This blog is for all yarisugi people.    時には格調高く、いつもは品性のかけらもなく。
by overdope
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 韓 国 の 皆 様 の 犬 H K
カテゴリ
マスゴミ
またオオニシか!
極東3バカ+1
笑韓
呆韓
哀韓
殺韓
しお韓
多韓
Oink
法華
売国奴
小ネタ
その他
管理人
ココについて
Hall of Shame
号外
以前の記事
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
散歩道
諸葛川
虹の螺旋
ファビョリズム
韓国のホームページをのぞ...
アリエスの雑記帳
最新のトラックバック
野球選手 文相勲(ムン・..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
☆文部省推薦 「暴れる韓..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
朴三寿(ネット渾名です)..
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
偽物オリンピック
from 朱雀式
韓国・狂気のデモ ~まと..
from 朱雀式
竹島「領有」表現避ける、..
from 湘南のJOHN LENNON..
所詮私はミーハ-です。 ..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
ロ○テも所詮半島企業って..
from とっちのブログ
チベット状況4/19
from チベットnews
FREE TIBET   
from 中野 馨一が創る 外構、庭造..
このチベットの話は本当な..
from とっちのブログ
イ・ホソン 野球が流行っ..
from 今、何が流行ってるの?
イ・ホソン 野球は、サイコゥ
from ナニがあったかな?
朝日はいい加減に犯罪者の..
from とっちのブログ
ノムのせいで…
from ファビョリズム
日本の携帯電話が高い本当..
from とっちのブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:またオオニシか!( 18 )
Onishi Talks About BURAKU
e0064858_1293838.jpg
   Japan’s Outcasts Still Wait for Acceptance 【The New York Times】

 元記事は「野中広務がトップリーダーとして頂点にのぼりつめていたとしたら、それは日本にとって、最初の黒人大統領をアメリカが選んだことと同じくらいの重要なものになっていただろう」という書き出しから始まる。
 しばらくオオニシスレが立たないなあと思い、NYTを見てみたら、1月15日付で売国奴・野中広務について記事を書いていた。 テーマは「部落」。 NYTの読者が日本の部落問題にどの程度関心があるのかはまったく不明だが、市原の朝鮮部落出身のオオニシとしては是が非でも取り上げたいテーマなのは間違いない。
 記事中でオオニシは、かつて首相の座にのぼりつめようとした野中が、その出自がもとでそれが叶わなかったとし、いまだその真偽すら定かでない麻生氏のいわゆる「部落発言」を紹介している。 記事はおそらく魚住昭の「野中広務 差別と権力」をベースにかかれており、後に麻生氏が発言を否定したことにも触れているものの、日本において存在自体がタブーとされる部落問題にスポットを当てたいがため、そして現首相である麻生氏にレイシストのレッテルを張りたいがためのものであろう。
 そして記事の最後は、アメリカ初の黒人大統領バラク・オバマの誕生を引き合いに出しながら、部落出身の龍谷大学の教授の言葉を借りて、部落出身の首相誕生への期待を覗かせる内容。
 もちろんオオニシ節も健在だ。 文脈からすればいかにも唐突に「韓国」を持ち出し、「韓国だけはOutcasts(賤民)がいない」と説く(笑)。 一体なぜにここで「韓国」なのか? 反日記事のなかでそれほどまでに韓国の「優位性」を説く意図とは? とにかく自分がペンを振るう時はなにがなんでも韓国マンセーというのがオオニシの平壌運転なのだろう。
 以下、当該部分の記述(管理人抄訳)である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Yet nearly identical groups of outcasts remain in a few other places in Asia, like Tibet and Nepal, with the same Buddhist background; they have disappeared only in South Korea, not because prejudice vanished, but because decades of colonialism, war and division made it impossible to identify the outcasts there.

 いまだ賤民とそれに類する集団が(日本と)同じ仏教のバックグラウンドをもつチベットとネパールなどアジアのいくつかの地域に残っている。 一方でそれらが韓国においてのみ消え去ったのは、偏見が消えたのではなく、数十年の植民地支配、戦争と分断が彼らを特定することを不可能にしたからである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 オオニシにとっては母なる国なのに、差別大国韓国の現状認識があまりに疎かと言わざるをえない。 偉大なる日帝様のおかげで制度上はなくなったものの、両班から白丁に至る階級差別の残滓はいまだ強いし、ウリ(我々)とナム(他人)の差別、封建的な男女差別、不美人差別、身障者差別、外国人差別など、ありとあらゆる差別が生活に密着している国が韓国なのだが、これを読む限りまるで韓国には差別が存在しないかのようだ。 その一方で、なるほど、国じゅうみんなが賤民の場合はなー(笑)、などと思いつつ・・・。
 ただ、記事の内容にこれまでのように苛烈な日本叩きのトーンは影を潜め、やや不気味な印象である。 むしろ管理人が注目(耳)したのは元記事の音声配信でオオニシの肉声(電話の向こうの声)が聴けることである。 オオニシはNYから電話インタビューしている同僚から「ノリ」と呼ばれている(笑)。 ちなみに「ノリ」はオオニシの母国語では「遊び」を意味する。
 受話器の向こうから聞こえてくるくぐもった声は、まるで生姜のそれのように抑揚のないもの。 送話口はさぞかしキムチ臭いことだろう。 生姜同様、この一見クールな声が火病発症とともに豹変するところも是非聞いてみたいものだ。 オオニシの肉声に興味がおありの方は元記事にてご確認下さい。
[PR]
by overdope | 2009-02-16 20:18 | またオオニシか!
オオニシの反日電波、その様式美
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_23511480.jpg
1 :出世ウホφ ★:2008/09/26(金) 09:48:41 ID:???0

 【ニューヨーク25日時事】25日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、社説で麻生太郎首相を取り上げ、首相を「第2次大戦での旧日本軍の残虐行為を正当化して中国や韓国との関係を損ねた人物」と紹介、首相として「隣国を対等に扱う必要がある」と注文を付けた。
 同紙は、麻生首相が外相だった2006年にも社説で「(麻生氏の)外交感覚や歴史感覚はおかしい」と批判して日本政府から抗議を受けるなど、首相とは因縁がある。
 同紙は「日本の将来は、最大の貿易相手国である中国や急成長を続ける韓国など隣国との政治的、経済的な関係強化に懸かっている」と指摘。「麻生首相は国粋主義ではなく現実主義にシフトすべきだ」と訴えた。
 その上で、「麻生氏が現実的な立場を取れれば、首相として成功するだろう」としている。
(了)
(2008/09/26-00:52)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008092600026
前スレ 2008/09/26(金) 01:01:04
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1222358464/l50

