This blog is for all yarisugi people.    時には格調高く、いつもは品性のかけらもなく。
by overdope
 韓 国 の 皆 様 の 犬 H K
カテゴリ
マスゴミ
またオオニシか!
極東3バカ+1
笑韓
呆韓
哀韓
殺韓
しお韓
多韓
Oink
法華
売国奴
小ネタ
その他
管理人
ココについて
Hall of Shame
号外
以前の記事
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
お気に入りブログ
散歩道
諸葛川
虹の螺旋
ファビョリズム
韓国のホームページをのぞ...
アリエスの雑記帳
最新のトラックバック
野球選手 文相勲(ムン・..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
☆文部省推薦 「暴れる韓..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
朴三寿(ネット渾名です)..
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
偽物オリンピック
from 朱雀式
韓国・狂気のデモ ~まと..
from 朱雀式
竹島「領有」表現避ける、..
from 湘南のJOHN LENNON..
所詮私はミーハ-です。 ..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
ロ○テも所詮半島企業って..
from とっちのブログ
チベット状況4/19
from チベットnews
FREE TIBET   
from 中野 馨一が創る 外構、庭造..
このチベットの話は本当な..
from とっちのブログ
イ・ホソン 野球が流行っ..
from 今、何が流行ってるの?
イ・ホソン 野球は、サイコゥ
from ナニがあったかな?
朝日はいい加減に犯罪者の..
from とっちのブログ
ノムのせいで…
from ファビョリズム
日本の携帯電話が高い本当..
from とっちのブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
首相をニホンザルにたとえる変態在日新聞
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_128347.jpg
1 :春デブリφ ★:2009/02/28(土) 10:06:53 ID:???0

  鏡に映る自らの姿を、自分と分かるようになるのは人間だったら2歳ころだそうだ。それを調べるのに「ルージュテスト」という方法がある。ルージュとは口紅だ。子供が遊びに熱中するすきに紅をちょっと顔につけ、しばらくして鏡を見せるテストである
▲鏡の姿が自分だと分かれば手が顔に伸びて、汚れをこすり取ろうとする。同じようなテストを動物にすると、チンパンジーは自分を認識できるようになるが、ニホンザルは目をそらせる、威嚇するなどの行動をやめない(松沢哲郎著「進化の隣人 ヒトとチンパンジー」岩波新書)
何も政治家をチンパンジーにたとえるつもりはない。だが、世論調査という鏡に映る自分の姿をどう認識するかで決断が左右されることもあるのが現代政治である。鏡に映った顔が汚れていれば、こすり取ろうと手を伸ばすのが普通である
▲麻生政権の支持率低下に何とも歯止めがかからない。本社の調査では前回調査比8ポイント下落の11%、翌日発表された産経・FNN調査でも同6.8ポイント下落の11.4%という。今までの政界の常識では政権存続の瀬戸際といっていい数字である
▲言わずもがなの失言、財務相酩酊(めいてい)辞任など肝心な局面での判断のブレ--何とも評しようがないのは、これら自ら顔に泥を塗るような首相の言動が調査のたびに支持率低落をもたらしてきたことだ。これでは首相が国民の目に映る自分の姿を理解しているのかどうかすら疑われる
▲この日米首脳会談を機に外交で支持率好転を図りたい首相だろう。ただ止まらぬ低落が株価に及ぶなか、いつ終わるともない首相の一人ルージュテストに国民はいつまでもつきあえない。


■ソース(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/opinion/yoroku/news/20090225k0000m070119000c.html
■前スレ(1の立った日時 02/25(水) 11:43:58)
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1235538302/

ソース : 【毎日新聞】自己を映す鏡から目をそむける「ニホンザル」 首相の一人ルージュテストに国民はいつまでもつきあえない★3【N速+】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 チンパンが首相の座にある時ならある意味「洒落にならなかった」記事である。
 いま仮にも新聞という媒体でこれだけの駄文を世に問うことができるのは在日変態新聞をおいて他にない。
 世論調査の結果を根拠に新聞が現首相を批判することは構わない。 しかし、その批判が誹謗中傷のレベルにまで堕ちていることにすら気づかないほど感覚が麻痺している在日変態新聞には、ぜひ鏡に映る自分の姿をどう認識しているのか小一時間ほど問い詰めたいものである。
 内閣支持率が低いことを盛んに喧伝し、まるで外濠を埋めるかのごとく首相退陣の論陣を張るばかりか、時に料亭政治の舞台にまで顔を出し、昨年の大連立の失敗に懲りもせず、いまだ自らが政治のプレイヤーたらんとするバカツネ&蛆家の読ウリ一派。 社長の愚息は大麻ブームの先駆けとなり、社員はガラ主張wで所得隠し、販売店は事実上の犯罪組織である麻日新聞。 長年に渡って変態記事を海外にタレ流し、押し紙で販売部数を粉飾して広告の単価を不当に吊り上げている在日変態新聞。
 新聞もそろそろ本当に終わりなんだろうな。

2ちゃんねらーの反応を見る
[PR]
by overdope | 2009-02-28 12:54 | マスゴミ
朝日、ガラ出張wwwで所得隠し
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_052657.jpg
朝日新聞社、4億円所得隠し=カラ出張で架空経費-当時の京都総局長ら処分

 朝日新聞社(東京都中央区)が東京国税局の税務調査を受け、出張費の過大計上などで2008年3月期までの7年間に約3億9700万円の所得隠しを指摘されたことが23日、分かった。このうち、京都総局が出張費などで計上した約1800万円については、カラ出張などによる架空経費と認定された。
 同社が明らかにした。申告漏れ総額は約5億1800万円。
 同社は、京都総局の当時の複数の総局長を停職処分にしたほか、管理責任を問うとして、東京、大阪、西部、名古屋の各本社編集局長を減給処分にした。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090223-00000094-jij-soci
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 以下、当該スレの書き込み抜粋。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マスコミ各社の報道

所得隠し……47NEWS FNN MSN産経ニュース swissinfo スポーツニッポン 
        スポーツ報知 愛媛新聞 河北新報 岩手日報 岐阜新聞 京都新聞
        熊本日日新聞 佐賀新聞 山陰中央新報 山形新聞 山陽新聞
        山梨日日新聞 四国新聞 時事通信 秋田魁新報 神戸新聞 神奈川新聞
        西日本新聞 静岡新聞 中国新聞 中日新聞 長崎新聞 東奥日報
        東京新聞 徳島新聞 読売新聞 日本海新聞 福井新聞 北海道新聞
        北國新聞 毎日新聞 

