This blog is for all yarisugi people.    時には格調高く、いつもは品性のかけらもなく。
by overdope
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 韓 国 の 皆 様 の 犬 H K
カテゴリ
マスゴミ
またオオニシか!
極東3バカ+1
笑韓
呆韓
哀韓
殺韓
しお韓
多韓
Oink
法華
売国奴
小ネタ
その他
管理人
ココについて
Hall of Shame
号外
以前の記事
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
散歩道
諸葛川
虹の螺旋
ファビョリズム
韓国のホームページをのぞ...
アリエスの雑記帳
最新のトラックバック
野球選手 文相勲(ムン・..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
☆文部省推薦 「暴れる韓..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
朴三寿(ネット渾名です)..
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
偽物オリンピック
from 朱雀式
韓国・狂気のデモ ~まと..
from 朱雀式
竹島「領有」表現避ける、..
from 湘南のJOHN LENNON..
所詮私はミーハ-です。 ..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
ロ○テも所詮半島企業って..
from とっちのブログ
チベット状況4/19
from チベットnews
FREE TIBET   
from 中野 馨一が創る 外構、庭造..
このチベットの話は本当な..
from とっちのブログ
イ・ホソン 野球が流行っ..
from 今、何が流行ってるの?
イ・ホソン 野球は、サイコゥ
from ナニがあったかな?
朝日はいい加減に犯罪者の..
from とっちのブログ
ノムのせいで…
from ファビョリズム
日本の携帯電話が高い本当..
from とっちのブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
いい夢見させてもらったニダ!<丶`∀´>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_1461660.jpg
 日本の複数の知人から電話をもらったのは10月6日のことだった。「李明博(イ・ミョンバク)大統領が韓中日金融首脳会談を希望している」というニュースがロイター通信で報じられた直後だった。彼らから質問されたことをまとめると、「韓国はそんなに切羽詰まっているのか?」ということだった。周知の通り、この提案は相手国との調整もないまま明らかにされたものだ。
 韓国専門家の知人らは、当時の韓国をめぐる最悪のシナリオをよく知っていた。既にインターネット上で、韓国は自国の暗い見通しをすべて明らかにしていた時期なので、日本が韓国の先行きを明るいとみているはずもなかった。知人らが教えてくれた日本側の最悪のシナリオの論理的出発点も、韓国と全く同じだった。韓国の外貨準備高の虚構性、経常収支に対する暗い見通し、対外債務や金融システムのぜい弱性など、すべてを「はす」に構えて見たシナリオだった。
 だが、日本側のシナリオは、初めから結末が明らかだった。「中国の韓国支配論」だ。内容は次の通りだ。「韓国が危機に陥ったら、韓国を助けられるのは中国だけだ。日本は韓国を助ける余力がない。中国は韓国が底辺まで落ちた後、手を差し伸べることで韓半島(朝鮮半島)に対する支配力を最大にするだろう」。今回の危機は、中国による韓国支配の一通過点になるということだ。
 こうしたシナリオは、フリージャーナリストの櫻井よしこ氏が「週刊新潮」11月27日号に「韓国の危機、中国が支配確立か」という文を寄せたことで、日本の知識人コミュニティーにおいても正式な議題に浮上したようだ。代表的な保守派の論客が、代表的な保守系週刊誌に文を掲載していることから、最悪のシナリオが日本の保守派により加工・増幅されていることはすぐに察しがつく。しかも、櫻井氏は「中国をけん制するため、日本政府は韓国を支援すべき」と提案している。大陸の韓半島への影響力拡大に敏感な日本の保守派の、典型的なアプローチ法だといえよう。
 これまで、韓国側の最悪のシナリオも、「韓国は支配されてしまうかもしれない」というほぼ同じ結末になっていた。ただし、支配するのは中国ではなく、日本だという点が、日本側のシナリオとは違う。日本が先日、自ら進んで10兆円を国際通貨基金(IMF)に支援すると表明したことについて、ネット上の討論サイトで有名な「ミネルバ」と名乗る論客が「最も懸念される時期」と指摘、韓国が年末あるいは来年3月に経済危機を迎え、日本の資本に編入され破たんするかもしれないと主張した後のことだった。
 韓国の「日本支配論」は、日本の「中国支配論」と内容は正反対だが、結論の壮大さに比べ、論理的な当為性が大幅に不足しているという点でそっくりだ。推測と飛躍で両国国民の敵対心・警戒意識・被害妄想を刺激している点でも似ている。海外資本の支援を支配・被支配関係と「一緒くた」にした大時代な発想であることも同じだ。
 しかし、日本の胸の内をのぞかせる中国支配論には、国益という観点から韓国が活用すべきポイントがある。根拠のない中国支配論が、韓国支援論に結びついているのは、櫻井氏の主張通りだ。(日本による植民地支配)解放後の歴史問題で韓国を侮辱してきた日本の保守派が、韓国の危機に白馬の騎士的な役割を自任しているのも、大陸を警戒しなければならないという共感があるからだ。その上、妄言の主であれ、極右派であれ、韓国支援のカギを握る麻生太郎首相と中川昭一財務相が、こうした思考を共有する日本の保守グループであるということも無視できない。
 日本と中国の間でうまく立ち回れば、韓国は今後さらに多くの国益を引き出すことができる。一方、韓国が自ら増幅させている日本支配論は、ひたすら韓国人の空虚な被害者意識に依存していることから、わたしたちには何の利益ももたらさないだろう。

