This blog is for all yarisugi people.    時には格調高く、いつもは品性のかけらもなく。
by overdope
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 韓 国 の 皆 様 の 犬 H K
カテゴリ
マスゴミ
またオオニシか!
極東3バカ+1
笑韓
呆韓
哀韓
殺韓
しお韓
多韓
Oink
法華
売国奴
小ネタ
その他
管理人
ココについて
Hall of Shame
号外
以前の記事
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
散歩道
諸葛川
虹の螺旋
ファビョリズム
韓国のホームページをのぞ...
アリエスの雑記帳
最新のトラックバック
野球選手 文相勲(ムン・..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
☆文部省推薦 「暴れる韓..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
イチローと一郎、そのほか
from アリエスの雑記帳(キ印良品)
朴三寿(ネット渾名です)..
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
やっぱりね(w
from とっちのブログ
偽物オリンピック
from 朱雀式
韓国・狂気のデモ ~まと..
from 朱雀式
竹島「領有」表現避ける、..
from 湘南のJOHN LENNON..
所詮私はミーハ-です。 ..
from 突撃一番 ★ 愛国ヴォラン..
ロ○テも所詮半島企業って..
from とっちのブログ
チベット状況4/19
from チベットnews
FREE TIBET   
from 中野 馨一が創る 外構、庭造..
このチベットの話は本当な..
from とっちのブログ
イ・ホソン 野球が流行っ..
from 今、何が流行ってるの?
イ・ホソン 野球は、サイコゥ
from ナニがあったかな?
朝日はいい加減に犯罪者の..
from とっちのブログ
ノムのせいで…
from ファビョリズム
日本の携帯電話が高い本当..
from とっちのブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ぽっぽ、害交デビュー
e0064858_22341380.jpg
 また今年もことり事務所から赤紙が届く季節になりました。
 今年の時局講演会のお題は「ダメ。ガッカイ。」だそうです。 管理人もここ4年連続で出征してますが、このところ中将閣下のネタにややマンネリ化を感じているところでもあり、今のところ今年はスルーしようかなと思っています。 ミンス政権誕生できっと今ごろネタの焼き直しに追われていることでしょう(笑)。
 さて巷ではぽっぽがNYの国連総会で外交デビュー。 先ほどの犬HKニュース9ではこのニュースの冒頭でテーマソング?としてフランク・シナトラの「ニューヨーク・ニューヨーク」を流すなど、自民党の首相の時からは考えられないような伝えっぷり(笑)。 日本の新しい総理大臣に注目が集まっているとかホザいてるわけですが、現地では鳩山なんぞ誰もまったく注目しておりません。
 もっとも鳩山が注目されていないというよりは、そもそもアメリカ人にとっては彼らが「US」あるいは「ステイツ」と呼ぶ自らの国が「世界」であり、その広大かつ世界中のありとあらゆる人種のるつぼである国土の中のことで手一杯で、とても他の国のことまで気が回らないというところでしょう。
 「US」という言葉が同時に「我々」という意味を持つのは単なる偶然とは思えません。 アメリカこそが世界そのもの。 そのアメリカを象徴し、縮図でもある都市ニューヨーク。 アメリカ人から見れば、そんな場所に極東の小国から「友愛」を説くこと以外これといって能がなさそうな政治家が、これまた虚言癖のあるエキセントリックなファーストレディを伴ってやって来た、と。
 まあ短命首相の思い出づくりにはもってこい。 せいぜい短い我が世の春を満喫してきてくれ給え。 ただし国連演説や首脳会談で妙な言質取られるのは勘弁な。


http://www.torihada.com/
[PR]
# by overdope | 2009-09-22 22:50 | 売国奴
上杉 隆、崩壊
 昨夜は友人たちと朝方までヤケ酒飲んでまして・・・理由はもちろん連日のように伝えられる亡国政権のニュースからひたすら距離を置きたいということだったんですが、友人のなかにも今回の選挙はミンスに入れたという人もいて、世の中そんなもんかと余計に酒がまずくなった次第。
 管理人の場合、自分の身内はともかく、いくら友人とはいえ他人様にまで特定政党への投票を薦めたりすることはなく、ましてや強要したりなんてことは自分の主義に反するので、こうした飲み会で政治の話になった時にはただ自分の主義主張を述べるにとどめている。 それやっちゃうと某公明党の「投票のお願い」みたいになっちゃうんで。

 与太話はさておき、前のエントリーのコメント欄でforetさんがタレこみしてくださった首相官邸ホームページのトップから日の丸が消えた件。 同時に「天皇陛下御在位20年」の画像も消えてたみたいですが、いずれも現在は復活したようですね。 なぜか最初は魚拓になかった日の丸が復活していました。
 管理人も自社サイト含めいくつかのサイトを運営していますが、「政権交代によるサイトのリニューアル作業中の不手際」というという言い訳はまず有り得ない。 サイトをリニューアルする場合、基本的にローカルの環境でサイトを再構築し、表示はすべて確認したうえでアップするのが当たり前。 そう考えるとこの一件は抗議が殺到して慌てた官邸サイドが泡食って表示を元に戻したということなのだろう。 亡国政権の先行きが思いやられる出来事である。

 http://s03.megalodon.jp/2009-0916-1822-00/www.kantei.go.jp/(変更前)
 http://s02.megalodon.jp/2009-0916-2356-27/www.kantei.go.jp/(変更後)
e0064858_105679.jpg
         官邸側が抗議を受けて?修正する前の画像(クリックで拡大)