申告漏れ……朝日新聞

http://news.google.co.jp/news?hl=ja&ned=jp&ncl=1277124523&scoring=d

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

税務申告の過小報告には三段階あり。 脱税、所得隠し、申告漏れの違いを覚えとけよ。

Lv1 申告漏れ 「これ、間違ってるよ。税金足りないから払ってね」
---ミスと犯罪の壁---
Lv2 所得隠し 「これ、わざと隠したね。追徴金も払ってね。」
Lv3 脱税 「あんた悪いことしたねー。覚悟してね。」

朝日は Lv2 だから、脱税というお前らはちょっと間違い。
申告漏れで済まそうとする朝日はとんでもない大間違い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日のテレ朝の報道ステーション

放送開始から
21:54~22:15 アカデミー賞
22:15~22:28 麻生叩き
22:28~22:37 商工ファンド
22:37~22:38 速報
22:39~22:41 CM      
22:41~22:41 アカヒ新聞社脱税(1分18秒間)
22:41~      Googleアース(アトランティス大陸)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 役人のカラ出張には食ってかかるくせに、自らのガラ出張はスルーかよ・・・。
 それはともかく、昨年のノーベル賞受賞ラッシュに続いて、今度はアカデミー賞2作品受賞!とは、いやはやめでたい。 これで(酒)の失態が完全に消えたな。 このうえさらに明日以降まだ(酒)の朦朧会見を報道してるマスゴミがいたらホントに異常。
 でもまたどっかの国が妬み嫉み僻み記事書いてきそうな悪寒(笑)。
            ↑
 空白部分に暗号埋め込んでみました。

2ちゃんねらーの反応を見る(フルタテAA編)
[PR]
by overdope | 2009-02-24 01:35 | マスゴミ
戦艦 三笠
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_005261.jpg
 マッカーサーは戦後の日本で過去に例のない専制と独裁政治を展開した。
 彼はまず罪を犯した米兵への裁判権を日本に放棄させ、新聞が米兵の犯罪を報道することも禁止された。おかげで米兵は強姦も強盗もし放題、殺人も構わなかった。調達庁の調べでは占領期間中2500人が殺された。
 彼の占領政策の柱は、日本人の誇りを奪い堕落させ2度と白人支配の脅威にならないようにすることだった。そのために東京裁判で日本を侵略国家に仕立て、 A級戦犯はわざと皇太子殿下の誕生日に死刑を執行した。横須賀港にあった戦艦三笠はいかがわしいダンスホールに改造された。
 日本では賭博は禁止だったが、マッカーサーは朝鮮人が国に帰還するまでのあいだ、パチンコ屋をやることを日本政府に認めさせた。
 賭けごとは日本人の堕落を促すと読んだためだ。さらに彼は、軍歌いっさい厳禁のなかでパチンコ屋に限って軍艦マーチを流すことを認めた。どこまでも日本を貶めた。
 パチンコで日本人を堕落させる計画は彼の期待以上にうまくいった。なぜなら朝鮮人は帰還しないでパチンコとともに日本に居座ったからだ。経営者の95%が朝鮮人という業界は、日本人の射幸心をあおっていまも年商20兆円を稼きだしている。
 対支那のODA総計6兆円をはるかに凌ぐ上がりは南北朝鮮を潤し、社民党への献金から北の核開発までを支えてきた。
 一方、日本ではパチンコ屋の駐車場で子供が蒸し殺される悲劇が続く。3年前の一斉巡回で56人の乳幼児が蒸し焼き寸前で救出された。借金漬けの主婦が売春に走り、景品交換所では強盗殺人事件が後を絶たない。
 松戸市の市営住宅で火事があり、3人の子供が焼け死んだ。23歳の母はそのときパチンコに熱中していた。マッカーサーの思うとおり日本人は堕落した。百害あって一利もない違法パチンコはまだ廃止もされず、悲劇を生みつづけ、南北朝鮮だけが笑っている。

ソース : パチンコをやめろ/高山正之(ジャーナリスト)(Voice)-Yahoo!ニュース
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 日本に真の意味で「ジャーナリスト」と呼べる存在は数えるほどしかいないわけだが、その一人が高山正之氏である。
 いつもと違ってツッコミ入れるところがないので(笑)、ツッコミは開店休業。 というわけで今日は記事中でも触れられている戦艦三笠について。
 ご存じのとおり、戦艦三笠は日露戦争における日本海海戦(対馬沖)で露助のバルチック艦隊を粉砕した大日本帝国海軍連合艦隊の旗艦であり、現在は横須賀の三笠公園に保存・展示されている。
 管理人も2度ほど乗艦し、内部を見学したことがある。 イギリス製(この頃日本のバトルシップ建造能力はまだ西欧に追いついていなかった)の美しい船だ。
 退役した三笠は、その後波瀾万丈の余生を送る。 Wikipediaに簡潔にまとめられているので引用させていただく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ワシントン軍縮条約によって三笠は廃艦が決定した。1923年9月1日には関東大震災により岸壁に衝突、浸水し、9月20日に帝国海軍を除籍させられた。軍縮条約により廃艦後は解体される予定だったところ、国民から愛された三笠に対する保存運動が勃興し、現役に復帰できない状態にすることを条件に保存されることが特別に認められ、1925年1月に記念艦として横須賀に保存することが閣議決定された。同年6月18日に保存のための工事が開始され、舳先を皇居に向け固定されることになる。11月10日に工事は完了し、12日に保存式が行われた。
 太平洋戦争の敗戦後、日本が連合国軍に占領されていた時期にはソ連からの要求で撤去されそうになったり、アメリカ軍人のための娯楽施設が設置され、「キャバレー・トーゴー」が艦上に開かれるという状態にあった。さらに兵装や上部構造物は全て撤去され、取り外せそうな金属類はほとんどがガス切断により持ち去られ、チーク材の甲板までも薪や建材にするために剥がされているという荒廃ぶりであった。
 この惨状を見たイギリス人のジョン・S・ルービンがジャパンタイムズに投書、大きな反響を呼ぶ。さらにアメリカ海軍のチェスター・ニミッツ提督が三笠の状況を憂いて本を著し、その売り上げを三笠の保存に寄付するなどして復元保存運動が徐々に盛り上がりを見せていった。復元運動の成果により、三笠は現在見られるように「記念艦三笠」として整備されるに至った。復元にあたり、米軍が撤去した記録が残っているものは、ほぼすべてが完全な形で返還されたが、誰が持ち去ったか不明なものは、(戦後の混乱期で致し方ないことがあったとしても)今日に至るまでほとんど返還されていない。なお、1958年にチリ海軍の戦艦・アルミランテ・ラトーレが除籍され、翌年日本において解体される事となったが、同じイギリスで建造された艦であったため、格好の部品供給源となるという幸運があった。