ソース : 【国際】NYタイムズ「麻生氏は旧日本軍の残虐行為を正当化して中国や韓国との関係を損ねた人物」「隣国を尊重すべき」★2【N速+】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 右肩下がりの業績同様、このところおとなしかったニューヨーク・タイムズ東京支局長兼ソウル支局長、ノリミツ・オオニシこと鄭(or朴or李or金or…)哲光(チョン・チョルガン)だが、まるで閣下の訪米に合わせるかのように社説上で毒電波吐いてきた。
 ご存知のとおり、オオニシは千葉は市川の鮮人部落出身の1200%純粋な朝鮮人でありながら通名である「大西」を名乗り、日本人に成りすましたままカナダへ移住してカナダ国籍を取得するという「国籍ロンダリング」の末にNYTに潜り込み、現在は築地の人民宮殿(朝日新聞社)内にあるNYTの東京支局で日々マッチポンプ記事の捏造に余念がない犯罪者であり、昨今日本を騒がせている「汚染米」みたいな人生を地で行く朝鮮人である。
 そしてまた、このような出自の怪しい人物に東京支局長の重責を与え、さしたるチェック機能もないまま反日捏造記事を書かせ続けているのがニューヨーク・タイムズというニューヨークの一痴呆紙である。 さらにはこうした「築地発ニューヨーク経由」の記事を「狂道電」として外信部経由で入手し、自社の新聞に掲載することで巧妙な「毒電波記事ロンダリング」を行っているのが朝日新聞である。

 と、久々のオオニシ絡みのエントリーだったので軽くまとめついでに原文「The Return of Taro Aso」も読んでみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As foreign minister from 2005 to 2007, Mr. Aso soured relations with China and South Korea and raised tensions throughout the region, praising the achievements of prewar Japanese colonialism, justifying wartime atrocities and portraying China as a dangerous military threat.
麻生氏は2005~2007年の外相時代、戦前の日本の植民地主義の業績を称賛し、戦時中の残虐行為を正当化し、さらに中国を危険な軍事的脅威のように捉え中国と韓国との関係を悪化させて周辺地域に緊張をもたらした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 麻生氏の外相時代の功績を特定アジア目線で恣意的に解釈すればこういうおかしな記事ができあがる。 これが中韓の新聞だったら「はいはい」なのだが、やはりニューヨーク・タイムズは特殊、いや「特亜」だ。 もっともニューヨーク・タイムズとしては極めて正常運転。
 麻生氏が外相だった頃は、国連安保理での北朝鮮制裁決議案が採択されるなど、日本外交にとっては実り多き時期であった。 ただオオニシにしてみれば自らの同胞が痛めつけられているようで、憤懣やるかたなかったのだろう。
 支那が日本にとって軍事的脅威であることは疑いようのない事実である。 もっともオオニシからすれば未だに「宗主国様」であり、下から目線なのかも知れないが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Japan’s future depends on cultivating stronger political and economic relations with China — its largest trading partner — South Korea and other rapidly advancing neighbors.
日本の将来は、最大の貿易相手国である中国や韓国、そして急成長を続ける他の近隣国との政治的、経済的な関係強化に懸かっている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 拙訳だが、「急成長を続けている」というくだりは「neighbors」にかかっていると思う。 つまりはタイやベトナムなどASEAN諸国のことを指していると思われる。
 「急降下」どころか「崩壊寸前」の韓国経済の悲惨な現状を見れば、いかにウリナラマンセーしたいオオニシといえども「急成長している」などとは口が裂けても書けないはずである。 しかもこの新聞は糞新聞には違いないが、ニューヨーカーが読む新聞である。 先日のリーマンショックとそのリーマンにポーズだけの買収を持ちかけた韓国産業銀行の一件を当然知っているであろうウォールストリートの住人が意味不明な韓国マンセー記事を読めば、だだでさえジリ貧の部数がさらに半減してしまう恐れすらある。
 時事通信にはもう少し正確な記事を配信してもらいたいものである。 これでは狂道なみにキムチ臭くなってきていると勘ぐられても仕方がない。
 それにしても、署名記事でもないのに記事を執筆した記者がいとも簡単に特定されてしまうというもの考えものである。 頭隠してエラ隠さず、オオニシの反日電波は既に或る種の「様式美」を獲得したということなのだろう。

2ちゃんねらーの反応を見る
[PR]
by overdope | 2008-09-27 00:18 | またオオニシか!
ノリミツかわいいよチョルガン
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_22573553.jpg
1 :壱軸冠蝶φ ★ :2007/04/25(水) 10:52:27 ID:???

 戦時中、セックス奴隷として扱われた老齢の犠牲者への賠償要求に直面した日本は、1995年にアジア女性基金を設置した。それは第二次大戦後の全ての個人に対する請求権は、戦後の条約により免除されていると断言してきた日本にとって大幅な譲歩であった。
 しかし、基金だけで和解を探ろうとした日本は大変被害国内での怒りを煽った。予定通り先月終了した基金からお金を受け取ったのは、元セックス奴隷の人々のうち、何分の1にしか過ぎなかったのである。
 2つのアジアの政府では、より多くの女性達が日本からの金を受け取ることを思いとどまらせようと、自身で資金を提供したほどだ。主要な問題は日本政府が、個人的なものとして基金を設立し、「償い」の支払いは一般市民からのものであると明らかにしたことだった。
 日本国内外の評論家は基金を、戦争の最も醜い面に対し完全な責任を取ることを避ける為に、日本政府が別方向に無理に捻じ曲げた試みだとみなしている。(中略)

 一つの方法として悪しき過去を正すため米下院が、日本政府に対し戦時中におけるセックス奴隷制度での役割を認め、それを謝罪するよう呼びかける決議を審議している時にも日本はアジア女性基金に固執している。
 基金から償い金を受け入れた元セックス奴隷の大部分は、批判を避けるために隠し通している。(セックス奴隷を)従軍慰安婦と婉曲された名称で知られた女性らが、個別に賠償された韓国・台湾・フィリピン、およびオランダの4つの国では、女性と彼女らの支持者が償い金を受け入れることに関する意見の相違で深く分裂している。(中略)

 だが「償い」と「福祉」の支払いの間には、実用的には小さな違いでも、象徴的なものでは大きな違いがあった。屁理屈を言った結果、日本の植民地であった台湾と韓国の政府は基金を拒絶し、自身で作成したのだった。
 両政府は、日本からの基金を拒絶するよう元セックス奴隷に強要したが、支持者によると両方の基金から支払いを秘かに受け入れたと者もいたことを認めている。(中略)