e0064858_23313039.jpg
 そのぽっぽ新内閣誕生の功労者の一人なのに、いきなり袖にされて火病発症しているのが自称ジャーナリストの上杉隆氏。 このところ立て続けにテレビ出演し、新内閣の記者会見がオープンにならなかったことに文句たらたら。 事の経緯についてはBirth of Bluesさんのこのエントリーが詳しいのでお読みいただきたい。
 管理人も以前上杉某の著作「官邸崩壊」と「ジャーナリズム崩壊」をブックオフの105円コーナーで買って読んだが、「官邸崩壊」は安倍政権の内幕もので、ドキュメンタリータッチで描いてあるものの、官邸や国会内で直接取材できない筆者ゆえに聞き書きも多く、信憑性には大いに疑問が残った。 一方の「ジャーナリズム崩壊」に至ってはその論旨のほとんどは閉鎖的な日本の記者クラブ制度への怨嗟とか私怨といったもの。 今から読んでみようと思っておられる方がおられたら「その必要はない」と申し上げておく。 時間の無駄だ。
 もっとも上杉某の言うように記者クラブ制度に多くの弊害があることも確かで、フリーの記者や雑誌記者以下なのにも関わらず、新聞社やテレビ局という権威を傘にかなりの低脳や在日記者が紛れ込んでいるのも事実。 政府側にこうした記者を排除する権限はない。
 中川(酒)が財務大臣だった昨年10月17日の閣議後の会見では以下のようなやりとりがあった。 当時けっこう話題になったので覚えている方もおられるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
問) 今回の会見からそちらに日の丸の国旗が置かれるようになりました。これまで財務省の会見室では歴代の大臣の時は置かれていなかったわけですけれども、今回こういう形で会見室に置かれた背景というか、これは大臣のお考えなのかということと、何故今まで置かれなくて、我々というか私としては特に支障はなかったというふうに思うんですけれども……。

答) なかったことに?

問) なかったことですね。それが今回こうやって置かれた理由というのはどういったものなのか、それについてお伺いしたいんですが。

答) 皆さん方ご存じないと思うから過去の経緯を申し上げます。私は1998年、1999年と小渕内閣の農水大臣をやっていた時に国旗・国歌法というものが制定されました。閣議で小渕総理から、役所の公の場には国旗を掲げてもらいたいという総理からの指示がありました。あの時真っ先に掲げたのが、不思議かどうか分かりませんけれども、一番若い郵政省の野田大臣と次に若かった農水の私のところを真っ先に掲げようとしました。あの時は記者会の皆さんもご意見が分れましたけれども、最後は物理的抵抗にあって、体と体が触れ合うような形で総理の指示に従って掲げたわけであります。万が一それが駄目であれば、私は記者会見場を廃止してどこか日比谷公園で記者会見をやろうとまで実は決意をしていたわけでございます。その後農水にはそれこそ当たり前に国旗がこうやって掲揚され、私の大臣室にもございます。経済産業省の方は既に国旗が掲げられておりました。財務省に入ってふと見るとないもんですから何でないんだろうと。あの時の大蔵大臣は宮澤さんだったと思うんですけれども。各省調べたらまだ半分ぐらいがないんですね。半分ちょっとのところに国旗が掲げてあるということで、私は98年当時のあの小渕総理の閣僚に対する指示に従ったということであって、むしろそれをやらなかったということは小渕総理の指示に従っていないというのが私の理解であります。あってもなくっても良かったじゃないかというのはあなたのお考えかもしれませんけれども、ここから世界に発信をする時に日本の財務省の会見室、ここには外国の方もいらっしゃるでしょうし、ここから世界に情報が発信されるわけですから、まさに公の場である財務省の一室の皆さん方にお貸ししている公の場であるという認識で、これは国旗をこうやって掲げているのは当然のことだろうというのが私の認識で、そしてまたクラブの皆さん方にも広報室を通じて、皆さん方も10年前の時と違って真剣に取り組んでいただいて、賛成していただいているかどうかは別にして、こういう形で会見が出来るようになったというのは皆さん方のご協力もあったということで私から御礼を申し上げながら、私にとってはこれで日本の閣僚記者会見になったなというふうな感じを持っております。

問) 会見場は財務省の施設であるというお考えだと思うんですけれども、一方で記者会見というのは財務省の行事というよりは我々記者が財務省の政策をお伺いするということでお願いしているというか、要請している、そういう会見であるというふうに考えているわけです。そういう意味では記者会見というのは色々な方々の意見が、これを聞いた上で考える材料になるというものなのだろうかなというふうに思うんですけれども。そう考えますと国民の中には国旗の掲揚について、違和感を持たれたり反発されている方もいらっしゃると思うんです。そういう意味では非常に中立的な場であるべきというふうに思うわけです。そこはそういう意味では国旗の問題はまだ違和感を持たれている方がいらっしゃる中で会見室に、多分庁舎管理権というのが1つの背景だと思うんですけれども、それで行政の権限で置かれるというのはいささか強制的と言うか、一方的な感じがするんですけれども、それについては如何ですか。

答) 国旗に対して色々なお考えを持たれることは、それは自由だと思います。そういう意味で私は皆様方に国旗を押しつけているのではなくて、先程申し上げたようにここは記者会見場である、財務省の正式の一室である、公の場である。公の場には国旗を掲げてもらいたいという小渕総理の時の指示は、私はまだ生きていると、それを覆す指示は聞いておりませんので。であれば、ここに国旗を掲揚してその場で記者会見その他の公のことをする場所だと思っておりますので、私はここに国旗があるのは必然だろうと。世界中の記者会見場で国旗のない記者会見場は私の知っている限りは知りませんので、個人の好き嫌いの問題は別として、ここに掲げるのは私は指示の上からいって私はそのとおりにやったつもりでありますし、世界的にもこれは自然のことなのではないかなというふうに思っております。

問) 今回少しやりとりをさせていただいて大臣にも多分伝えられていると思うんですけれども、 国旗の設置についてはするべきではないとか、する必要はないという意見もお伝えしたつもりなんです。その意見について配慮していただいているのかどうかあれなんですが、そういった意見がある中で敢えてされるという点については、もう少し配慮していただけないかなと。そういった意見もあるということを踏まえて配慮していただくべきなんじゃないかなというふうに思うんですが、こうした意見についてはどういうふうに受け止められているんでしようか。

答) 配慮してもらいたいという意見に配慮しろというのは何のことをおっしゃっているんですか。

問) つまり全ての記者が国旗を置くということについて同意しているわけではなくて、置く必要はないという意見や置くべきではないという意見もあったわけですよね。そういう意見がある中で置かなきゃいけないということを通すというか、通されるというのは一方的な感じがするわけです。そういった意見についてどういうふうに受け止められたのかということです。