ソース : 三笠 (戦艦)【Wikipedia】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 高山氏が「いかがわしいダンスホール」と書いたのがこの「キャバレー・トーゴー」なのだが、当時占領下の三笠は見るも無残な姿となり、デッキの上の構造物はほぼ完全に消え失せ、キャバレーの建屋ができたりして戦艦の体を成していなかった。 艦内には三笠のこうした「不遇の時代」の写真パネルなどの展示もあるが、その当時の荒廃ぶりからすると、よくぞここまで復元できたものだと本当に驚く。
 それはやはり、「有色人種の小国が白人の大国に勝ったという前例のない事実が、アジアやアフリカの植民地になっていた人々を勇気づけた」という日露戦争の世界史的意味と、その戦争において日本の勝利を決定づけた戦いの象徴としての三笠を復元保存しなければという市井の日本人の思いの集積だったのだろうと思う。
e0064858_23423114.jpg
 この日本海海戦において、司令官・東郷平八郎が三笠に掲揚を指示したのがZ旗であり、本来国際信号旗のひとつに過ぎないこのZ旗に帝国海軍が割り当てていたのが「皇国ノ興廃、コノ一戦ニ在リ。各員一層奮励努力セヨ」という文言である。 このZ旗、1960年代後半、当時のアメリカ日産の社長だった片山豊氏が、同氏の命を受けてスポーツカーを開発中だった日本のスタッフに郵便で送りつけてその士気を鼓舞し、完成したクルマにも「フェアレディZ」とその名が冠せられたことが良く知られている。

続きを読む
[PR]
by overdope | 2009-02-22 23:59 | その他
朝鮮退散 祈願心経
e0064858_11203368.jpg
                      (↑クリックで拡大↑)

 拾い物です。
 笑韓・嫌韓系のブログ等を運営なさっておられる方はどうぞご自由にお持ち帰りいただき、厄除けのためにご自分のブログに貼って下さい。
 ちなみに管理人、この全文を通しで「般若心経のように」音読することを試みましたが、途中で何度も盛大に噴いてしまい、どうしても最後まで読むことができませんでした(笑)。
 それでも何度かトライするうち、最後まで読み切るコツが「頭の中で四文字熟語の意味を考えず、ただ機械的に読むこと」だとわかり、どうにか笑いをこらえながら最終行まで到達したのですが、「民団総連 帰国解散 絶好歓迎」あたりで我慢できずに噴いてしまい完読を断念。
 皆様は果たして完読できますでしょうか? 無理だった方はどのへんで玉砕したかも教えていただければ幸いです。

※音読する際は周囲に人がいないことをご確認下さい(笑)。
[PR]
by overdope | 2009-02-21 12:28 | 小ネタ
死ねや、愛韓男
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_22113957.jpg
1 :喫茶-狼-φ ★:2009/02/18(水) 09:16:54 ID:??? ?2BP(222)

【から(韓)くに便り】ソウル支局長・黒田勝弘 日本アジア鉄道の夢よ

2月18日8時3分配信 産経新聞

 日本に行って新幹線に乗ったという韓国のお年寄りが「日本では『のぞみ』が走っているんだねえ。実に懐かしかったねえ」という。何のことかとっさには分からず「えっ、どうしました?」というと、実は戦前、日本統治時代の朝鮮半島でも「のぞみ」が走っていたのだという。
 戦前の鉄道時刻表を調べてみると、確かにあった。南端の釜山から朝鮮半島を縦断し、中朝国境を越えて旧満州の新京(現・長春)まで走る特急列車が「のぞみ」となっている。いや、よく見ると「ひかり」もある。
 当時の時刻表によると「東京・新京間、2867・5キロ、所要時間・54時間36分」となっている。さらに途中の奉天(現・瀋陽)から北京につながる列車の時刻表も出ている。
  日本の高速鉄道・新幹線の「ひかり」や「のぞみ」は、実は昔、同じ名前の列車が朝鮮半島から中国大陸に向け走っていたのだ。そのことを戦後派のぼくは最近まで知らなかった。しかし「ひかり」や「のぞみ」が戦後、新幹線としてよみがえった時、日本の鉄道界ではこのことが意識されていたのだろうか。
 新幹線に「ひかり」や「のぞみ」と命名した人たちはその歴史を当然、知っていたはずだ。
ここから韓国の高速鉄道の話になる。
 韓国高速鉄道は「KTX(コリア・トレイン・エクスプレスの略称)」という何の変哲もない名前だ。列車に「ひかり」や「のぞみ」といった愛称もない。ぼくのような鉄道好きにとっては、なぜ「アリラン」と命名されなかったのか今でも不満だが、それはともかく、今でも残念なのは韓国の高速鉄道が日本の「シンカンセン」を導入しなかったことだ。
 KTXは1980年代末の盧泰愚政権時代に計画され、金泳三政権時代の1994年、フランスの高速鉄道TGV(テージェーベー)と契約、2004年に部分開通した。しかし始発のソウル付近と終着の釜山付近は在来線を利用しており、さらに大邱から古都・慶州や蔚山を経由する本来の新ルートはまだ建設中で、11年にならないと開通しない。
 ぼくはKTXに初めて乗った時、どこか安心(?)したことを覚えている。日本人としてフランス製TGVへの対抗心からだ。乗ってみて、ちゃちな感じのいかにも軽量で、狭くて窮屈な決してよくない乗り心地に「これじゃ新幹線の方が上だ」と実感した。
 座席の方向が固定されていて、乗客にとっては後ろ向きに走ることにもなるなど、不親切には驚いた。開通後も時間の遅れなどトラブルが相次いだ。そのたびに「日本の新幹線にしておけばよかったのに…」と思ったものだ。
 韓国は技術移転や借款など好条件のTGVを選択したのだが、当時の日本の消極姿勢は今思いだしても痛恨だ。とくに日本政府は何もしなかったに等しい。 「また日本(新幹線)になったら何をいわれるか分からない!」という反日感情への過剰な気遣いなど、まったく腰が引けていた。
 韓国の鉄道は100年以上、日本システムで運用されてきた。今さらなぜフランスなのだ? 日本は世界に誇る経験と信頼の新幹線を「韓国のために」なぜ自信をもって強力に推さなかったのか。
 KTXは最近また、建設中の慶州回りの新路線で敷設済みコンクリート枕木15万本が不良品とわかり大騒ぎになっている。「新幹線にしておれば…」の思いは強い。