 反発は韓国が最も激しかったが、それでも数ダースの女性が密かに日本の金を受け取ったと言われている。
 日本からの基金を受け取ったことを公に認めた、数少ない韓国人の一人Lee Yong Nyeo(81)さんは「私は何年間も抵抗しました。」と言う。「しかし、このままでは何か得られるかどうかも分からなかったので、数年前に日本人の呼びかけでこれが最後のチャンスかもしれないと言ったとき、私はそれを受け入れると決めたんです。」
 Leeの家族は、彼女が八歳の時に女中として働きにだして密かに家に帰ったそうだ。1942年にはLeeはソウルのバーで接客しお客をもてなした古参のウェイトレス女中として働いており、その時は16歳だった。
 ある日、韓国のバー経営者が彼女に看護婦になって、現在はミャンマーとして知られるビルマで働き、学ぶつもりはないかどうか尋ねた。もちろん選択の余地はなく、彼女は日本海軍の船でビルマに送り届けられ、そこで騙されたことに気づいたのだ。
 彼女は軍の売春宿で終戦までやむを得ず働き続けた。「私は8歳の時には誰か他の人の家に住んでいましたから土地を買いたかったんです。」と、基金からのお金でソウル市郊外に購入した新しい家で彼女はインタビューに答えた。
(後略)

(管理人注 : ツッコミどころを中心に抜粋/全文はソースを参照されたし)


ソース : Japan’s Fund for Wartime Sex Slaves Leaves Much of Its Mission Unfulfilled By NORIMITSU ONISHI【New York Times】
ソース : 【慰安婦】米紙「元セックス奴隷の為の日本の基金は目的を達せず」[04/25]【東亜N+】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 安倍ちゃんの訪米に合わせてオオニシがまた毒電波タレ流すんジャマイカ?と思ってたら、案の定キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!
 ヴァージニア工科大学での同胞による史上最悪の猟奇的銃乱射大量殺戮事件にショックを受けたのか、このところ別件のベタ記事を書くのみで沈黙していたオオニシだが、まだまだこの賞味期限切れのネタで引っぱるつもりらしい。
 何度記事を書いてみても慰安婦強制連行の証拠をこれっぽっちも提示できず、この切り口でこれ以上論陣を張るのはさすがに形勢不利とみたか、今度は「アジア女性基金」に喰いついてきた。
 あらためて言うまでもなく、日本は国家としての戦後賠償をとうの昔に終えている。 そのような状況下でアジア女性基金なるものが存在すること自体、ダブルスタンダードのそしりを免れない。 民間の善意?で集められたお金は、執拗に国家賠償を求める元売春婦たちのほとんどから「表向き」拒絶されている。 基金は一刻も早く解散することが望ましい。
 オオニシは記事中でオランダ人やフィリピン人の元売春婦を登場させ、本来なら唯一掘り下げたくて仕方がない韓国人の元売春婦のエピソードと巧みに並置しているが、抜き出してみればこの通り。 この元売春婦にしても韓国人のバー経営者に騙されてビルマに行き、「選択の余地はなかった」とはいえ自分の意志で売春していたに過ぎない。 当然どこにも日本軍の強制連行といった事実はない。 おまけに基金からカネを貰って家まで建てたというから驚きだ。 生涯日本人にタカり続けた典型的な韓国人の元売春婦の一例である。
 オオニシは元記事のなかで「セックス奴隷」という事実誤認、脳内妄想も甚だしい表現を9回も使っている。 おそらくオオニシは自らの3.7cmの粗末な代物に激しいコンプレックスを持っており、セックス奴隷どころか女性を性的に満足させた経験もないのだろう。 そのような自らの屈折した劣等感が日本軍の慰安婦問題に粘着し続ける負のエネルギーを生み出し続けているものと推察される。
 
 ところで、前回オオニシが吉見教授(笑)をネタに慰安婦の記事を書いた直後、ニューヨークタイムズ東京支局に電凸した有志がいた。
 電話の相手はこのエントリーの写真にも登場しているオオニシの腰巾着の女性記者(通訳?)の可能性もあるが、その記者とのやりとりのなかで興味深い事実がわかってきた。
 まずはご覧いただきたい。

続きを読む
[PR]
by overdope | 2007-04-25 22:44 | またオオニシか!
オオニシが将軍様のセクース奴隷になってる件
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_231341.jpg
1 :犇@犇φ ★ :2007/04/01(日) 02:09:01 ID:???

■[人物探訪]戦時セックス奴隷制度の証拠を守る日本人歴史家
By NORIMITSU ONISHI

 「あれは15年ほど前のことでした」と吉見義明は回想する。吉見は物腰の柔らかな歴史研究者だ。当時吉見は、第二次大戦中に日本軍がアジア全域で売春宿を設置・運営していたことを日本政府が否定していることに辟易していた。
 しかし吉見は、新聞に投書する代わりに防衛庁資料室へ行き、1930年代以降の公文書をしらみつぶしに調べた。そしてわずか2日で、売春宿の運営に軍が直接的に関与していたことを示す掘り出し物を見つけた。その中には、帝国陸軍の高級将校の印が捺されている文書もあった。
 日本政府はこの決定的証拠を突きつけられて赤面し、「民間業者が売春宿を運営していただけだ」という長年の主張を直ちに取り下げた。一年後の1993年に日本政府は、国家責任を文書で認めた。そして検定済みの中学校教科書すべてに、日本軍セックス奴隷(婉曲に「慰安婦」と言われる)の歴史が記述されるようになった。<中略>
 吉見の発見した6件の文書で最も決定的なのは、副官から北支方面軍・中支派遣軍参謀長に宛てた1938年3月4日付の通牒だ。「軍慰安所従業婦等募集ニ関スル件」と題されたこの通牒は、「募集等ニ当リテハ派遣軍ニ於テ統制シ」、「実施ニ当リテハ関係地方ノ憲兵及警察当局トノ連繋ヲ密ニ」すべし、としている。