答) ですから広報室を通じて何回かお話をさせていただき、皆様方も10年前の時と違って非常に冷静に話し合いに応じていただいたという中で、これは私に限らずではありますけれども、いつまでも、農水の時には2カ月ぐらい持ち帰って協議すると言っては返事が来なかったりというやりとりがあったんですけれども、今回は皆さん方と本当に話し合いが出来たと。これは私も報告を受けて皆さん方の対応振りについては本当に評価をしているわけです。ただこれは全会一致で決めるとか1人でも反対があったら、記者さんの間で反対があったら設置しないという問題ではなくて、さっきから申し上げているように国旗・国歌法が成立したことによって、閣議で総理から公の場には国旗を掲揚するようにという指示があった、しかもそれが訂正もしくは廃止されたということは聞いておりませんので、私はここに置くということが、認証され、そして任命された立場から言えば、私にとっての責務であるというふうに考えて、何とかご理解をいただきたいということで今まで話し合いをさせていただいたわけであります。(一部抜粋)


ソース:中川財務大臣兼金融担当大臣閣議後記者会見の概要【財務省HP】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 自民党の総裁選挙が告示され、ダニ垣と河野Jr.とよく知らない若手が立候補したわけですが、本来なら(酒)に立候補して欲しかった。 なんかもうどうでもいい三択(笑)。 ところで河野Jr.の肝機能は正常なんだろうか。 顔がどす黒赤い土色なんだが・・・。
 話がそれたが、上杉某は記者クラブの開放をアピールする前に、その記者として・・・いやそれ以前に人としての品格を身につける必要があるだろう。
e0064858_2333494.jpg
e0064858_23332154.jpg
   http://www.joqr.co.jp/blog/soko2/archives/2008/11/post_573.html

 しゃぶPといい、上杉といい・・・orz 同じ福岡出身の現東京人としてOVERDOPE、このバカどもになり代わって謝罪させていただきます。 ふんとにサーセン。m(_ _)m

追記:
原理主義者が約一名ガス抜き始めた模様w>当然記者クラブ側は反発w
岡田外相、記者会見は外務省記者会以外にも開放【MSN産経ニュース】
結末やいかに?
[PR]
# by overdope | 2009-09-19 00:29 | マスゴミ
汚沢傀儡政権誕生前夜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_171685.jpg
                        画像追加w
e0064858_2141377.jpg
 民主党の鳩山由紀夫代表は15日朝、都内の私邸前で記者団から「どのような内閣になりそうか」と鳩山新内閣について質問を受けると、「それよりも、イチローのあの活躍はすごいじゃないですか」と開口一番、米大リーグで史上初の9年連続シーズン200安打を達成したマリナーズのイチロー外野手を絶賛した。
 鳩山氏は「世界であれだけ活躍できる選手は見えないところでいかにしてベストを尽くそうとしているか。そこだよね。見えるところだけじゃなくて、見えないところであれだけ練習しているからこそ、ああいう成績を世界に残せる。みんなが学ぶべきところだ」と語った。その上で、「そういう思いで組閣もやりたいし、天下に恥じない良い仕事をやらなきゃいかんと思う」と政権運営の決意を新たにしていた。 (2009/09/15-09:24)

ソース:イチローを絶賛=「天下に恥じない仕事を」と決意-鳩山民主代表【時事ドットコム】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 昨日は思わず汚沢を「代表」と呼んでしまったぽっぽ。 今朝も自宅を出る際にイチローの9年連続200本安打の偉業達成を称賛するとみせかけ、影の総理汚沢に「実質的な国の舵取りをしっかりお願いしますよ」という隠れたメッセージを送ったようである。 組閣についても「汚沢総理の意に沿うようなものにしますよ」ということなのだろう。
 二重権力構造なんて大嘘。 実質的には汚沢の独裁体制であり、その周囲に元キャバ嬢とか元プロ市民とか元アイドルとか元自己破産者とか元風俗ライターで元出会い系のサクラで元ホラー映画乳出し女優で元大川興業とかそうそうたる経歴を誇る魑魅魍魎や悦び組がはべってるだけ。
 明日、国会のひな壇に並んで記念写真におさまる売国奴や香ばしい面々を見て心臓発作で倒れる前にこの一文をしたためておく。

 2009年9月16日、日本は終わる。 それは後の歴史家が「9・16事件」として記述することになるであろう無血クーデターである。

 しかし、汚沢傀儡政権は短命に終わるだろう。 法則発動の要件は満たされているどころかオーバーフロー気味。 法則が今か今かと発動するのを手ぐすね引いて待ってる状況だ。
e0064858_21414347.jpg
e0064858_21501658.jpg


[PR]
# by overdope | 2009-09-15 22:19 | 売国奴
イルボンのやることなすことじぇーんぶ反対ニダ!<ヽ`∀´>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_051223.jpg
 世界最先端の技術を投入した日本の薄型テレビが、海外に輸出できない…。
 そんな事態が現実のものとなろうとしている。ヨーロッパの巧みな戦略によって、「国際標準」の一部が変更されたからだ。
 1995年のWTO発足以降、国際標準は、輸出や政府調達の条件としてルール化された。そして、百年に一度と言われる不況の今、その覇権を巡る競争は一層激しさを増している。国際標準を決めるのは各国の投票。しかし、標準化を国益の源泉と掲げる欧州勢を前に、日本は苦戦を強いられてきた。
 そうした中、数々の失敗から学び、巻き返しを図る日本の企業連合がある。1100キロボルトという世界一高い“超高圧”の送電技術を30年がかりで開発。東京電力を中心に、多くの企業が結束し、巨大な電力インフラ市場を持つ中国やインドへの進出を夢に国際標準化を目指す。立ちはだかるのは欧州の列強企業。日本チームは、先手必勝の“秘策”や、海外に積極的に“協力者”を作るなど、知略を駆使して悲願達成に向け奮闘する。果たして日本はどこまで巻き返せるのか?ルールをめぐる国際的な闘いの最前線を徹底追跡。