ソース : 【産経新聞】【から(韓)くに便り】ソウル支局長・黒田勝弘 日本アジア鉄道の夢よ[02/18]【東亜N+】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2007年には「高速鉄道として世界初の正面衝突事故」という大偉業を成し遂げ、最近は「ケンチャナヨ枕木」が発覚して大騒動になっている劣化TGVのKTXだが、産経黒田氏はその導入時期に日本がなぜもっと積極的に新幹線を売り込まなかったのかとおっしゃる。
 管理人は「韓国が日本の新幹線よりTGVを選んでくれたおかげで新幹線に法則発動しなくて良かった」ぐらいにしか捉えていなかったのだが、エラ通信 ◆0/aze39TU2さんが黒田さんにかみついてたのでスレの流れを追ってみた。
 あらゆる分野に精通するエラ通信さんならではだが、KTX導入時の裏事情について詳細を明らかにしている。 これらを読む限り、韓国への新幹線技術の供与が現実として絶対に不可能であったことが伺われる。 韓国側の論理はあまりに異常。 我々は今一度、不幸にも世界一のタカリ国家の隣に位置していることを自覚すべきだろう。
 それにしてもKTX、座席の向きすら変えられないとは・・・あまりに酷すぎて言葉もない。
 一方で日本の新幹線技術は台湾に続いてベトナムや米国・カリフォルニアでも導入される可能性が出てきた。 それもこれも新幹線の高い技術ゆえだろう。
 台湾新幹線の誕生にはエピソードがある。 元々TGVが採用されることが決まっており、軌道敷設や運行管理まですべてフランス・ドイツ主導で行われていた台湾高速鉄道だったが、1998年の台湾大地震の発生の際、いち早く被災地入りした日本の救助隊や医療チーム、さらには迅速に届けられた官民の援助物資に台湾の人々が感動し、改めて地震に強い新幹線の利点が再評価されたことなどもあり、3か月後に一転新幹線の逆転受注となる。
 当然のことながら、突然契約を反故にされた側のフランス・ドイツは激怒。 紆余曲折の末、最終的に「車輌は日本、配電・制御は欧州、土木工事は国際入札」という変則的な契約になり、日本の新幹線が逆転受注する以前からその土木工事に食い込んでいたのがケンチャナヨ建築を誇る韓国企業だったからさあ大変(笑)。 韓国企業が担当した区間の各所で杜撰工事が次々発覚し、当初2005年10月を予定していた台湾新幹線の開業は遅れに遅れ、結局2007年1月までずれ込んだ。
e0064858_085771.jpg
 また、台湾新幹線はその開業許可の条件として「試験走行で一ヶ月間の無事故」というハードルを自らに課しており、その試験運転の期間中「フランス人」が運転する試験車両が脱線事故を起こしたりしている。 あの新幹線を脱線させるとはさすが「ヨーロッパの韓国」フランス。 サボタージュ以外の何物でもない。
 ちなみにこの間たびたび延期された開業について「いつ開業?台湾新幹線 延期3回目、迷走続く」と書き綴ったのは、日本と台湾の友好を苦々しく思っていた支那の走狗・朝日新聞である。
e0064858_2212751.jpg
 ちなみにケンチャナヨ枕木の原因は、韓国が漢字を捨て去り、偉大なる犯狂(ハングル)しか読めない文盲国家になってしまったからのようである(笑)。 斜め上すぐるwww

【韓国】KTX欠陥枕木問題は、製造業者が設計図の「防水」を「水を減らすこと」と誤解したのが原因 [02/17]【東亜N+】

エラ通信 ◆0/aze39TU2さんのレスを中心に2ちゃんねらーの反応を見る
[PR]
by overdope | 2009-02-19 00:49 | マスゴミ
管理人の独り言 2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_023030.jpg
中川氏を直撃「妻から叱責された」ヘロヘロ答弁の真相

夕刊フジ独占インタビュー


 辞任を表明した中川昭一財務・金融相は16日、夕刊フジの単独インタビューに応じ、前代未聞の醜態をさらしたことへの謝罪・反省をはじめ、飲み過ぎたという風邪薬などの中身や深酒伝説などについて赤裸々に語っていた。

--あの記者会見はひど過ぎる
 「国民の方々に本当に申し訳ない。日本を代表して世界の最高実務者会議に出席し、きちんと日本としての意見を述べてきたつもりだが、総仕上げの記者会見であのようなことになってしまった。しかし、あれは酒が原因ではなく、風邪薬などを多く飲み過ぎたことが原因だ」

--ニュース映像は見たのか
 「チラっとは見たが、すべては見ていない。怖い気がして…。帰国してすぐ妻に電話した際、『あなた、大変なことになっているわよ』といわれ、内容は聞いた。厳しく叱責された。情けない」

--全世界に配信され、「日本の恥」とか「国益を損ねた」と言われている
 「本当に申し訳ない」

--改めて、確認したい。今回の外遊ではどのくらい飲んだのか
 「すべてを話そう。まず、ローマ行きの飛行機で寝る前にジントニックを3、4杯飲んだ。13日夜、G7メンバーとの夕食会では赤と白のワインを1杯ずつ。その後、(時差ボケ解消もあり)就寝前に打ち合わせをしながらジントニックを2、3杯飲んだ。ただ、G7本会合があった14日は昼食に出たワインを口に含んだだけ。記者会見前には絶対に飲んでいない」

--風邪薬などの飲み過ぎが原因だと説明していたが
 「1月にひいた風邪がずっと治らない。金融危機や国会対応で睡眠時間2、3時間の日が続いている。1泊3日の強行軍、ローマは気温0度前後で悪寒がした。熱も37度以上はあったろう。世界銀行のゼーリック総裁もゴホゴホしていた。13日夜と14日朝と同日昼、主治医にもらった風邪薬と解熱剤、抗生物質をいつもの2倍飲んだ。それ以外に、腰痛の鎮痛剤も朝昼晩と1錠ずつ飲んでいた」

--いつも、そんな無謀な薬の飲み方をしているのか
 「いつもはしない。『G7本番だ。治さなければ』と思った。それが間違いだった。主治医も帰国後、『(あの薬を多量に飲むと)血圧が下がり、眠くなる』と話していた」

--G7会合でも体調はおかしかったのか
 「14日朝はスッキリと目覚めた。同日午前に始まったG7会合は大丈夫だった。頭もさえていたし、各国代表らと激しい議論を戦わせた。ところが、同日午後の日露財務大臣会談あたりから、フラフラときていた。『薬のせいだ』と直感した」

