This blog is for all yarisugi people.    時には格調高く、いつもは品性のかけらもなく。
by overdope
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 韓 国 の 皆 様 の 犬 H K
カテゴリ
マスゴミ
またオオニシか!
極東3バカ+1
笑韓
呆韓
哀韓
殺韓
しお韓
多韓
Oink
法華
売国奴
小ネタ
その他
管理人
ココについて
Hall of Shame
号外
以前の記事
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
散歩道
諸葛川
虹の螺旋
ファビョリズム
韓国のホームページをのぞ...
アリエスの雑記帳
最新のトラックバック
野球選手 文相勲(ムン・..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
☆文部省推薦 「暴れる韓..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
朴三寿(ネット渾名です)..
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
偽物オリンピック
from 朱雀式
韓国・狂気のデモ ~まと..
from 朱雀式
竹島「領有」表現避ける、..
from 湘南のJOHN LENNON..
所詮私はミーハ-です。 ..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
ロ○テも所詮半島企業って..
from とっちのブログ
チベット状況4/19
from チベットnews
FREE TIBET   
from 中野 馨一が創る 外構、庭造..
このチベットの話は本当な..
from とっちのブログ
イ・ホソン 野球が流行っ..
from 今、何が流行ってるの?
イ・ホソン 野球は、サイコゥ
from ナニがあったかな?
朝日はいい加減に犯罪者の..
from とっちのブログ
ノムのせいで…
from ファビョリズム
日本の携帯電話が高い本当..
from とっちのブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
管理人の独り言
e0064858_1404975.jpg
 木曜日、ダライ・ラマ法王の講演に行ってきた。
 講話が終了した後に設けられた質疑応答の際、講演をアリーナ席の前から2列目で聞いていた石井慧が法王に自分の進路についてアドバイスを求めたのにはワロタw
 講演終了後、某SNSの掲示板に今回の講演を手伝われた僧侶の方の書き込みがあった。

 詳しいことは書けませんが、講演が終わってから、仲間のお坊さんの携帯に、首相秘書から電話が入りました。
 今回、麻生総理は法王さまにはお会い出来ないそうです。
 いろいろあるのはわかりますが。


 まあ仮にチンパンが首相だったら、秘書が在京中の法王の周辺に電話を入れるという発想に永遠に到達しないだろうけどね。
 その点はきっと評価すべきなのだろう。

 最近のことで言えば、

 対馬の自衛隊の隣の土地まで買い占めてる韓国資本に懸念を表明(中川酒が代行?)し、
 田母神空幕長を訓戒処分にとどめ、これを機会に異常な政府見解の見直しをはかり、
 ダライ・ラマ法王を官邸に招いて支那を牽制する。

 そういう当たり前のことができる日本国の首相。
 いつになったら現れるんでしょうか?



追記(11/8)

 皆様、コメントありがとうございます。
 今回は「独り言」でしたのでコメントを頂戴できるとは思っていなかったのですが、思いのほかコメントをいただきましたので、コメント欄ではなくこちらで少しだけ。

 僕が書いているのが理想論だというのは書いてる僕自身が一番よくわかっているつもりで、その続きとして読んでいただければ幸いです。
 現実的に見れば麻生総理、頑張ってると思います。 ぶっちゃけ管理人は総理と同郷なんで、たぶん期待度も求めるものも皆さん以上なのかも知れません。

 こんな独り言を書いたのは、たぶん昨日ダライ・ラマ法王とお会いしたからです。
 ご存じのとおり法王は25歳の時に故郷であるチベットを追われ、ヒマラヤを越えてインドに亡命されました。
 今日のチベットの状況は皆さんもよくご存じの通りです。 法王が本来帰るべき場所にいま平和はありません。
 チベットが明日の日本でないと言い切れるでしょうか。

 先日の田母神論文。
 「逆コミンテルン史観」とでもいうべき彼の主張には突出した部分もあることは確かですが、村山談話や河野談話の異常さと相殺するにはまだまだ物足りないぐらいでしょう。
 このブログのコメント欄にも「トンデモ論文」と断じるコメントがありましたが、戦後60年余が過ぎてもGHQの「War Guilt Information Program」の呪縛から解けない日本人の何と多いことか。 こういう輩は米軍基地がなぜ首都に近い厚木や横田にあるのか問うても、「米軍がその戦略上中国や朝鮮半島に睨みをきかすため」とか答えるんでしょう。
 最終的には「日本というのは古い歴史と優れた伝統を持つ素晴らしい国なのだ。 私たちは日本人として我が国の歴史について誇りを持たなければならない。」と結んだ論文をやり玉に挙げ、更迭して定年退職扱いにしておきながら、まだ外野がうるさいと今度は退職金の自主返納を期待だと。 千葉の極道の息子には、「そんなに事を収めたいのなら、テメエの指の一本でも詰めろ」と言いたい心境です。

 法王はロクな警護もないまま、今朝日本を後にされたそうです。 今年の夏の信州事変で明らかになったように、今や日本にも不逞支那人が大量に潜入しています。 毎年のように来日される法王のためにも、せめて警護ぐらいもう少しなんとかならないものかと思います。
[PR]
by overdope | 2008-11-07 01:41 | その他
<< ご冥福をお祈りします。 米大統領選雑感 >>