ソース:ニッポンは勝ち残れるか 激突 国際標準戦争【NHK 追跡!AtoZ】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 先日、深夜にビートルズの特番をやってたので何気なく観てたら、その後すぐこの番組が始まったのでズルズル観てしまった。 一週間前に放送された番組の再放送だった。
 番組は超高圧送電方式の国際標準を巡る日本の戦いを追ったドキュメンタリー。 ここでは観ていない方のために番組の概要を簡単にまとめてみた。 もしご覧になっていない方は見ていただくことをおすすめする。 
 Veoh Web Playerが入っていれば(入っていなければ冒頭の5分間のみ)以下のサイトで番組の全編を視聴できる(Windowsのみ)。

 http://www.veoh.com/browse/videos/category/animation/watch/v18897857eez75TEY

 超高圧送電方式には以前から国際標準として欧州が主導する1050キロボルトとロシアが主導する1200キロボルトが存在していたものの、いずれも実用化には至っておらず、そこに日本が世界に先んじて完成させた1100キロボルト方式を新たに国際標準として認めさせようというもの。
 この動きに対し、ドイツはインドと連携し「従来から存在する1200キロボルトの規格はすぐにでも実用化が可能」として日本の1100キロボルトの国際標準化に反対。 この動きに同調した反主流派が集結し、投票を数ヶ月後に控えた票読みでは20カ国が投票に参加し、そのうちドイツ、スウェーデン、スイス、デンマーク、韓国の5カ国が反対に回ると予想された。 全体の4分の1以上が反対した場合、標準化の道は絶たれる。 アメリカやイギリスなど日本の方式への賛成の態度を明らかにしていない数か国を含め、反対の国がもう一カ国増えれば日本の方式が採用されなくなる際どい状況であった。
 日本の担当者は反主流派の会合に潜入し、ドイツの担当者と直談判。 あらためてこの分野におけるドイツの並々ならぬ決意を知る。 ここで日本は戦略転換し、日本の方式を中国も後押ししている(既に中国では日本の1100キロボルト方式が採用され現地で設備を稼働させている)ことを強みに、日本が敢えて前面に出るのではなく、中国を通して反主流派の切り崩しを図る。
 反主流派の会合と同じ日、日本では賛成派の票固めが行われていた。 実際に試験用の送電施設がある群馬まで各国の技術者たちをエスコートし、日本の技術力をアピール。 各国の技術者たちからはあらためて日本の技術水準の高さに感嘆の声があがる。 夜は夜で酒池肉林の接待漬けで日本のホスピタリティをアピール。 韓国ならここで国の主要産業のひとつである売春婦たちの出番となるのだろう。
 いよいよ投票結果発表の日。 蓋を開けてみれば反主流派の中心であったドイツとスウェーデンは日本の方式に賛成票を投じた。 今回は日本の方式を既に採用している中国を敵に回すのは得策ではないという判断が働いたというのが番組の分析。 技術的には日本の方式が突出しているこの分野。 ここで意固地になって中国の機嫌を損ない、他の標準化でデメリットを被ることを恐れたのだという。 管理人的には幻想以外の何物でもない中国市場だが、国際標準の世界でその威光は絶大のようである。 どのプレーヤーも中国市場を失うことを恐れている。
 日本の担当者は「日本に反対する国はあっても、中国に反対する国はない」と嘆く。 何とも情けない話だが、逆に「中国市場」という言葉に甘美な響きがあるうちは、その影響力を利用できるだけ利用し尽くすぐらいのしたたかさが日本には必要だと思う。
 そもそも欧州に圧倒的な地の利がある国際標準の世界。 番組でも触れられているが、極東の日本が居並ぶ列強(とりわけ標準化大国ドイツ)を相手に立ち回るにはこの分野のスペシャリスト育成が急務。 国のバックアップがほとんどない現状で、メーカーの技術者が情報収集からロビー活動、果ては接待のお酌までやっているというなかで、今回の日本の送電方式が国際標準となったことは快挙であると言える。
 また、技術面で日本の後塵を拝し、多数派工作にも敗れたドイツとスウェーデンが最終的に賛成に回ったのも、権謀術数が渦巻くこの世界での処世術。 まさに負けるが勝ち。 今回の譲歩は次なる戦いにおける戦略の第一歩ということなのだろう。
 かくして結局最後まで反対票を投じたのは投票した25か国中3カ国のみ。 反主流派を立ち上げたドイツとスウェーデンの土壇場での変節を読み切れなかった情報弱者チェコデンマークと、行動原理が反日の韓国だけ。 まさに最後の最後で梯子を外された格好だった。 日本が何かやろうとするとまず反対。 そのくせ自分が何かやろうとすると日本に当然の如く賛成を求める。 つくづくどうしようもない国である。 アホである。
 最終的な投票結果は、カメラが捉えた日本の担当者のノートパソコンのディスプレイにそれぞれの国名の後に「賛成(Y)/反対(N)」で表示されたが、チェコとデンマークのNの印はしっかり映されたものの、韓国のNの印は映されなかった。 さすが日本人の反韓感情に配慮する犬HKらしい見事な編集である。
 またそこは犬HKらしく番組の制作意図としてどうしても日中友好がチラつくのだが、中国なんかとつるんでもロクなことはない。 今回は日中の利害が一致したがゆえの共闘だったが、むしろ中国に国際標準という足かせをし、例えば国内で製造されるPCに禁制語検閲ソフトを組み込むとかそういう暴走を止めるといったことが必要なのだろう。
 とにかくいろんな意味でなかなか興味深い番組ではあった。

番組実況スレの反応を見る(画面キャプチャー付き)
[PR]
# by overdope | 2009-09-13 23:23 | 呆韓
Now is the time to go home !
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_12271586.jpg
e0064858_12272433.jpg
e0064858_1211250.jpg
            ▲コイツです

1 :はるさめ前線φ ★:2009/09/08(火) 21:36:03 ID:???