--同行の秘書などに伝えたのか
 「話していない」

--中川大臣は深酒にまつわる失敗談・武勇伝をよく聞く。永田町では「今回もまた…」という認識が広まっている
 「今まで、いろいろあった。前科があるから…。それは反省している。ただ昨年、財務相兼金融担当相に就任して以来、公務中に麻生太郎首相から『酒を飲んでいるな』といわれたら、即辞表を出す覚悟でやっている。今回は違う。風邪薬などと疲労だ」

--内閣支持率にもダメージだ
 「麻生首相や河村建夫官房長官に『ご迷惑をかけて申し訳ない』とおわびした」


http://www.zakzak.co.jp/top/200902/t2009021740_all.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 島国根性なのか、日本人(特にマスゴミ)っていうのは海外の評判を異常に気にする習性がある。 日本がどう思われているか?ってことをいつも気にしてる。 だからこそ、「オバマ大統領が就任後に麻生首相に電話したのが17番目で遅かった。 日本は軽視されている」と報道し、クリントン国務長官がかつて書いた論文に米国と中国との関係を最重要視する内容があると、これまた「日本は蚊帳の外」的報道がなされる。 一方で今回のように同国務長官が就任後最初の訪問国に日本を選び、最初にホワイトハウスに招待するのが麻生首相となると、今度は「米国はやはり日本との関係を最重要視している」と胸をなでおろす。

 アホかと、バカかと言いたい。

 たしかに今回の中川(酒)のG7後の会見は酷いものだった。 本会合終了から約2時間後の会見であり、あそこまで酩酊?できるほど酒を飲める機会すらなかった当日の状況を考えれば、やはり薬の過剰摂取が原因だろうと思われる。 同日の昼食時に口にしたワインと、その後摂取した薬、さらには強行日程による疲労など、さまざまな要因が重なったのだろう。
 ただ、原因がどうであれ、会見の席でああした姿を晒したことの言い訳にはならない。 今日、ひとつの映像が一度配信されてしまえば、それはすぐに再配信され、複製、加工を繰り返し、時にはMAD化し、瞬時に世界中に拡散する。 ゆえに政治家のみならず、すべての公人(時には私人も)はメディアというものに対して注意深く振る舞う必要がある。
 そういう意味で、あの会見は最悪だった。 理由はどうであれ。

 テレビでは中川(酒)の辞任を伝えるニュースが流れている。 曰く、帰国後すぐに辞めるべきだった。 曰く、世界に日本の恥を晒した。 曰く、首相にも任命責任がある・・・等々。
 いずれもごもっともな意見だ。 何を喋っても最後は「だと思います」で結んでしまう台本棒読みのニュースキャスターや、元実況中継屋のアンカーは興奮気味に中川(酒)を叩く。 まさに今日本中から袋叩きにあっているかのような状況のなか、唯一(酒)の地元の北海道の方々からは辞任を惜しむ声も聞かれた。 やっぱり故郷っていいな(笑)。
 「世界に日本の恥を晒した」 確かにそうかも知れない。 しかしまた一方で、この映像が、万物が流動性を失い袋小路で行き詰ったこの世界のあちこちに少なくない笑いを届けたのなら、自嘲気味に誇ってもいい。 少なくとも、当時の山一証券社長の号泣会見の映像のイメージとともに伝えられた90年代のバブル崩壊の頃からすれば、今回の朦朧会見に「日本人もずいぶんと話せるようになったもんだ」と思った人もいるだろう。
 あくまで個人的な意見だが、「世界に日本の恥を晒した」と本気で思ってる人はあまり国際感覚がない人だろうと思う。 そりゃあ日本にダメージがあったことは確かだが、少なくとも海外では所詮何日かすれば忘れ去られるようなお笑いネタに過ぎなかった。 一時円安に振れた為替でさえもう元に戻りつつある。 それを真に受けて必要以上に大騒ぎした野党や愚民に抗いきれず、(酒)を守りきれなかった麻生首相。 忸怩たる思いだろう。

 肝心の本会合では日本がその豊富な外貨準備高のなかからIMFに約1000億ドル(約9兆円)を拠出することを表明し、IMFのシュトラウス・カーン専務理事より「人類の歴史上、最大の貢献だ」との謝意を表明されている。
 日本が便利な「世界のATM」になる必要はないが、現状使える「武器」で国際社会にポジティヴな役割を果たすことは、日本同様莫大な外貨準備高を保有する支那にそうした意識がまったくない以上、なおさら重要である。
e0064858_2359597.jpg
http://72.14.235.132/search?q=cache:F89-zTrkWIUJ:www.jiji.com/jc/c%3Fg%3Dpol_30&hl=ja

 もっともこれは時事電お約束の意訳であって正確なものではなさそうだ。 そのせいか、記事も「いつの間にか」差し替えられている。
e0064858_23584623.jpg
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date1&k=2009021400138

 ネットでは(酒)が辞任したからその功績も抹消されたとの見方もあるが、それは勘ぐり過ぎだと思われる。 単に時事通信がアホなのだ。 AFPに原文らしきものがあった。 時事とAFP、それぞれの記事のソースが専務理事の会見要旨のペーパーなのか、口頭での会見の聞き取りなのか詳細はわからないが、時事電が記事を差し替えたことがAFPの記事の正確さを証明している。 どうやら時事電は専務理事の二つのコメントを「合成」したようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
"This loan is the biggest loan in the history of mankind," he said, signing alongside Japanese Finance Minister Shoichi Nakagawa.
Strauss-Kahn said: "This commitment is the single-largest supplemental financing contribution by an IMF member country ever, and it clearly demonstrates Japan's leadership and continuing commitment to a multilateral approach to global economic and financial challenges."