東京=鮮于鉦(ソンウ・ジョン)特派員
http://www.chosunonline.com/article/20081209000023
http://www.chosunonline.com/article/20081209000024
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 管理人のそれをも上回る駄文長文をお読みいただき恐縮の至りである。
 時おり納豆でも食い過ぎてアレルギーを発症し気でも狂ったかと思うほどマトモな記事を書いては親日罪に問われるんじゃないかと読者をやきもきさせるソンウ・ジョン超賤日報東京特派員だが、基本的にはジャーナリストとしての資質に著しく欠け、せいぜい母国のオマニーニュースがお似合いなネチズン崩れに過ぎないことは皆さんもよくご存じの通りだ。
 ソンウ・ジョンがそのジャーナリストとしての先見性の無さを露呈してしまったのが今年の冒頭に寄せたこの記事である。 韓国の現状を考える時、この2008年は韓国が日本に追いつく「元年」として歴史に残る可能性が高いというくだりにはもはやかけてやる言葉すら見つからない。 なにせ同じ年の12月には日本と中国の間でうまく立ち回れば、韓国は今後さらに多くの国益を引き出すことができると、まるで自らの国を乞食呼ばわりである。
 ソンウ・ジョンはせめていつものように「永遠の10年」式論法で逃げ場をつくっておくべきだったと言わざるをえない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 韓国人の強い遺伝子は、韓国より日本で簡単に見つけられる。激しい社会的な差別や数での劣勢にもかかわらず、経済界や文化界などあちこちに進出している在日韓国人は、韓国人の遺伝子が、環境さえ整えばいくらでも能力を発揮できることを示す、「生きた証し」といえる。強制連行された韓国の陶工たちが日本で芸術に対する究極の精神を発揮した歴史も、遺伝子と環境の相関関係を見事に立証している。
 数十年間眠っていた韓国人の成長遺伝子を目覚めさせたのは豊かさだった。目覚めた遺伝子はわずか数年で、韓国の若者を日本の若者より大きくした。では、韓国を先進国にする韓国人の隠れた遺伝子は、どのような環境で目覚めるのだろうか。それは言うまでもなく、国民や企業が気兼ねなく仕事に専念できるよう、日本並みの社会秩序を確保することだ。自由化であれ、法治であれ、福祉であれ、開放であれ、それを築き上げる義務はもちろん、政府にある。
 2008年は韓国が日本に追いつく「元年」として歴史に残る可能性が高い。なぜなら国民が政府を変えたからだ。
(一部抜粋)