新人歌手ジヌン、日本国籍放棄し軍服務を決心

 新人4人組混成グループ「B2Y」のメンバーのジヌンが軍服務のため日本国籍を放棄したことが明らかになった。
 延世(ヨンセ)大学建築工学科に在学中のジヌンは日本生まれで日本国籍を持つが、韓国の国民としての義務を果たすべきとの責任感から昨年日本の国籍を放棄した。
 東京で生まれ5歳まで日本で育ったジヌンは日本語も流暢で、延世大学入学当時は数学特待生として4年間の学費全額を奨学金として受け取っていた事実も知られ、ネットユーザーらを驚かせた。
 こうしたプロフィールが明らかになると、ネットユーザーらは「すごいスペックだ」と感嘆した。さらに学業と、国防の義務のため日本国籍を放棄したことに対し、「心まで美しい」「外見に、スペックに、心まで気持ちよい」と称賛が続いている。

 一方、ジヌンはこうした称賛に対し「歌手活動を始めて、両親の許しを得るために一生懸命勉強した。その結果が現れただけで、過分な評価だ」と謙虚な姿勢を見せている。

中央日報 2009.09.08 08:44:37
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=120243

ソース:【韓国芸能】新人歌手ジヌン、日本国籍放棄し軍服務を決心 ネットユーザーら「外見に、スペックに、心まで気持ちよい」[09/08]【東亜N+】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 こういうブログをやっていると、なかなかいいニュースには出会えないものだし、たとえ出会っても大抵はまったくツッコミどころがないがゆえそうしたニュースはどうしてもスルーしてしまいがちだが、これは心底いいニュース。 南朝鮮の歪んだ愛国心をくすぐり、なおかつ日本の国土が浄化されるという一挙両得である。 日本政府にはこの出来事を契機として「痴情の楽園・南朝鮮」を喧伝し在日の新たな帰国事業を推進して欲しいところだが、ミンス政権じゃ無理かorz
 さあ、すべての在日よ、大嫌いな日本とオサラバだ。 5分で荷物をまとめろ。 だがあいにく出してやる船はない。
e0064858_121282.jpg


2ちゃんねらーの反応を見る
[PR]
# by overdope | 2009-09-09 12:41 | その他
ホロン部の確定ソース
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_1481217.jpg
1 :どす狼こい喫茶-ジュテーム-φ ★:2009/09/04(金) 21:11:29 ID:??? ?BRZ(10555)

 民団が熱い視線を注ぎ、積極的にかかわった第45回衆議院選挙は終わった。民団はシフトを切り替えて、永住外国人地方参政権付与法案の早期立法化に全力をあげる。参政権運動の今後の展望について、本紙記者が話し合った。

■□
民団が関与の反応は
自発的な活動引き出す

--民団が日本の国政選挙に直接かかわったことへの反応は。

A かなりの団員たちに、韓国籍なのに政治・選挙運動が本当にできるのか、という懸念があった。地方選挙の投票権もないのに、不特定多数への政治的な働きかけが許されるわけがない、という思い込みだ。政治資金の提供を除けば、すべてが日本人と同様にできると知って、目を輝かせた団員は多い。その後の各地の頑張りは、こちらが煽られるほどだった。

B 同胞の若い女性から「民団新聞の総選挙関連の記事には励まされる。だからこそ、外国人にも選挙運動ができることをもっと強調して欲しい」と電話があった。「参政権獲得運動を誹謗中傷するネット・ウヨクと毎日闘っている。彼らは外国人排斥のために手段を選ばない。民団が違法な運動をしていると騒いでいる」とのことだった。
 民団とはまた別な所で、いろんな形で運動している同胞がいること、民団の選挙支援が注目、監視されていることを改めて痛感させられた。

C 経済力のある団員は地域の日本人社会でも、まず間違いなく有力者だ。地方選挙には個人的にかかわってきた。むしろ、放っておいてくれなかった、というのが事実だろう。

 それでも、国政選挙には一線を画してきた。今回の組織的な関与は、付与法案が上程されてから11年間も動かない膠着した状況に、今度こそ風穴を開けようとやむにやまれぬ思いからだ。既存の利益関係を断ち切ってまで、付与推進候補に力を注いだ有力者も多い。

A 「民団がいよいよ動いたか」という声は年配同胞から多かった。「自分の年では今さらだが、孫の代のために何とかして欲しい。最近の民団の動きは頼もしい」とまで言われた。

C 大手本部の団長たちにも、「今回の総選挙は背水の陣だ。負けたら地元にいられない」「自分の選挙や中央3機関長の選挙より懸命だった」といった緊迫感があった。有力な反対派議員を破って支援候補が当選を確定すると、感極まった支団長もいた。

B 民団に直接かかわっていない、いわば組織周辺の読者から投稿や電話がいくつかあった。30代の3世は、「初めて選挙に関心が湧いた。日本人の妻は1回も投票に行ったことはないが、今回は必ず行く、親にも兄弟にも依頼する、と張り切っている」と驚くほど高揚していた。

C 民団が党派を超えて付与賛同候補を支援することを問題にした日本人もいる。政治活動の中核をなす選挙運動においては、特定政党への支持を鮮明にすることが正道だと。一般論では確かにそうだ。
 だが、民団は国政全般への関与とは一線を画し、参政権一本に絞った落選運動ならぬ当選運動という位置づけだ。そこにはもちろん、参政権付与が日本の健全な将来に結びつくとの巨視的な信念があることを知って欲しい。

民団新聞 記事の一部抜粋
http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?corner=2&page=1&subpage=3532
前スレ:★1の時刻:2009/09/03(木) 14:49:02
(実質★12)
【在日】「参政権獲得運動を誹謗中傷するネット・ウヨクと毎日闘っている」 民団新聞に在日女性から電話が★11[09/03]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1252053445/