 「この貸し付けは、人類史上最も大きい貸し付けである」と彼が言った。 そして、日本の中川昭一蔵相と並んで署名した。
 シュトラウス・カーンは以下のように述べた。 「この関与は、IMF加盟国による単一では最大の追加的金融貢献であり、それはグローバル経済と金融が試みる多国間協調に日本のリーダーシップと継続的な関与を明確に示すものだ」 (管理人による抄訳/一部抜粋)

http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5jROjJUX2J-JDW_29jU1T3M8K8nYg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 マスゴミは(酒)の財務相としての最後の仕事となったG7での仕事についてももう少し正確に伝える努力をすべきだろう。 少なくとも袋叩きするのと同じくらいの情熱をもって。

 それから、あの状態の(酒)を、その健康状態すら気遣うこともせず会見の場で20分間も晒し続けた秘書官、財務官僚、同行記者団の感覚はまったく理解できない。 もしあの会見が「国益を損ねた」というのならこいつらもみな同罪だ。
 その姿はまるで、逮捕から2日後、郡拘置所へ移送される時に、テレビカメラとフラッシュの閃光が瞬くダラス警察の地下に引っ張り出されて「予定通り」至近距離からジャック・ルビーに撃たれたオズワルドみたいですらあった。 例えは悪いが、四面楚歌。

 最後に、(酒)へ。

 お疲れ。 今後はあのくらいの酒で飲まれないようもっと肝機能を高めて頑張って下さい。 たぶん今頃「ハイランダー」で首相と反省会の真っ最中なんだろうけどw
 あっ、今夜はヒラリーが泊まってるから無理か。


Being Japanese means always having to say you’re sorry 【FT Alphaville】
 「日本人であることはいつも謝罪の弁を述べなければならないということ」だって・・・。 タイトルはシニカルだけど(酒)には同情してて、むしろ(酒)のあのていたらくを予想し、映像を撮影していたカメラを非難している。

日本語訳の記事ありました。
日本人だということ、それは常に「ごめんなさい」を言わなくてはならないこと――フィナンシャル・タイムズ


追記(2/19)

 皆様、コメントありがとうございます。
 前回の「管理人の独り言」に続き、ふたたびこちらにて失礼いたします。
 「世界に恥を晒した」と言われている(酒)。 確かにあれは恥ずべき行為、醜態でした。 ですが、恥とは何でしょうか? この世界にはもっと恥ずべき存在が跳梁跋扈しています。 少数民族を虐殺しているくせに平気でサミットや国連に登壇してくる某支那の総書記。 自国民が飢え死にしかかっているなか核兵器を開発し、拉致した人質の生存すら否定する北の将軍様。 もはや国家の存在そのものが恥である日本の隣国等々、日本の周りだけ見ても枚挙にいとまがありません。 そういう「恥」に比べれば、あんな酩酊会見など武勇伝のひとつに数えてもいいぐらいでしょう(笑)。
 もしかしたら麻生政権はそう長くないのかも知れませんが、今この時期のマスゴミ各社の報道姿勢や、にわかに旗幟を鮮明にし始めた自民党内の売国分子どもの立ち居振る舞いをよーく記憶しておこうと思っています。 いつの日か小欄で筆誅を加えるべく・・・。
[PR]
by overdope | 2009-02-18 01:51 | その他
Onishi Talks About BURAKU
e0064858_1293838.jpg
   Japan’s Outcasts Still Wait for Acceptance 【The New York Times】

 元記事は「野中広務がトップリーダーとして頂点にのぼりつめていたとしたら、それは日本にとって、最初の黒人大統領をアメリカが選んだことと同じくらいの重要なものになっていただろう」という書き出しから始まる。
 しばらくオオニシスレが立たないなあと思い、NYTを見てみたら、1月15日付で売国奴・野中広務について記事を書いていた。 テーマは「部落」。 NYTの読者が日本の部落問題にどの程度関心があるのかはまったく不明だが、市原の朝鮮部落出身のオオニシとしては是が非でも取り上げたいテーマなのは間違いない。
 記事中でオオニシは、かつて首相の座にのぼりつめようとした野中が、その出自がもとでそれが叶わなかったとし、いまだその真偽すら定かでない麻生氏のいわゆる「部落発言」を紹介している。 記事はおそらく魚住昭の「野中広務 差別と権力」をベースにかかれており、後に麻生氏が発言を否定したことにも触れているものの、日本において存在自体がタブーとされる部落問題にスポットを当てたいがため、そして現首相である麻生氏にレイシストのレッテルを張りたいがためのものであろう。
 そして記事の最後は、アメリカ初の黒人大統領バラク・オバマの誕生を引き合いに出しながら、部落出身の龍谷大学の教授の言葉を借りて、部落出身の首相誕生への期待を覗かせる内容。
 もちろんオオニシ節も健在だ。 文脈からすればいかにも唐突に「韓国」を持ち出し、「韓国だけはOutcasts(賤民)がいない」と説く(笑)。 一体なぜにここで「韓国」なのか? 反日記事のなかでそれほどまでに韓国の「優位性」を説く意図とは? とにかく自分がペンを振るう時はなにがなんでも韓国マンセーというのがオオニシの平壌運転なのだろう。
 以下、当該部分の記述(管理人抄訳)である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Yet nearly identical groups of outcasts remain in a few other places in Asia, like Tibet and Nepal, with the same Buddhist background; they have disappeared only in South Korea, not because prejudice vanished, but because decades of colonialism, war and division made it impossible to identify the outcasts there.

 いまだ賤民とそれに類する集団が(日本と)同じ仏教のバックグラウンドをもつチベットとネパールなどアジアのいくつかの地域に残っている。 一方でそれらが韓国においてのみ消え去ったのは、偏見が消えたのではなく、数十年の植民地支配、戦争と分断が彼らを特定することを不可能にしたからである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 オオニシにとっては母なる国なのに、差別大国韓国の現状認識があまりに疎かと言わざるをえない。 偉大なる日帝様のおかげで制度上はなくなったものの、両班から白丁に至る階級差別の残滓はいまだ強いし、ウリ(我々)とナム(他人)の差別、封建的な男女差別、不美人差別、身障者差別、外国人差別など、ありとあらゆる差別が生活に密着している国が韓国なのだが、これを読む限りまるで韓国には差別が存在しないかのようだ。 その一方で、なるほど、国じゅうみんなが賤民の場合はなー(笑)、などと思いつつ・・・。
 ただ、記事の内容にこれまでのように苛烈な日本叩きのトーンは影を潜め、やや不気味な印象である。 むしろ管理人が注目(耳)したのは元記事の音声配信でオオニシの肉声(電話の向こうの声)が聴けることである。 オオニシはNYから電話インタビューしている同僚から「ノリ」と呼ばれている(笑)。 ちなみに「ノリ」はオオニシの母国語では「遊び」を意味する。
 受話器の向こうから聞こえてくるくぐもった声は、まるで生姜のそれのように抑揚のないもの。 送話口はさぞかしキムチ臭いことだろう。 生姜同様、この一見クールな声が火病発症とともに豹変するところも是非聞いてみたいものだ。 オオニシの肉声に興味がおありの方は元記事にてご確認下さい。
[PR]
by overdope | 2009-02-16 20:18 | またオオニシか!
まーたウリカトル図法か(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_13295419.jpg
1 :ちょーはにはにちゃんwφ ★:2009/02/12(木) 12:07:26 ID:???