 また、1938年7月の別の文書の中では北支方面軍の岡部直三郎参謀長が、日本兵による地元女性の強姦が反日感情を深刻化させているとして、「成ルベク速ヤカニ性的慰安ノ設備ヲ整フルヲ緊要トス」と記している。また、広州にあった第21軍司令部が1939年4月に作成した報告書は、第21軍が850人の女性を直接管理していると記している。<中略>
 過去を隠蔽しようとする日本政府の努力にもかかわらず吉見教授は、日本の戦時セックス奴隷制度を詳細に描き出すことに成功した。この、軍が売春宿を運営する制度は、1932年の日本による満州侵略の後に出現し、1937年に始まった中国との全面戦争の過程で発展して、1940年代にアジアの大部分の地域に拡大した。
 5万~20万人の日本・朝鮮・台湾・中国・フィリピン・インドネシアなどの女性が、騙されたり強制されてセックス奴隷にさせられた、と吉見教授は語る。当時日本の植民地であった朝鮮・台湾から何千人もの女性が、アジアの他の地域の戦場で日本兵らに奉仕するため海軍の艦艇で送り込まれた。戦時売春宿を利用した他国の軍隊と違って、日本軍は「主役」であった、と吉見教授は言う。
 「日本軍は自らの手で新たにセックス奴隷制度を作った。日本軍は制度の創設に主導的役割を果たし、維持・拡大を行なって、結果的に人権を蹂躙した」と吉見教授は語った。「これは決定的な違いです。」
 吉見教授は、戦時セックス奴隷制度の存在を否定しようとする最近の動きには驚いていない、と述べた。吉見教授によれば、そうした動きは民族主義的政治家らが長きにわたって行なってきたキャンペーンが頂点に達したものに過ぎないという。だが、彼ら民族主義的政治家らの活動の成果として日本国内では「疑問がある」ということになっているものは、日本以外では史実として認識されているのだ。

▽ソース:ニューヨーク・タイムズ(英語)
http://www.nytimes.com/2007/03/31/world/asia/31yoshimi.html

▽関連スレ:
【慰安婦】 慰安婦問題の第一人者吉見教授、安倍首相の発言に苦言~「米決議案で保守化傾向への歯止めを期待」[03/11]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1173627807/l50
【慰安婦問題】安倍首相が河野談話を否定へ。日本は証拠を突きつけられて関与を認めたのに … NYタイムズ [03/02]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1172856062/l50

ソース : 【慰安婦問題】NYタイムズ紙、セックス奴隷制度に軍が関与した決定的証拠を発見した吉見義明さんを紹介 [03/31]【東亜N+】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 まだこんな賞味期限切れの記事載っけるNYTって・・・。 ウケを狙ったんだとしたら一日早いし。 中途半端だなオオニシ。
 この記事については自分でツッコミ入れるより、>>18のレスが的確なので、まるごと引用させてもらいます。 そもそもとうの昔に完全に終わってる話ではあるんですが、この際それは置いといて。
e0064858_23141036.jpg
 それにしてもオオニシ、「Sex Slavery(セクース奴隷)」という言葉が相当お気に入りのようですな。 職業売春婦がセクース奴隷とは呆れてものが言えんわ。
e0064858_23164184.jpg
e0064858_23144780.jpg
e0064858_2315487.jpg
 これは朝鮮戦争当時(1961年9月1日)の東亜日報なのですが、国連軍向けに慰安婦の募集記事が掲載されてます。 吉見某が「決定的証拠」とする例の日本軍のものと同じようなもんですな。 吉見某やオオニシや朝鮮人の理論で言うと、当時の国連軍が朝鮮人の慰安婦を強制連行したわけになるんですが、そうなると当然現在の国連事務総長であるバンちゃんにも謝罪と賠償を(ry

 余談ですが、4月1日付の朝日新聞朝刊(東京本社版)の早版に掲載された社告を引用した以下のエントリーにマジレスした方数名に謹んで申し上げます。 ご愁傷さまw

慰安婦問題をめぐる本社の報道について【池田信夫 blog】

2ちゃんねらーの反応を見る
[PR]
by overdope | 2007-04-01 23:36 | またオオニシか!
「談話」の代償
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_214041.jpg
1 :犇@犇φ ★ :2007/03/03(土) 02:21:02 ID:???

■ABE REJECTS JAPAN’S FILES ON WAR SEX (By NORIMITSU ONISHI

 安倍首相は今週木曜、日本政府の長年の公的立場に反して、日本軍が第二次大戦中に外国人女性らを強制的に性奴隷にしたことを否定した。この発言は、慰安所の設置と直接的ないし間接的な性奴隷化強制についての軍の関与を認めた1993年の政府談話の否定を安倍政権が準備中であることを、如実に示すものである。1993年の政府談話は軍の関与を認めると同時に、女性たち(婉曲に「慰安婦」と呼ばれる)への謝罪を行なったものだ。
 安倍首相は記者団に、「強制性を裏付ける証拠は何もない。したがって談話については、事情が大きく変わったことを前提に考えなければならない」と述べた。
 米議会下院は、戦時下の性奴隷についての軍の関与を「認めて謝罪する」よう日本政府に求める決議案の採択に向け論議中。しかし一方で日本では、戦時の歴史を見直そうという昨今の動きの一環として、与党自民党の保守的議員らが1993年談話の撤回を求める声を高めつつある。指導力を欠いているという見方や一連のスキャンダルで支持率低下中の安倍首相は、こちらの側に立っているようだ。戦時の歴史の見直しに注力してきたナショナリストである安倍氏だが、昨年秋の首相就任以降はトーンを和らげていた。当初は談話の有効性を認めて保守層からの反発を買っていたほどだった。<中略>
 歴史学者らによれば、約20万人の女性(朝鮮人、中国人、台湾人、フィリピン人のほか、日本、オランダや他のヨーロッパ諸国の女性もいた)が日本軍慰安所で働いていたという。数十年にわたり日本は軍の関与を否定し、慰安所を民営施設、女性らを売春婦と称してきたが、政府の態度に憤慨した歴史学者の吉見義明氏が1992年、防衛庁図書室に赴いて2日間捜したすえ、慰安所設置に軍が関与していたことを暴露する文書を発掘した。文書の1つの表題は、「軍慰安所従業婦等の募集に関する件」というものだった。この証拠を突きつけられた日本政府は、自らの関与を認め、上記の談話を発表したのだった。
 ところがこの対応に、政治家らが反発した。被害女性やその支援者らによると、河野官房長官(当時)の談話の形になっていて国会決議ではないのは、日本政府が十分に責任を認めていないことを示すのだという。この談話は日本国内では、単に「河野談話」と呼ばれている。
 更に支援者らは、補償のための民間・非政府基金を設立することで直接的責任を回避している、と日本政府を批判した。多くの元・性奴隷らは、この基金からの補償を拒否した。
 それなのに保守政治家らは、この談話が女性募集における軍の関与を認めることに踏み込み過ぎている、と言ったのだ。吉見氏が見つけた文書は軍が施設を設けたことを示すものであって、軍が女性を強制的に集めたことを示すものではない。保守政治家らはこの差をとらえて、談話を攻撃してきた。<中略>
 こうした一方で近年、多くの元・性奴隷が自らの経験を語り始めている。最近では3人の女性が米議会の公聴会に出席し、日本軍兵士らに連行されたことや一日に何十人もの兵士と性交させられたことを証言した。