ソース:【在日】「参政権獲得運動を誹謗中傷するネット・ウヨクと毎日闘っている」 民団新聞に在日女性から電話が★13[09/03]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そもそもネトウヨなどというものは存在しないのだが、2ちゃんなどでよくネトウヨとレッテル貼りしているのはすべて民団のホロン部だったという確定ソースである。
 管理人から言わせてもらえば、外国人を排斥しようなんて気はさらさらない。 ただ、日本大好きの管理人にとって反日的行為をするものは国籍問わず批難の対象となる。 むろん日本人でさえも。 そして、統計上そうした反日的行為を行う者は圧倒的にアルカニダが多く、とりわけネットの中において日本人に成りすまして反日工作活動を行うのはほぼ民団や総連所属のトンスラーである。
 衆院選前はトンスラーとネトアサの利害が一致し、丑スレなどにおいて共闘体制を組んだようだが、当該スレを一定時間ROMっているだけで意味不明な日本語がかなり見られた。 総連系のホロン部にとってはちょうど「150日戦闘」のまっただなかでもあり、自らに課せられたノルマ達成を前に焦りもあったのだろう。
 もっともそのなかで多数派を占めていたのは民団のホロン部であり、自宅、職場、ネットカフェと場所を変えつつ「ネトウヨ」「阿呆首相」「自民厨」と特定のフレーズを反復することに終始。 おそらく「上」から工作指示書が配布されていたのだろう。 だがそれはあまりにワンパターン過ぎたw
 まあ今回はホロン部のお望みどおりミンスが大料理したわけで、彼らも今頃は勝利のトンスルに酔っていることだろう。 あー臭え。 韓国のキッチンに便器が据え付けられている画像を良く目にするが、あれはトンスルのためでもあったのだと納得。
 ご自宅がボットン便所の方、留守中や夜中にトンスル窃盗団と化したホロン部に鮮入されないようにご注意を。

 以下のイラストは選挙期間中に2ちゃんにバラ撒かれたものだが、作者についてはひきこもりコラムニストの小田嶋隆であるとの説などがあるものの真偽は不明。 ただその文言からかなり年配の人物ではないかと言われている。 もちろん「ネット民団」所属の絵師という説もある。

e0064858_1484783.jpg
e0064858_149088.jpg
e0064858_1491369.jpg
e0064858_149281.jpg
                     こんなの出来てましたw
e0064858_1494130.jpg
           貼り忘れてましたが最新作です。 グッドジョブってwww
e0064858_0425060.jpg


2ちゃんねらーの反応を見る
[PR]
# by overdope | 2009-09-05 01:27 | 殺韓
みずぽタソは愛国者
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0064858_223194.jpg
1 :出世ウホφ ★:2009/09/02(水) 18:24:32 ID:???0

 連立政権発足に向けた社民、国民新両党との政策協議について民主党は、鳩山由紀夫代表が首相指名を受ける16日までの合意を目指す。具体論は郵政民営化見直しなど衆院選前にまとめた共通政策をもとに進む見通し。意見の食い違いがある外交・安全保障分野の協議が焦点となる。
 2日夕の協議に先立ち、社民党は同日午後に開く都道府県連の代表らによる全国代表者会議で、3党の連立協議に参加することを正式に決める。国民新党は1日、亀井静香代表が民主党の鳩山代表と会談し、連立協議を進めることで合意済み。3党の政策協議はまず政策担当者間で始め、必要に応じて幹事長級に格上げする方針だ。
 焦点は自衛隊の海外派遣など外交・安保分野の調整。例えば海上自衛隊によるインド洋での給油活動について民主党は来年1月の期限切れに伴う打ち切りを検討するが、社民党は即時撤退を主張してきた。社民党の福島瑞穂党首は同日昼のテレビ朝日番組で「撤退に向けて調査、検討に取り組むという形で折り合いがつくと思う」と述べ、即時撤退にこだわらない考えを表明した。(14:10)

連立協議、今夕から インド洋即時撤退、社民党首こだわらず
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090902AT3S0200L02092009.html
http://sankei.jp.msn.com/photos/politics/policy/090901/plc0909011934018-p1.jpg
2009/09/02(水) 17:12:10
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1251879130/l50

ソース:【政治】社民・福島みずほ党首、海上自衛隊のインド洋即時撤退にはこだわらない考えを表明★2【N速+】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 組閣前から早くもgdgdだなw 鳩左ブレの次はみずぽ右ブレ(イマイチ)。
 ミンス、斜民、酷民の連立協議を伝えるニュースに阿部知子がエラそうに映っているのを見て、この国が本当に終わってしまったことを改めて実感させられた管理人です。 国民はとんでもない政権を選択してしまいました。 日本が日本でなくなる日、人が人でなくなる日まであとわずか。 皆様いかがお過ごしでしょうか。
 管理人も、よもや自分の目の黒いうちにみずぽが閣僚になる日を迎えることになろうとは思いませんでした。 今国会で行われているのは超B級のナイトメア以外の何物でもありません。 あってはならない光景が繰り広げられています。
 さて、みずぽが突如面舵いっぱいです。 みずぽを崇めてきたプロ市民は全員憤死。 まあ政権を担当するにはお花畑じゃ務まらないということ。
 管理人、みずぽはいつもわざとお花畑を演じてみせてますが、その実極右だと思っています。 以下その証拠写真です。
e0064858_2234265.jpg
 当然毎年8月15日には完璧に変装して靖国神社に参拝しています。
 それはそうと・・・

特別国会召集までにぽっぽの立件

夜露死苦!>東京地検特捜部


2ちゃんねらーの反応を見る
[PR]
# by overdope | 2009-09-02 22:25 | 売国奴
衆院選雑感
e0064858_3153144.jpg
       http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52016651.html

 もう笑うしかないような開票速報だった。 かつて一億火の玉で英米と戦った日本人は戦後60余年を経て一億総白痴化した。
 今回の結果は後に様々な分析がなされるだろうし、多くの切り口があるだろうが、管理人が一番感じたのは、残念ながらいまだこの国はカスゴミの支配下にあるということだ。
 管理人自身、国会に行ったこともなければ永田町での出来事に特別明るいわけでもない。 そしてまた多くの国民が同じだと思う。 そうした国民が政治について知るのはやはりまだまだテレビや新聞。 つまり多くの国民にとって政治とはディスプレイの上や紙の上で展開されるヴァーチャルな事象である。 そして、テレビと新聞のいずれも利用者が完全に受動的な存在と位置づけられるメディアである。 つまり情報の受け手が報道内容を精査する能力がなければたちまち思考停止し、無条件にそれを受け入れてしまう。 以下に参照するのは少し前の記事だが、そうしたテレビによる愚民化現象を示している。

