This blog is for all yarisugi people.    時には格調高く、いつもは品性のかけらもなく。
by overdope
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 韓 国 の 皆 様 の 犬 H K
カテゴリ
マスゴミ
またオオニシか!
極東3バカ+1
笑韓
呆韓
哀韓
殺韓
しお韓
多韓
Oink
法華
売国奴
小ネタ
その他
管理人
ココについて
Hall of Shame
号外
以前の記事
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
散歩道
諸葛川
虹の螺旋
ファビョリズム
韓国のホームページをのぞ...
アリエスの雑記帳
最新のトラックバック
野球選手 文相勲(ムン・..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
☆文部省推薦 「暴れる韓..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
朴三寿(ネット渾名です)..
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
偽物オリンピック
from 朱雀式
韓国・狂気のデモ ~まと..
from 朱雀式
竹島「領有」表現避ける、..
from 湘南のJOHN LENNON..
所詮私はミーハ-です。 ..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
ロ○テも所詮半島企業って..
from とっちのブログ
チベット状況4/19
from チベットnews
FREE TIBET   
from 中野 馨一が創る 外構、庭造..
このチベットの話は本当な..
from とっちのブログ
イ・ホソン 野球が流行っ..
from 今、何が流行ってるの?
イ・ホソン 野球は、サイコゥ
from ナニがあったかな?
朝日はいい加減に犯罪者の..
from とっちのブログ
ノムのせいで…
from ファビョリズム
日本の携帯電話が高い本当..
from とっちのブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
日本の勝利は霧のおかげニダ<丶`∀´>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_012355.jpg
 在米キムチのあいかわらずバカの一つ覚えの「他国領土の不法占拠行為の宣伝活動」
e0064858_013728.jpg
 あいかわらずバカの一つ覚えの属国旗立てだが、旗が途中で折れてますw


WBC:日本に味方したサンディエゴの霧

 米サンディエゴの霧が日本の4強入りを助けた?
 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンド1組の第5戦、日本対キューバ戦が19日(韓国時間)、サンディエゴのペトコ・パークで行われ、日本が5対0で完封勝利を収め、準決勝進出を決めた。この日、意外なものが日本に助けの手を差しのべたようだ。
 同球場は海辺にある。この日は夕方から球場の周りに深い霧が立ち込め始めた。試合開始の時点では、球場内も霧で覆われていた。このような状況で試合が行われ、4回表の日本の攻撃の際、決定的な場面が訪れた。
 0-0で迎えた2死二・三塁の場面。6番打者小笠原が打ったセンター後方への大飛球は、キューバのセンター、セスペデスにとって特にキャッチしにくいほどではなかった。
 やや前進守備を取っていたセスペデスは、素早く落下地点に向かい、難なく処理するかに思えた。しかし、一度グラブの中に入った球が飛び出し、グランドに落ちた。エラーだ。セスペデスは慌てて処理したが、すでに走者二人はホームを踏んでいた。ペトコ・パークの上空に立ち込めていた深い霧が、セスペデスの視野を奪ったようだ。
 結局、均衡を破ったこの2点が、日本の起死回生の一手となった。球場を覆っていた深い霧は、試合中盤以降、ほとんど消えた。第1回大会同様、日本はWBCで運がいいようだ。