東京=鮮于鉦(ソンウ・ジョン)特派員

http://72.14.235.132/search?q=cache:L4zdb8Kp3DYJ:www.chosunonline.com/article/20080106000028+%E3%80%90%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%80%91%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AB%E8%BF%BD%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%8F%E6%97%A5%EF%BC%88%E4%B8%8A%EF%BC%89
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 逆説的な言い方になるが、「韓国人」という生き物は「未来を予測する能力がないから生きていける」ということも言えるだろう。 夢も希望もない民辱が今日を、そして明日を生きるには或る種の冷酷な現実に鈍感であることが求められる。
 ソンウ・ジョンはその典型とも言えるのだが、同様の例は他にもある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_1464077.jpg
 最近、一部で受けている「本当はヤバイ韓国経済」の類の本は、経済書というよりも、特定層への受けを狙った嫌韓本といった方が良かろう。内容は、韓国保守系紙による現政権叩きのナクシジル(一本釣り)記事をコピーアンドペーストしたような代物で、肝心のGNP計算まで初歩的ミスをしている。
 韓国経済は本当はやばくない。相対的に見れば、日本経済の方はメチャやばい。
 この種の判断は第三者に仰ぐのが分かりやすいが、スイスの「世界経済フォーラム」(WEF)が昨年10月末に発表した131か国の国際競争力ランキングで、韓国は前年の23位から11位へと急上昇したが、日本はじりじりと10位まで後退した。
 今年か、遅くとも来年には、追い抜かされよう。韓国は「先進国型モデルである革新主導経済段階へと入った」と技術開発力が評価されたのに比して、日本はジリ貧状態だからだ。

 韓国は1997年の金融危機から10年で驚異的な回復を遂げ、慢性的な赤字に苦しんでいた経常収支が98年から連続黒字に転化し、危機当時204億㌦であった外貨保有高が、現在は13倍の2600億㌦を超え、世界第4位となった。
  他方の日本はといえば、IMFの緊急支援を必要とする金融危機こそなかったが、バブルがはじけた90年代から10年以上長期低落傾向に陥った。ここ数年は1%~2%台のプラス成長に戻したが、4%~5%台の韓国の半分にも及ばない。
 福田政権は18日の閣議で、08年度の経済成長率を実質2・0%、名目2・1%とする見通しを閣議決定したが、成長率で韓国の半分以下という基調は今後とも継続する見込みだ。遠くない将来、日韓の1人あたり国民所得は逆転し、李明博次期政権が掲げる747(成長率7%、国民所得4万ドル、GNP世界7位)公約が実現すれば数年内にその時期が来る。
(以下、あまりのウリナラマンセーの横溢につき省略w)

ソース : 本当はやばくない韓国経済 本当はやばい日本経済(上)【河信基の深読み】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 母国経済についての評価すらも民辱愛に歪められてしまうのは実に韓国人らしくて微笑ましい限りだが、「本当はヤバイ韓国経済」を「嫌韓本」と断じている筆者こそかなりの嫌日家であることがこの短いセンテンスの行間からも滲み出ている。
 それにしてもこれだけ長期間にわたって炎上し続けているコメント欄というのも珍しい。 ちなみにこの河信基氏、最近また新たな燃料を投下して自らのブログを再炎上させている。 さすがに放火が大好きな民辱性もあるのか、懲りないオッサンである。

本当はやばくない韓国経済 本当はやばい日本経済(下の1)【河信基の深読み】
本当はやばくない韓国経済 本当はやばい日本経済(下の2)【河信基の深読み】

e0064858_1543516.jpg

[PR]
by overdope | 2008-12-10 01:46 | 哀韓
<< マスゴミ検証 キムチ以外に考えられない >>