        自民評価、やや持ち直し…読売ネット調査【YOMIURI ONLINE】

 確かに国民が旧態然とした自民党政治に辟易し、何かを変えたいという思いは理解できる。 管理人とて今の自民党政治には様々な点で大いに不満があるのも事実だ。
 支持政党を選択するにあたっては各々の国民に各々のプライオリティがある。 年金問題、雇用問題、子育て支援、景気対策、安全保障・・・何を優先するかはその人次第である。 管理人の場合、それは「日本」だった。 日本が日本たるためには、現状選択できる政党はひとつしかなかった。
 民主党圧勝を受けて、既に特定アジア各国から歓迎ムードが伝えられている。 こうした反日国家から歓迎される政権を日本人は選択してしまった。
 閣僚経験もある自民党のベテラン議員の刺客として送り込まれたのは汚沢の息のかかった何処の馬の骨とも知れない女工作員。 不祥事やスキャンダルがなく(知られていない)清廉潔白だけが取り柄のこうした新人候補。 その経歴は元アイドル、元カスゴミ、元キャバ嬢と多士済々だ。 もう既に「姫の虎退治」の姫の素性さえ忘れてしまったのか、そうした選挙区の皆さんはカスゴミ主導の与党ネガキャンとぽっぽの「政権交代」連呼の前に完全に思考停止し、汚沢の悦び組に票を投じたのである。 残念ながら国会は村議会レベルにまで質が低下、内政一辺倒になり日本の国際的なプレゼンスは地に堕ちるだろう。

 選挙期間中、日本中を駆け回って支持を求めた麻生首相には心からお疲れさまでしたと申し上げたい。 党内からもコキ下ろされ、カスゴミからは叩かれっ放しのなか孤軍奮闘した選挙戦という印象だった。
 安倍ちゃんが体調不良で辞任した後を継いだチンパンが突如政権を放り出したところで就任し、その直後金融経済危機に見舞われ、「100年に1度の不況」が直撃し、国民のなかに大きなフラストレーションが鬱積するなかで政権運営を強いられた麻生首相。 この国の将来について明確なビジョンを持つ政治家が少ないなか、明るい日本の未来図を描くことのできる希有な首相が1年という短命政権に終わるのは残念としか言いようがない。
 今回の負け戦のなか、それでも麻生自民党に票を投じた人の多くはこの国の行く末を憂う市井の人々だろう。 小選挙区はその性格上、思考停止しムードに流された人々の投票行動の影響をモロに受けるが、それでも得票数を見る限り一定の割合で自民党候補に票を投じた国民が存在する。 今回自民党に愛想を尽かせて民主党に投票した元支持者が多数存在する一方で、新たに自民党の支持者となった人々も少なからず存在するであろう。 自民党はこうした人々の支持を礎石とし、逆風のなか彼らが自民党に何を求めたのかをしっかり分析し、保守本流の政党として出直すしかない。
 公明党は自民党支持層の小選挙区での選挙協力がまったくといっていいほど得られず惨敗した格好だ。 自民党の支持層が本来的に持っている公明党への嫌悪感が表出し、自民党が独自候補を立てていない選挙区では多くの票が民主党候補に流れたのだろう。 自公の選挙協力の脆さが露呈した。
 果たして公明党は与党の旨みを忘れることができるだろうか? 管理人は公明党には民主党にすり寄って社民、国民との連立政権の一角に入ってもらいたい。 多くの自民党支持層もそれを望んでいるはずだ。

 一過性の「チェンジ熱」という疫病に侵されて政権交代したアメリカ。 ところがオバマ政権の実際のほとんどはブッシュ政権の踏襲に過ぎない。 何かを変えるということはそう簡単なことではない。 共和党との違いを出そうと医療制度改革という難題に正面からぶち当たったオバマ大統領の支持率は早くも50%を割り込んだ。 低福祉低負担のアメリカに国民皆保険を導入しようという政策には国民のアレルギーも大きい。 低貯蓄で刹那的消費社会のアメリカに国民負担による国民皆保険なんて幻想を抱くとは国が違ってもさすが民主党という感じだが、この問題は日本において年金問題が自民党にダメージを与えたように(主犯格は社会保険庁と自治労)オバマ政権の致命傷になりかねない。
 同様に、昨年チェンジ熱で国民党政権となった台湾もいま政権基盤が揺らいでいる。 中国との経済的な関係強化は、それによって台湾が中国の経済植民地になることを恐れる独立派の反感を買い、今月台湾を直撃した台風8号では被災地での救援活動の遅れから500人以上の死者を出し、国民から厳しい批判にさらされている。 そんなおり、ダライ・ラマ法王が被災地を訪問するためビザの発給を申し入れると馬英九総統はこれを受け入れた。 懸念された中国からの脊椎反射的な批判も今回は抑えめで、どうやら中国の傀儡に等しい国民党政権を側面支援するため、敢えて馬政権の批判を避けているようである。
 チェンジ熱に浮かれてはみたものの、実際は何も変わらないどころか以前より悪くなることさえある。 この夏、一億総白痴化した国民が選択した近未来は、日本とも関係が深いこの二カ国が既に体を張って示してくれている現状と大差ない。 一番の問題は、今回民主党に票を投じた多くの国民が、自らが愚かな選択をしたことにすら気づいていないという事実である。

 民主党の崩壊は既に始まっている。
[PR]
# by overdope | 2009-08-31 02:07 | その他
鳩に餌を与えないで下さい
e0064858_22435213.jpg
 鍵コメさんからいただいて先にタンブラーにポストさせていただいた画像を再掲させていただきます。 鍵コメさんありがとうございました。m(_ _)m

 ボランティアのみなさん、暑い中ビラ撒き、ポスティングお疲れさまでした。
 管理人もあいにくヒマだった仕事が急に忙しくなってきて午前様になったりしてるのに、深夜ポスティングに精を出してみたりしました。 ガラにもなく。 正直そんな自分の行動に自分で驚いている次第。 それというのも、日本が日本でなくなり、人が人でなくなるような、何か得体の知れない危機感を感じていたからなのかも知れません。 ともあれ、自分の小さなキャパのなかでやれることはやったのでどういう結果になろうが悔いはありません。
 もうここに至っては何も申し上げることがございませんが、自民党のなかでもとりわけエロ拓、下等、二怪の3バカについては彼らの逝き様に相応しい結果になりますように。 合掌。