サンディエゴ(米カリフォルニア州)=キム・ナムヒョン記者

http://www.chosunonline.com/news/20090319000057
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 勝負の世界。 勝者がいれば敗者もいる。 先日韓国に完敗した日本。 内容的には自滅としかいいようのない負け方であった。 残念ながら気持ちの面で韓国が上回っていたのを認めざるをえない。 あいかわらずこの連中は「克日」となると火病パワーが炸裂するらしい。
 しかしまだ終わったわけじゃない。 今日は潔く負けを認め、相手を讃えて・・・と思ってたら試合後のマウンドはお子様キムチ。 まさに前回のデジャ・ヴを見ているかのような「フラグ」が立った。 韓国はまだ2次ラウンドの1位抜けを決めたわけでもないのに、日本に勝ったのがよほど嬉しかったのだろう(笑)。
 試合そのものはダルビビリッシュの1回がすべて。 「日本球界のエース」がストライクが入らないようでは・・・。 試合後には「運が悪かった」と悪びれた様子もない。 2回以降は立ち直って良く投げたのだから、強がってはいても内心では初回の乱調を悔いていることだろう。 次に生かしてくれればそれでいい。
 昨夜、管理人も折れかけた心をなんとか奮い立たせ、少しでも前向きなことを書こうと、フモフモさんのところを見に行ったら、管理人が書くべきことがすべて書いてあった。

心の弱さでサムライ敗れる!WBC3度目の日韓戦は情けない完敗の巻。 【スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム】


 そして今日、日本はキューバにふたたび完勝した。 岩隈にプロの仕事を見せてもらった。 断じてキューバが弱いのではない。 日本が強かったのだ。
 なぜ日本は韓国相手に普通に試合ができないのか? フモフモさんが書いているように、まったく打たれる気がしない(4番の豚キムチ除く)連中に7四球って・・・。
 采配も狂う。 日本での2戦目の中島の送りバントに始まり、当たっている川崎をベンチで飼い殺し、最低でも回の頭から投げさせないと厳しい岩田をあそこで投入・・・。 頼むから普通に日常的に自然に当然に勝ってくれ。 普通にやれば10回やって10回勝てる相手。 少なくとも今回の日本はそういうメンバーが揃ってる。
 それにしても、である。 ベースボールの世界一を争うこの大会で、日本の対戦相手は中国、韓国、韓国、キューバ、韓国、キューバ、そして韓国・・・。
 日本としては「永遠の格下」との試合が既に今度で4試合目。 キューバを除き「勝って当然」の相手との試合ばかりというのはやりにくい。 特に韓国はアップセットを狙ってこれまでも掟破りのメンバー変更や当たり屋作戦など、常に正攻法の日本に対していろいろ仕掛けてきた。 野球にも民辱性は等しく反映されるものだ。
 国家破綻の危機に瀕し、夢も希望も失われた今の韓国において唯一の娯楽、カタルシスが日韓戦なのは痛いほどわかるが、日本から見れば単なるスポーツの試合に過ぎない。 事実、今回日本に連敗して帰国することになったキューバの監督や選手、カストロやファンのコメントなどを見ていると、あらためてこれはスポーツなのだと思い起こさせられる。
 試合後、勝者と敗者がお互いの健闘を讃え合う、そんな試合が見たい。

 前置きが長くなってしまったが、朝鮮日報が日本の勝利に難クセつけてきた。
 自らの勝利は極大化し、日本の勝利は矮小化したいということだろう。 問題の落球については、いみじくも記事で触れられているように「一度グラブの中に入った球が飛び出し」たのであり、記事にあるように「立ち込めていた深い霧が、セスペデスの視野を奪った」からではない。 霧が視野を奪ったのなら打球の落下点にすらたどり着けないだろう。 つまりこれは霧とは無関係のグラブさばき、キャッチングミスでしかない。
 この記事を書いた記者は自らの記事に存在する大いなる矛盾にすら気づかないまま、とにかく日本の完勝を「運がいいようだ」と決めつけたいらしいが、裏を返せばキューバに完勝した日本に相当ビビっているのだろう。
 韓国の日本からの2勝を韓国側から見れば、最初が「辛勝」で、次は「相手の自滅に助けられた勝利」でしかない。 日本がキューバから挙げた2勝と比較すれば質的に劣る。 何度も当たれば当たるほど、両者の力の差は見えてくるものだ。

 あとは勝つのみ。

e0064858_03246.gif
                        あーキモい。

            久々コメント欄に新「鮮」な魚が喰いついてきた模様w
[PR]
by overdope | 2009-03-20 00:33 | 哀韓
<< 球場の当たり屋 氷上の当たり屋 >>