▽ソース:ニューヨークタイムズ(英語)
http://www.nytimes.com/2007/03/02/world/asia/02japan.html
▽関連スレ:
【従軍慰安婦問題】「強制の証拠ない」 安倍首相、河野談話の見直し否定せず [03/01]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1172759957/l50

ソース : 【慰安婦問題】安倍首相が河野談話を否定へ。日本は証拠を突きつけられて関与を認めたのに … NYタイムズ[03/02]【東亜N+】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 マイク・ホンダとかいうKittyな日系人議員のおかげでまた慰安婦問題がクローズアップされてるわけですが、案の定オオニシが「渡りに船」とばかりに便乗してきた。
 慰安婦の強制連行など存在しないことは明らか。 募集広告を出して給料払って雇っていたというのが事実であり、それ以上でもそれ以下でもない。 この問題がいまだに議論される元凶となったのが、1983年の吉田清治による「私の戦争犯罪」というトンデモ本であり、1993年のいわゆる「河野談話」に至るまで、国内の一部の基地外文筆家や売国政治家によって紡がれてきた捏造史によって、ありもしない「慰安婦強制連行」というウリナラファンタジーが流布されてきた。
 慰安婦制度は、戦地での自国の兵士による性犯罪防止のために性欲を処理する施設を設置したものであり、実際に募集された慰安婦も、その殆どは朝鮮人の売春婦であった。 そうした制度の不備から沖縄を含む数々の戦地で現地の女性たちをレイプしたアメリカ人から文句を言われる筋合いはないし、ベトナム戦争時に南ベトナムに派兵し、ベトナム女性をレイプした韓国人も同様である。 韓越混血児は2,000人にも及ぶ。
 血気盛んな兵士の性欲を処理するために、言わば「平時の売春宿」を戦地に持参した日本と、獣欲のままに現地の女性を犯したアメリカ人や韓国人と、どちらが恥ずべき行為だったのか? 特に、当時は相当な額を慰安所で稼いだにも関わらず、今度は戦後補償という形で日本からさらにカネをたかろうと、米議会の公聴会にまでのこのこ出かけていくババアや、レイプが国技、強姦発生率世界一といわれる国の方々には良く考えてもらいたい。 まあ考え至る前に火病しちゃうんでしょーけど。

2ちゃんねらーの反応を見る
[PR]
by overdope | 2007-03-05 02:17 | またオオニシか!
1ダースの日本人
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_16333419.jpg
1~2 :蚯蚓φ ★ :2007/02/16(金) 00:01:56 ID:???

 (東京=NYT)北朝鮮の原子力計画を凍結する協定は、日本と韓国に直ちに波及効果をもたらした。あきらかに韓国の手を解放し、日本の手を縛る形で。
 北朝鮮が主要な原子炉を閉じる代わりに食料品と燃料を供給する協定が結ばれてから1日後、韓国政府は北朝鮮に、去年10月の北核実験後に中断された大臣級交渉を再開するよう要請した。ソウルは、両国の担当者が非武装地帯の真北にある開城(ケソン)で木曜日に会うことに合意したことを発表した。
 「協定について非常に重要なことは、協定がただ北朝鮮核問題自身を解決するばかりでなく、さらなるステップの中で、朝鮮半島上の永久的な平和政権を樹立するための交渉と議論の条項を含むことだ。」と韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領、は言った。
 しかし東京の安倍晋三総理大臣は、北朝鮮の工作員によって拉致された未解決の問題に言及して北朝鮮への援助を拒絶したことで与野党のメンバーから攻撃をうけている。評論家は、この問題ばかりとりあげる東京の偏狭さは、明らかに地域の安定性の犠牲にし、孤立を招くだろうと言った。
 「私達は孤立してはならないし、実際のところ孤立もしていない」と安倍首相は議会で言った。「拉致問題に進展がない限り、重油の提供もしないという私たちの決定を他の国も理解している」。
 対照的に韓国は、長い間ブッシュ政権との関係によって押さえつけられてきた政策である、北朝鮮との経済的・外交的約束の再開に乗り出したように見える。「たぶん盧大統領にとって今や、自らの太陽政策を遂行することは、これまでよりいっそう容易になるだろう」と韓国・釜山にある東西大学の政治学者シン・ユンファ(Shin Jung-wha)氏は言った。
 協定はまた、保守的な野党が次の12月の大統領選挙で勝つことになっても、韓国がその方針を変更することをよりありそうにないものにした。「多くの韓国人は、盧大統領が北朝鮮に対して寛大すぎると思っている」とシン氏さんは言った。「しかし、太陽政策の上に国民の合意があり、保守主義者が次の12月に権力を得るならば、少しの方針変更があるかもしれないけれども、根本的な変化はまずないだろう。」
 日本の場合、安倍政権は核の話を1970年代に北によって拉致された日本人の事件に限定した。北朝鮮は、1ダースの日本人を誘拐したと認めて残りは死んだと伝え、4年前に5人の生存者を戻した。しかし、日本は、より多くの生存者が北にとどまっていると主張している。
 安倍首相は拉致問題を取り上げることで自らの政治的なキャリアを積み上げてきた。この問題は、安倍首相が国家主義的な心情をかきたてるのに利用したと評論家は言う。一連のスキャンダルと失態の後で支持率が落ちた安倍首相が、この問題について妥協することは難しいだろうとアナリストらは言っている。
 同時に、協定を守って北朝鮮を援助することを拒絶することは、日本以外にほとんど共感が得られない国内問題で地域の安定性を危険な状態に導いたという非難を引き起こす可能性もある。
 「日本はもっと広い見通しによって外交を実施していくべきだ」と日本と前上級外交官で岩手県立大学の谷口誠学長は言った。「アジアの安全と平和について考えるべきである」。日本が、その隣人との関係での負担において米国との関係だけに注目した狭い考えを持つならば、日本は自国が締め出されていることに気付くだろう。「日本の外交はいわば拉致問題によって拉致されている」と谷口学長は付け加えた。
 日本政府は、日朝間の関係正常化のために協定の下で設立さた作業部会の中で拉致問題に対処することを望むと言った。東京は、拉致された日本人の説明がない限り、日本は北朝鮮との関係を正常化し、植民地支配に対する賠償金を提供しないであろうと述べたことがある。
 しかし、作業部会の中で日本が拉致を強調することは、北朝鮮側に歴史的な不満の長いリストを持ち 出させることになりそうである。北朝鮮の外務省役員、イ・ピョンドク(Ri Pyong-dok)は共同通信社 に、作業部会中の北朝鮮の焦点は、日本の植民地支配になるだろうと日本で述べた。「日本によって犯された犯罪の解決が優先事項である」とイ氏は言う。「それなしでは、二か国間の関係の正常化はまったくありえない」