ネチズン、「国内向けポスターと違う」と指摘

 日本映画『ブレイム:人類滅亡2011(邦題=感染列島)』のオリジナルポスターと、国内用(韓国用)ティーザーポスターで、鬱陵島(ウルルンド)、独島(ドクト)の有無を巡り、ネチズンの間で話題を集めている。
 『ブレイム:人類滅亡2011』のティーザーポスターが、日本のオリジナルポスターと違うという指摘がネチズンによって申告されている。日本のポスターには、東海(トンヘ=日本海)には何の島も表示されてなく、国内用のティーザーポスターには鮮かに独島と鬱陵島が描かれている。
 また、ウイルスの感染によって黒く焦げた日本列島と、確実に区別されるほど独島が表現されている。
 オンラインでのみ公開されたティーザーポスターを見たネチズンは、韓国と日本のポスターを比べ、「中が全部スッキリしている」、「我が国の隣には独島があるのが普通だ」などの反応を見せた。一部のネチズンは、「日本は何を考えてこの様に作ったんだ」と問い返した。
  映画の関係者は、「国内のポスターで独島は地図の縮小の割合で計算した際、実際よりも大きく描かれている」と言いながら、「独島を愛する我が国の国民の心を込めて絶対に入れたかった」と明らかにした。続けて、「実は韓半島(朝鮮半島)のサイズも少し大きくし、済州島(チェジュド)も入れようとも思った」と付け加えた。

 『ブレイム:人類滅亡2011』は、全人類を脅かす致命的なウイルスと人間の死闘を描いた作品で、公開予定は26日。

ソース:NAVER/CBS=ノーカットニュース映画チーム(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=079&aid=0002031424

ソース : 【韓国】日本映画『感染列島』のオリジナルポスターに独島が無い[02/12]【東亜N+】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 TBS、東宝、電通、MBS、ホリプロ、CBC、ツインズジャパン、小学館、RKB、朝日新聞社、HBC、RCC、SBS、TBC、Yahoo! JAPANら売国企業や売国マスゴミが総力を挙げて製作した映画「感染列島」ですが、今度は韓国ネチズンがオリジナルの日本のポスターにまで粘着してきた模様。
 既に韓国国内の配給元が「ポスターに臨場感を吹きこむために二つの島を追加した。 国内封切りを控えて韓国民の情緒も考慮した」とポスターの画像を改竄したことを認めているこの一件。 そのなかで異常拡大させた鬱陵島を描き、さらに日本の領土である竹島をも妄想拡大してそのすぐ横に配置。 さらに対馬を消去したかと思えば、在日の故郷・済州島は「入れようと思った」と語ってるわりには放置し、雲の下に隠れたままである。 これは韓国にとって「在日=棄民」であるというメッセージと見ていいだろう。
 そもそもこのイラストのようにこの地域を宇宙空間から眺めた場合、鬱陵島など見えるはずもないのだが、なんと佐渡島より大きく描かれている(笑)。 竹島についてはツッコミ入れるのさえアホらしい。 「韓国人の領土コンプレックス、ここに極まる」といった感じである。 この地域のリアルな姿は以下のようなもの。 鬱陵島などほとんど見えない。
e0064858_1330255.jpg
 とはいえ、日頃「対馬もウリたちの領土ニダ!」と声高に主張している韓国人が、その対馬を消去するというのはどうも解せないと思ってたのだが、その理由が判明した。 どうやら対馬は元記事にもあるように超賤犯島を「膨張」させる過程で邪魔になったようなのだ(笑)。 詳細は以下「2ちゃんねらーの反応を見る」にて。
 対馬の方々はこの先もこうした生き物を島に受け入れるのだろうか?

2ちゃんねらーの反応を見る
[PR]
by overdope | 2009-02-12 22:53 | 哀韓
Yahoo!の日韓対決10番勝負、アンケート結果を受けて5番で消滅の巻
                  (画像はクリックで拡大します)
e0064858_954122.jpg
http://promotion.yahoo.co.jp/tour2korea/jvsk/index.html (現在リンク切れw)

 こんなブログやってるにも関わらず、管理人は消される前にその存在に気づくことができなかったのだがorz、残されている画像から見る限り超ド級のお笑い企画だった模様なのがYahoo!の「日韓対決10番勝負」。
 そもそも「10番勝負」を試みたにも関わらず、アンケート結果でいかに韓国が嫌われているかが判明して「5番勝負」で企画自体が打ち切られて「韓国体験記」に名称変更され、今ではそのページすら抹殺されている(笑)。 それにしても無残すぐるwww
 だいたい一番上のタイトルバナーにしても、「日韓対決」と銘打ったわりに属国旗だけで日の丸はなし。 しかも戦ってる二人が来ているのは劣化コピー空手の道着。 なにが「日韓対決」なのか? 単なる韓国マンセー企画でしかないのは明らか。
 しかも日本と韓国を比較しているイラストだが、明らかに意図的に日本を貶めている。 日本側のキャラが一様に冴えない顔なのに対して韓国側のキャラは笑顔満開(笑)。 もはや印象操作という言葉を使うことすらはばかられる一方的な韓国マンセー。 さすが朝鮮ポータルのYahoo!ではある。
 他人が箸をつけた食べ残しのキムチをどっさりもらってもキモいだけだし、別にカップルでサウナに入って汗だくになりたいとも思わん。 まあ韓国人はそのまま強姦に移行するんだろうけど。
 また、お土産に関してもイラストを見る限り、JINROに韓国の劣化海苔に寄生虫キムチにキーホルダー?。 いずれもカネ積まれても欲しいとは思わんが、糞在日が巣食ってるせいで日本全国どこでも手に入る。
 「カフェを堪能」って韓国にカフェ文化などないし。 ここ数年、ようやく日本のを劣化コピーしてカフェができてる程度であり、そもそも韓国人にコーヒーの味などわからない。 コーヒーの文化に関していえば100年遅れてると思う。 「こだわりソファー」つーのもホントにホントに意味不明。 クッションの中にウレタンフォームやフェザーじゃなくフリーズドライした寄生虫キムチでも入ってるってことなのだろうか?
 最後の焼肉に関しても単に大きなお世話。 肉ぐらい俺様の好きなように焼かせて好きなように食わせろよというのが日本流。 そもそも「縄張り争い」などと二人が肉をめぐって争ってるようなイラストを提示しておきながら、韓国側のイラストは一人で食べており対立の構図が生まれようがない。
 以前のエントリーでも示したようにプルコギは決して美味い食べ物ではないのである。 そんなもの食うのであれば、これを食った方がよっぽどマシだ。

