミーハ-です。 ..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
ロ○テも所詮半島企業って..
from とっちのブログ
チベット状況4/19
from チベットnews
FREE TIBET   
from 中野 馨一が創る 外構、庭造..
このチベットの話は本当な..
from とっちのブログ
イ・ホソン 野球が流行っ..
from 今、何が流行ってるの?
イ・ホソン 野球は、サイコゥ
from ナニがあったかな?
朝日はいい加減に犯罪者の..
from とっちのブログ
ノムのせいで…
from ファビョリズム
日本の携帯電話が高い本当..
from とっちのブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
星野選抜に法則発動
e0064858_1485743.jpg
アテネ五輪での銅メダル後、当時長嶋監督の代役で指揮を執った中畑を批判していた闘将(いま愚将もしくは痴将)とイエスマン約2名だったが・・・


 第2回特定アジア主催国際運動会がようやく終わった。
 所詮は「虐殺五輪ボイコット」などと首尾一貫した姿勢を見せられず、根っからのスポーツ観戦好きである自らの習性に抗うことができなかった管理人にとって、それは歓喜と落胆、興奮と脱力が津波のように寄せては返す日々だった。 我ながら恥じ入る次第である。
 なかでも極上の脱力感を日本全土にもたらしてくれたのが星野ジャパンであることは異論なきところであろう。
 僕自身、このタイトルのようなエントリーをすることは決して望んでおらず、あえて果敢にスルーしてきたのだが、結果は見てのとおりである。
 反町ジャパンの某FWもそうだが、星野ジャパンの某4番打者についても個人としてはそれなりに頑張ったのだろう。 某FWは精力的に動き回ったが点を取れず、某4番打者はゲッツー崩れの内野ゴロや外野フライで地味に打点を稼いだだけだった。 そもそも狭い広島市民球場でホームランをそこそこ打っても、広い甲子園ではほとんど打てない中距離打者に「日本の4番」が務まるはずがない。
 つまるところ、法則とはそうした当事者個々人の働きなどとは違う次元で発動してしまうのだ。 反町監督がFWの軸に、星野監督が打線の軸にそれぞれ彼らを据えた時、日本の敗戦は事実上確定していたと言わざるをえない。
 今回の星野ジャパンについてT豚Sサンデーモーニングでハリーが戦前に「最強」と太鼓判を押しまくっていたのもキムチ悪かった。 思えばあれは法則発動を意識したホメ殺し作戦だったに違いない。 先日ハリーは星野ジャパンの体たらくに大喝入れたそうだが、内心はホルホルして気絶しそうなのは間違いない。

 とまあ、あくまでこのブログ的視点で敗因を分析してみたが(笑)、今回の星野ジャパンが日本野球史に残したドス黒い大汚点は永遠に消し去ることはできない。 そもそもあの壮行試合でパリーグ選抜に辛勝し、セリーグ選抜に大敗を喫した時点で気づくべきだったのである。 既に敗因は出尽くしているが、管理人も言わずにはおれないのでいちいち言わせてもらう。
 「史上最強」の星野ジャパンは結局4勝5敗。 事実上の全敗である。 よく日本シリーズのような短期決戦で勢いに乗れないままあっさりと負けてしまうチームがあるが、今回の星野ジャパンの戦いぶりはまさにそれで、たとえリードしていても、見ていてまったく勝てる気がしなかった。
 そもそも怪我人や不調の選手をここぞとばかりに集めておいて勢いもへったくれもないわけだが、最大の敗因がその選手選考にあったことは明らかであり、それがあの前代未聞の不可解采配に繋がった。
 言うまでもなく、短期決戦においては調子のいい選手とそうでない選手を見極めることが重要である。 仮に星野監督を精一杯擁護するとしたら、おそらく彼のなかで「野球はこの試合だけではなく、個々の選手にとってはこれからも続いていくものだ」というような意識があり、故にその選手が絶不調でも失策を犯しても名誉挽回のチャンスを与えるべきだ、という発想に行き着くのだろう。
 もちろん星野監督が実際にどう考えて、傍から見たら不可解としか思えない糞采配に終始したのかはわからないが、もしそれが「温情采配」だったのなら甘い。 多くの場合、短期決戦において調子の悪い選手は悪いままであり、逆に調子のいい選手はラッキーボーイであり続けるのが野球というスポーツである。 日本の監督は相手チームから送り込まれた工作員なみの働きで見事日本を負けに導いた。

 今回キムチが全勝で優勝したわけだが、そのキムチやキューバ、アメリカなど、星野ジャパンが全敗したいずれのチームも客観的に見てまったく強いとは思えなかった。 残念ながらそれ以上に日本がひ弱だったのだ。
 キムチが優勝した理由は、「母国」開催というアドバンテージに加え、自分たちの弱さを認識して準備してきたことに尽きる。 今回使用された球を国内リーグでも使用し、マウンドの高さなども国際基準で統一し、そのリーグは一ヶ月に渡って中断し、例によって兵役免除というウ○コまでぶら下げた。 連中はどこまでもガチだった。 管理人でさえも今回は素直に負けを認めるほかない。
 「強い者が勝つのではなく、勝った者が強いのだ。」 奇しくも前のエントリーで管理人も書いたが、それが外野でなく当事者である敗軍の将の口から発せられると負け惜しみにしか聞こえず陳腐化する。 こんなのは日本代表ではない。 そもそも星野ジャパンは「強い者」ですらなかった。 それは星野監督が独善的に選んだ「星野選抜」だった。

 星野選抜の個々の選手の評価については管理人の敬愛するフモフモさんが余すところなく語ってくれているので割愛させていただく。 フモフモさんによれば飛行機での帰国を許されたのは涌井、成瀬、荒木、中島、青木、大野コーチだけで、ギリギリ帰国が許されたのは田中、杉内、矢野、西岡、稲葉のみ。 あとは全員「星になれ!」。 ちなみに某4番打者は・・・(笑)。

ありがとう星野JAPAN!最後の五輪で有終の美を飾る4位獲得の巻。【スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム】

 星野監督、昨日の「NEWS ZERO」でも言い訳三昧だったそうで・・・。

星野監督が「言い訳はせん」と前置きしながらテレビで言い訳独演会の巻。【スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム】

 おまいら全員上野由岐子の爪の垢煎じて飲んで、その右手中指の血マメから出た血を輸血させてもらって、高すぎる年俸のほとんどを女子ソフトの五輪復活のロビー活動の費用に供出汁!
[PR]
by overdope | 2008-08-26 14:43 | その他
<< ヲン終了のお知らせ 鈴木桂治に法則発動 >>