By NORIMITSU ONISHI

ソース : ニューヨークタイムズ(英語)South Korea and Japan Split on North Korea Pact
http://www.nytimes.com/2007/02/15/world/asia/15japan.html?_r=1&oref=slogin
関連スレ : 【国内】 6カ国協議合意採択、山崎氏、加藤氏など与党からは政策転換や孤立化懸念の声も [02/13]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1171457779/
【6カ国協議】 「北、拉致問題取り上げる日本に不快感」 …全く滑稽な話 [02/10]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1171069311/

ソース : 【6カ国協議】NYT「北朝鮮協定で立場の分かれた韓国と日本」~自由になる韓国・縛られる日本[02/15]【東亜N+】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 日本政府がNYTのオオニシの記事に抗議をしてからというもの、しばらくオオニシ節は聞かれなかったわけだが、6カ国協議の合意を受けて久しぶりにオオニシらしい記事が出てきた。
 既にオオニシの電波は日本国内ではよく知られるようになっているので、オオニシが築地の人民宮殿内でせっせと編み出す基地外じみた主張が、NYT→狂道通信→朝日新聞ら国内マスゴミという「ソースロンダリング」を経て国内に舞い戻ってくる回数も減少傾向にある。
 いまだにオオニシの出自に関する話題は尽きないが、このブログでは既に「市川の鮮人部落出身の在日朝鮮人で、日本に帰化後にカナダ国籍を取得して日系カナダ人に成りすましている」と断定している。 自分の書いた記事のソースをロンダリングさせるオオニシは、自らの出自についてもロンダリングしているのだ。
 そんなオオニシだから、やはり記事のあちらこちらに隠しがたいほどの半島への愛と反日電波が散りばめられている。 この記事の原文のタイトル「South Korea and Japan Split on North Korea Pact」にしても、日本の前に韓国が来ているし、内容もタイトルに準拠している。 協議妥結後の日本と韓国の国内事情に関しても、そのトーンの違いは明らか。
 基地外仲間の飯島酋長が「待ってました」とばかり北への支援を再開したことについては、国内に反対意見が根強いことに触れながらも全体としては肯定的に捉え、一方日本については、拉致問題を70年代の出来事と北朝鮮の主張通りの見解で片付け、安倍首相個人の政治信条を持ち出して、支持率を維持するためにも拉致問題に固執せざるをえないだろうという「アナリスト」の見解を紹介。 さらにはいつも通りオオニシの主張に沿うような(どこの馬の骨とも知れない)証言者を引っ張り出してきて、拉致問題に固執する日本がやがて孤立化していくだろうという自論を展開。
 極めつけはなんと言っても「1ダースの日本人(原文:a dozen Japanese)」というくだりである。 英語では慣用的な表現であり、本来目くじらを立てるようなものではないのだが、オオニシのそれは明らかに拉致被害者を「物」扱いし、日本人とは絶対に相容れない思考回路を経由して発せられたものであり、到底容認できるものではない。 挙げ句の果ては、もう遥か昔に解決済の朝鮮半島への戦後補償まで持ち出してくる有り様である。
 ノリミツ・オオニシはその虚飾だらけの人生にそろそろ自ら幕引きをした方がいいのではないか。 こうして嘲笑のネタにすらされなくなる日も近い。 わざわざ築地まで通ってこんな糞記事書いてる暇があったら家に帰って家業の手伝いでもした方がいいだろう。 キムチ漬けすぎて腰を悪くしたオモニも泣いてるぞ。 「哲光(チョルガン)! 早くこっち来てキムチの箱詰めせんかい!」 アボジもきっとお怒りだ。

2ちゃんねらーの反応を見る
[PR]
by overdope | 2007-02-16 16:29 | またオオニシか!
ホリエモン×ノリミツ・オオニシ=馴れ合い同窓会
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_1301619.jpg
 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は六日、東京発でライブドア前社長の堀江貴文被告(34)=証券取引法違反の罪で公判中=とのインタビュー記事を掲載した。堀江被告は「一般国民が物事を深く考えることを好まない」日本のエリート官僚と同被告がもたらす変化を恐れた財界幹部に狙い撃ちされたと強調し「旧体制」を批判した。
 堀江被告は「私のことを最も不快と感じたのは、旧体制に利害を持つ四十、五十代の中間管理職」と指摘。その理由を「彼らはこれまで信じ、守ってきた社会が粉々になるのを望まなかったから」などと分析した。
 また、同被告は「旧体制」を「コネだけの世界。若ければコネはないし、一般家庭出身なら一生かかっても何も成し遂げられない」と批判し「才能を生かせない社会は衰退の一途をたどる」と話した。

ソース : 堀江被告:米紙のインタビューで日本の「旧体制」を批判【MSN毎日インタラクティブ】
ソース : A Renegade’s Tale of His Scorn for Japan’s ‘Club of Old Men’ By NORIMITSU ONISHI【NYT】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 原文読んできたが、基本的にはオオニシがホリエモンにインタビューしてる記事なので、いつものオオニシ節がまったく炸裂していない。 先日日本政府が公式に抗議したことが早速効いて、オオニシも首の辺りに悪寒を感じているのだろうか。 そのせいか、いつものように「東亜N+」や「N速+」にオオニシスレも立っていない。 N速に「非オオニシスレ」が立ったのみ。 ツッコミどころが減るのは複雑な心境だが、日本としてはオオニシのような似非ジャーナリスト、反日スプリンクラーがその記者生命を絶たれるのは大いに歓迎すべきである。
 ただ、全体のトーンとしては日本のビジネス界の古い体質を批判し、彼を一度は祭り上げ、やがていっせいにコキおろした日本のメディア批判、さらに逮捕から公判に至る警察と検察の捜査、法廷戦術批判に終始するホリエモンの主張を客観的な視点からの検証もなしに一方的に掲載。 このあたりは出自が同じホリエモンとオオニシならでは。 同胞同士の馴れ合いインタビューという雰囲気。
 いくら本国では今年が「豚年」だからと勢いづき、公判中の身でありながら相変わらずの虚勢を張り続けて衆目に存在をアピールしようというホリエモンとはいえ、ただでさえ「今さら硬直化した日本社会の犠牲者ヅラのホリエモンかよ」という記事なのに、たいしたツッコミどころもないようではオオニシのレゾン・デートルはいよいよ無い。 滅亡間近の本国送還も近いな。
 