 http://airyakiniku.cosaji.jp/
 空腹時のご利用はお控え下さい。 危険です。

 それにしても、いくら母国のひっ迫した経済状況を救うためとはいえ、こんな笑撃の企画ブチ上げておいて早々に自爆して逃亡とは・・・。 祖国愛に溢れた同胞社員が大勢いるんでしょうね、Yahoo! Korea Japan。 さすが損さん。
[PR]
by overdope | 2009-02-11 11:24 | 笑韓
環境テロリスト、逃亡(笑)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_1111221.jpg
 南極海で日本の調査捕鯨船への妨害活動を繰り返していた米環境保護団体「シー・シェパード」は9日、抗議船スティーブ・アーウィン号の燃料が尽きたため、オーストラリアの港に戻るとウェブサイトで発表した。
 次の捕鯨シーズンは11月末から来年3月末まで。同団体は「日本の捕鯨船のスピードに対抗できる船を用意して(次のシーズンに)南極海に戻る」としている。
 シー・シェパードの抗議船は昨年12月下旬、日本の調査捕鯨船に液体入りの瓶を投げ付けたほか、今月に入ってからは船体を何回も日本船に衝突させるなど妨害活動を激化。日本の水産庁は「非常に危険な暴力行為」として非難していた。
 昨年12月初め、オーストラリアから出港した抗議船は、給油のため一月に同国に帰った後、再度南極海に戻っていた。(共同)

ソース : 「今季の捕鯨妨害終了」 シー・シェパード【MSN産経ニュース】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 シー・シェパード×アニマル・プラネットの南極海ロケがクランクアップしたようである。
 シー・シェパードにとって今回のロケの唯一の目的はもちろん日本の調査捕鯨を妨害することなどではない。 アニマル・プラネットの連中に「いい画」を提供してやることである。
 今回もインチキドキュメンタリーにふさわしい糞脚本どおり、本来ただ日本の捕鯨船をストーカーしているだけの平板なストーリー展開に変化をもたせるため、時折接近して酪酸を投げ込み、ゴムボートで近づいて乗り込もうと試みたりしていた。 しかし、日本の捕鯨船が装備していた長距離音響発生装置(LRAD)に手を焼いて接近することもままならず、仕方なくスティーブ・アーウィンの艦首を第3勇新丸にぶつけ、接舷しているうちに鉄砲玉を乗り込ませようというプランだったようだが、第3勇新丸が侵入防止用?に張っていたネットが邪魔になってそれもできず、最後はロープを投げてまで何とか必死に乗り移ろうとしたがこれも失敗。 もし成功していたら、また「船員が日本の捕鯨船に拉致された」とステートメントを出したのであろう。 去年と同じやりくちでまったく進歩がない。 この動画を見られた方も多いはず。

 ビデオ:スティーブ・アーウィン号が第3勇新丸に衝突した【鯨研】
 http://www.icrwhale.org/eng/090206SS2.wmv

 同じ衝突時の映像だが、衝突された第3勇新丸のクローズネスト上からの撮影映像である。 こちらの映像を見ると衝突の衝撃がいかに大きく、危険な状況だったかがよく判る。 またシー・シェパードの鉄砲玉が第3勇新丸に乗り移ろうと試みている姿がはっきりと捉えられている。 衝突時に第3勇新丸の左舷船尾ブルワークにいた船員はよく海に転落しなかったものだとあらためて思う。

 ビデオ:2009.2.6 スティーブ・アーウィン号が第3勇新丸に衝突した(Part.2)【鯨研】
 http://www.icrwhale.org/eng/090206SS3.wmv

 まあそれでもシー・シェパードとすれば今回のロケのラストを飾るにふさわしい派手な「画」は撮れた。 パタゴニアらスポンサーへの訴求力も高い。 実際日本の調査捕鯨はこうした妨害にも関わらず粛々と行われているのだが、連中はそうした事実はスルーし、アニマル・プラネットを通じて「いかに自分たちが鯨を殺させなかったか」を視聴者やスポンサー企業に懸命にアピールするのだろう。 つまり連中の目的は「連中が連中であり続ける」というその一点のみ。 反捕鯨なんかどうでもいいのだ。
 ちょうど9日に水産庁長官がオランダの駐日公使を呼びつけ、スティーブ・アーウィンの船籍剥奪を要求したようだが、奇しくも同じタイミングで「燃料切れ」のため逃亡。 この因果関係はわからないが、元々反捕鯨などには興味のないシー・シェパード。 この先日本の調査捕鯨船団が何頭の鯨を捕獲しようがどうでもいいのだろう。
 さて、記事によれば、オーストコリアの環境保護活動家でドキュメンタリーの撮影中にアカエイに刺されて死んだマヌケの名を冠した糞船はオーストコリアの港に戻るようである。 だとすれば前回給油のために立ち寄ったタスマニアのホバートである可能性が高い。
 タスマニア島にはかつて50万人のアボリジニが住んでいたが、入植してきた白人はアボリジニをハンティングの対象とし、四半世紀の歳月をかけて皆殺しにした。 当時の狩りの記録にアボリジニは「匹」でカウントされていた記録が残っている。 最後の生き残りは岩だらけの孤島・フリンダーズ島に全員移住させて餓死させている。 タスマニア・アボリジニは完全に絶滅した。 或る意味、シー・シェパードにもっとも相応しい寄港地であろう。
 さて、このシー・シェパードを全面支援しているのがオーストコリアである。 支那の犬ラッドは日本の調査捕鯨中止を公約として掲げて首相になり、環境相のポストに据えたのは元グリーンピース理事のピーター・ギャレット。 「ギャレットはレイフと元広島のだけでたくさんだ」などと言ってもお若い方にはさっぱりわかるまい・・・。
 話がそれたが、オーストコリアがオーストコリアと呼ばれる所以はこうしたテロ支援国家であることに加え、マスコミまで媚中反日で、21世紀の今日いまだに白人至上主義の人種差別主義がまかりとおっている点である。 管理人も差別と朝鮮人は大嫌いだ。 敬愛するテキサス親父がそんなオーストコリアマスコミの姿を赤裸々にした動画があった。 


 そういえばさっきニュースでオーストコリアらしく放火が原因で山火事が広がってるとか。 日本はこういう時に速攻で救助隊とか派遣して国家の品格の違いを見せつけておくという手もあるが、ちょっと嫌味かな(笑)。 まあオーストコリアという土地はそう遠くない将来完全に砂漠化するんだろうけど、その時にはアボリジニの末裔以外の難民は当然拒否だな。
 カンガルー殺し(動画グロ注意)はオーストコリアの文化です。 尊重しましょう。


[PR]
by overdope | 2009-02-10 02:09 | その他