管理人注 : 当エントリーのコメント欄にオオニシ・マンセーの火病賤人が湧いてくることが予想されますが放置夜露死苦。→敵前逃亡の模様(笑)。


関連 : 日本は「共産主義社会」 堀江被告が英紙と会見【共同通信】
NYTにも法則発動ワロタ。
ニューヨーク・タイムズ:傘下テレビ9局売却 680億円【MSN毎日インタラクティブ】
[PR]
by overdope | 2007-01-08 13:16 | またオオニシか!
ノリミツ・オオニシをもっとお茶の間に!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_23342576.jpg
 政府は、右翼勢力が北朝鮮による拉致問題を扇動しているとした米紙ニューヨーク・タイムズの記事(17日付)を問題とし、「事実と異なる」との中山恭子首相補佐官(拉致問題担当)の反論文を、同紙と、記事を転載した国際紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューン(18日付)に投稿。トリビューン紙には26日付で掲載された。
 ノリミツ・オオニシ東京支局長の記事に対し、反論文は「そのような事実はない。拉致問題は現在進行中であり、これは自国民救出の問題だ」と指摘。「日本人拉致被害者の多くは30年近くも監禁され、すべての自由を奪われている。被害者が自由と尊厳を取り戻すためにあらゆる支援を受けるのは当然であり、救出は日本政府の使命だ」と強調した。
 拉致対策本部は「大手紙に載ると、それが事実のように思われる可能性があるため反論に踏み切った」としている。


ソース : NYタイムズ拉致「扇動」記事 政府が反論文投稿【Yahoo!ニュース/産経新聞】
関連 : NYタイムズ 拉致問題「右翼扇動」記事 政治的偏見による日本批判【Sankei WEB】
関連 : オオニシの脳にリアルCTスキャンを小一時間
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ようやく政府もこの基地外対策に乗り出したようですな。 もちろん日本は言論の自由が認められてはいるが、オオニシのようにオールデムパな香具師は即ヌッ○すか、最低でも国外退去にすべきだろう。 その際、もしオオニシが日本とカナダの二重国籍者なら、日本国籍を永久に剥奪するのは当然として、在日米軍との協議が必要になるが、可能であれば国内に配備中のPAC3迎撃ミサイルの外殻にそのキムチ臭い体をくくりつけ、テポドンが飛んできた時にミサイルもろとも打ち込んでやるぐらいのことは検討すべきだろう。 「目には目を」、「在日には在日を」である。 この基地外には極限まで惨めな氏に方こそがふさわしい。 これ以上の「国外退去」処分はないだろう。
 オオニシがこれまで発信してきた鮮人視点の反日記事と半島マンセー記事は万死に値する。 NYTを朝日同様「アカ新聞だからしょうがない」とスルーすることなく、政府として意思表示したことは極めて当たり前だが意義深い。 現実的には、「ノリミツ・オオニシ」の名前がテレビや新聞などでも広く紹介され、国民の誰もが「ああ、あの日本人に成りすました超賤人の基地外記者ね」という認識を持つようになれば、オオニシは居場所を失い、自らそのキムチ臭い息を吐き続けることに嫌気がさし、以下のような心境になるだろう。 一日も早くその日が来ることを願うばかりだ。
e0064858_23353269.jpg

管理人注) オオニシがくくりつけられてるミサイルがテポドンだとか、格好が将軍様だとか、いちいちツッコミ入れないようおながいします。 多忙ななか速攻で作ってますので。
[PR]
by overdope | 2006-12-29 23:47 | またオオニシか!
オオニシの脳にリアルCTスキャンを小一時間
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_13132519.jpg
 漏れだったら「犯罪国家北朝鮮に多くの日本人がブチ切れている」と書き、ついでに南も塗りつぶして「文化剽窃捏造国家南朝鮮に多くの日本人が腹筋をブチ壊されている」というのも併記したい。

1 :蚯蚓φ ★ :2006/12/17(日) 19:34:21 ID:???

 (東京=ノリミツ・オオニシ)日本の青年の目を隠している血のように赤い北朝鮮のマップを描いた日本政府のポスターがある。それらは、この国の若者が危険な状態にあることを暗くほのめかし、北朝鮮からの脅威に対して日本人が目を開くよう促している。
 このポスターは今週行われたある集会の目だつディスプレイの上にあった。この集会は30年前、北朝鮮によって拉致され、まだそこに捕らえられていると日本が主張する日本人に注意を促すため催された集会だ。
 このようなイベントを開くのは一般的にどういう人だろう?家族、その支援者、右翼組織のメンバー?彼らは初参加の特別客を待っていた。総理大臣安倍晋三。群衆に「私達は拉致問題について決して妥協することができない」と安倍は言った。「私は、私の政府がこの問題を最優先課題として取り組むことを誓う。」
 日本の外で、はるか昔に拉致はおきたのかもしれない(Outside Japan, the abductions may have played out long ago,) 。北朝鮮の指導者金正日が四年前、この犯罪を認めた後、五人の生存者を戻した。しかし今、この問題はいまだに燃え盛る問題であり、ナショナリストの政治家やグループによって毎日のニュースメディアをにぎわせている。彼らはこの話題で、平和憲法の放棄や学校で愛国心や道徳を教えるなど、彼らの大切なゴールへ向かうのと同じように激しく攻撃している。
 これは非常に感情的な問題なので、より穏当な声を沈黙させてきた。彼らは右翼からの身体的な危害や言葉の脅威にさらされている。このたった一つの運動を守ることによって、三ヶ月前、安倍は無名状態から総理大臣にのし上がった。しかし、安倍の人気のあった前任者、小泉純一郎から引き継いだ経済の変化に急ブレーキをかけた安倍は、投票において墜落しはじめた。政治的に残っていくために、彼はたぶん拉致問題にかかわり続ける必要があるだろう。(中略:拉致被害者の追加が、なんらの追加情報なしに行われたこと、教育基本法・タウンミーティ ング問題などを紹介)
 拉致問題の政治的な重要性は、それに挑むことをタブーとし、野党政治家さえためらう。寛大なジャーナリストや学者は私的に拉致問題の作為について詳しく述べるが、ほとんどはあえてコメントを公表しない。「拉致問題は、誰でも、学童でさえ理解することができる」と大阪大学(実際は大阪外国語大)の歴史家研究者、杉田米行は言った。「安倍総理は、一定の政治的なゴールを実行しようとしてこの問題を使っている。北朝鮮は悪く、これに対抗するために、日本が憲法を改訂し、学校で愛国心を教えなければならないと言うことは効果的だ。彼はこの国をこの方向に向けようとしている。これは非常に成功してきた。」
 「しかし、それはまた非常に危険でもある」と、この主題についてエッセイを出版した後に、右翼から脅しを受けた杉田は言った。「このような感情の問題になり、そのような方法でナショナリズムをあおったので、それはすでに言論の自由を浸した。」(後略:加藤紘一の自宅放火事件等)

ソース : ニューヨークタイムズ(英語)Japan Rightists Fan Fury Over North Korea Abductions By NORIMITSU ONISHI
http://www.nytimes.com/2006/12/17/world/asia/17japan.html?_r=1&oref=slogin

ソース : 【拉致】 NYT「北朝鮮拉致問題で怒りをあおり、政治利用する日本の右翼」[12/16] 【東亜N+】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 久々のオオニシ節炸裂ですな(笑)。 最初から最後まで見るも無残な超絶電波。 マトモな事は何一つ書いてありません。 こんな記事で飯食えるんなら漏れが記者やった方がよっぽどいい記事書ける。 何も知らずに朝日新聞読んでるバカみたいに、何も知らずにNYT読んでるニューヨーカーには日本がトンデモ国家に映っていることだろう。 本当にお気の毒です。
 マンドクサイけどいちいちツッコミ入れると、拉致問題に関わっているのは拉致被害者家族と右翼だけというとんでもない主張から始まって、拉致問題の政治的側面ばかりをやたら強調して、愛国心教育にむりやり関連づけようとするとは呆れて物が言えない。
 拉致問題に政治的な側面がまったくないとは言わないが、無論その本質は拉致という非合法な国家犯罪による日本人の被害者を一刻も早く救出することにこそある。 しかも訳のわからん大阪民国の歴史家なんぞを引っ張り出してきて「日本は既に言論弾圧下にある」式の主張まで掲載。 日本が言論弾圧下(笑)にないことは、オオニシが築地の人民宮殿内でぬくぬくとまだそのキムチ臭い息を吐き続けていられることが証明している。 もし日本が言論弾圧国家なら、オオニシはもうヌッ○されていることだろう。
 オオニシの脳を一度リアルCTスキャンにかける時期に来てるのではないか。 切断された脳胞からコチュジャン色の脳漿が溢れ出るさまが目に浮かぶようだ。
 グロでスマソ。
[PR]
by overdope | 2006-12-19 13:19 | またオオニシか!
またまたまたまたオオニシか!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_0522581.jpg
1 :蚯蚓φ ★ :2006/10/25(水) 00:04:55 ID:???

緊張、自暴自棄 : 中朝国境 By NORIMITSU ONISHI

 中国と接する北朝鮮の880マイルに及ぶ穴だらけの国境は、外の世界への生命線である。去年の北朝鮮の貿易の約39%が中国に対するもので、オイルの80から90%が中国から供給されている。金銭取り引きや人間の往来も頻繁にある。
 対照的に、ロシアと北朝鮮の国境は11マイルであり、厳重に監視されている;韓国との150マイルの長さの非武装地帯は、両側に数十万人の兵士がいる。これまで北の船は定期的に日本を訪れ、日本の親類から現金や物品を送っていたが、北朝鮮の核実験は、この交易を終わらせると見られている。
 中国にとっての結論は、最近、境界都市、丹東(昔の安東)に沿って建てたように適切な数のフェンスを建てることである。フェンスが少なすぎれば、中国の不安定化を招くことになる。フェンスが多すぎれば、北朝鮮の崩壊を招くだろう。
 明らかに「崩壊」は北京が望んでいないことであり、中国が厳しい制裁に踏み切れないのもこのためである。崩壊は十万から三十万人と推定される北朝鮮人の洪水が国境を越えて中国になだれ込んだ1990年代後半の大飢饉を上回る可能性がある。(逆説的に、飢饉によって、原料を中国の穀物と物々交換しようとする地域的な北朝鮮のグループが形成され、再び貿易の連鎖を開いた。)
 北朝鮮国家の終わりは同時に、米国の同盟国である韓国と朝鮮半島の再統合をもたらす可能性がある。これは北京が望んでいないもう一つの展開だ。また、国境自体が問題になることもありうる。韓国は近年、高句麗の遺産に関して中国と対立している。高句麗は現在の中国領土まで広がって支配していた古代朝鮮の王国である。この地域には、数十万人の民族的に韓国系の中国人が居住している。彼らは中国で差別に直面しており、領土権を主張して再統合された朝鮮に共感するかもしれない。

ソース:ニューヨークタイムズ(英語)
http://www.nytimes.com/2006/10/22/weekinreview/22marsh.html?_r=1&oref=slogin
関連スレ:【大西】中国様に喧嘩を売る、元高句麗王国中国領は韓国領土!
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1161677872/

ソース : 【北朝鮮】 NYT「緊張、絶望:中国―北朝鮮国境の鉄条網」[10/22]【東亜N+】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 またオオニシか・・・。 そもそもオオニシの記事には反日と半島マンセー以外の視点は存在しない。 したがってこの記事のように、一見、緊張が高まる中朝国境の姿を描いているように見えるものの、力点が置かれているのは下段の部分の「高句麗は現在の中国領土まで広がって支配していた古代朝鮮の王国である。」というトンデモ史実であることは明白。 そしてまた、このような基地外としか思えない主張をする民族は世界広しといえど韓国人だけ。 オオニシ、お里が知れるぞ(笑)。
 ニューヨークタイムズを通じて、しかも日本人の名を語った署名記事で、このような電波を築地の人民宮殿内から全米に流布し続ける大西哲光。 その愚行は万死に値する。 誰かそろそろこいつをヌッ○してくれませんか?
[PR]
by overdope | 2006-10-28 01:02 | またオオニシか!