   Do the right thing.
[PR]
# by overdope | 2009-08-29 23:42 | 売国奴
That's the way of Kyodo News
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


首相「金ないのに結婚するな」 学生イベントで

 麻生太郎首相は23日夜、都内で行われた学生主催のイベントで、若年層の結婚について「金がないのに結婚はしない方がいい。稼ぎが全然なくて(結婚相手として)尊敬の対象になるかというと、なかなか難しい感じがする」と述べた。
 「結婚資金が確保できない若者が多く、結婚の遅れが少子化につながっているのではないか」との学生の指摘に対する回答。一定の生活力が必要との趣旨とみられるが、不況の影響で就職先がなかったりワーキングプア状態にある若者たちに対する配慮を欠いた発言との批判も呼びそうだ。
 首相は「自分は金がないわけではなかったが、結婚は遅かった。あるからする、ないからしないというものでもない。人それぞれだと思うから、うかつには言えないところだと思う」とも述べた。

http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009082301000685.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 丑スレでネトアサが必死に煽っているようだが、最初のスレの元記事は狂道発のこの記事。 強制裸祭りやったら朝日新聞社IPだらけになりそうな悪寒(笑)。
 いつもながらの揚げ足取りもここまでくると滑稽だが、見てのとおりどこにもツッコミようがない発言である。 ツッコミどころか犯罪性の高いのはお肉屋に850円を贈賄したぽっぽの方である。 つーか肉屋も追っかけて行ってでも釣り銭渡すだろ普通。 なに懐に入れてんだよ。 まあ支払いの時ぽっぽに「釣りはとっとけグルッポー」と脅されたんだろうけど(笑)。
 現実に結婚するには金が要る。 男の側からみれば婚約指輪や結婚指輪、結納金だっている。 そうした慣習は嫁を取る男の甲斐性をはかるものでもある。 つまりその程度の金も用立てられない男と結婚しても幸せにはなれないということ。 自分にも耳の痛い話だが、生活力のない男と一緒になっても女は苦労するだけ。 せっかく子供ができてもやがて離婚に至ってしまえば母子家庭や父子家庭が増えるだけ。 つまりは税金で児童手当など生活支援する世帯が増えるということである。 これは財政にもダメージを与える。
 一方でまた少子化も将来の税収の落ち込みに繋がる。 だからこそ今自民党は景気最優先の政策を進めているわけで、それは雇用拡大と同義である。 何でも不況のせいにして国民が国にタカりだしたらこの国は終わり。 自分の人生は自分で切り拓くしかないのだ。
 首相の発言の動画を見てみたが、小さな会場であり、面と向かった質問者の学生に対して答えたもので、ただ学生の意見に同意しただけ。 明らかに一般論であり、同時に質問者の学生への個人的なアドバイスといったニュアンス。 こういうケースで総論のつまんない答えをしてしまうのが普通の政治家だが、麻生太郎という人間は良くも悪くも各論で本音で語る。 ただしマスゴミはそのように受け取らない。
 狂道自ら首相の当該部分の発言の音声を公開しているが、これを聞いて首相「金ないのに結婚するな」というタイトルの記事に転化してしまうのだからカスゴミフィルターとは恐ろしいものである。

 この質問の質問者として【ザンさんの日記/mixi】

 狂道通信やネトアサ、不治らがこうした些事を掻き集めて麻生政権のネガキャンに必死だが、その狂道通信は先日の民主党の国旗切り裂き事件をどう伝えていたのか気になったのでサイト内を検索してみたところ、自社発の記事すらなく、南日本新聞の記事に拠っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日の丸重ねて民主党旗 首相の批判に「切り刻んでない」

 麻生太郎首相は17日の党首討論会で、民主党が今月初めに鹿児島県内で開いた集会で日の丸の旗2枚を使って民主党旗を作り掲げていたと指摘、「国旗を切り刻むとは許しがたい」と鳩山由紀夫代表を批判した。8日に霧島市で開かれた民主新人の皆吉稲生さん(59)の「国分地区総決起集会」を指しているとみられる。皆吉さん陣営は「支持者が作ったが、切り刻んではいない」と説明している。
 皆吉さん陣営によると、旗は支持者が手作りし当日持ち込んだ。「いいものを作ってくれたと掲げた。バタバタしていて日の丸の旗とは気づかなかった」という。
 首相の指摘を受け、陣営スタッフは17日夕、作った支持者宅を訪れ実物を確認。日の丸の旗2枚を重ねていたが、いずれも切り刻まれてはおらず、真ん中の白い部分は白い布を当て縫っていたという。民主党のマークは下の円がゆがんだ形で、正確に表現したものではないらしい。

http://www.47news.jp/news/2009/08/post_20090818105748.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 それによると日の丸は切られたのではなく「重ねられて」いたそうで、ご丁寧に民主党の言い分「切り刻んでない」まで紹介している。
 この事件が公になったのは記者クラブでの党首討論で麻生首相がこのことに言及したのがきっかけだが、なぜ東京での出来事、しかも記者クラブでの発言については一行も自社発の記事を書かず、一痴呆紙の記事に依拠するような真似をするのだろうか?
 答は簡単である。 狂道が記事にすれば、その狂道と契約しているすべての主要各紙や痴呆紙が同じ記事を書いて輪転機にかける。 翌朝、民主党の悪行がたちまち日本全国津々浦々に流布される。 民主党の腰巾着で太鼓持ちの狂道痛信にそんなことができるはずがないのである。
 一方で麻生首相についてはその逆。 少しでも難クセつけれそうな発言でもあろうものなら、どんな集会のどんな文脈上の発言であっても、都合よく切って繋げて、そして時には捻じ曲げてでも記事にする。 記事を売ってやってる主要各紙や痴呆紙が勝手にそれを広めてくれるからだ。 そして時には社説の雛型まで提供してやったりするから、あちらこちらの痴呆紙の社説が似たり寄ったりなんていう笑えない事態にもなる。
 狂道痛信のサイト「47NEWS」の「47」は日本の都道府県の数を表しているのではない。 民主党政権下で日本が「日本省」になった時に、いつでも「支那ニュース」と呼び名を変えられるようにしてあるからである。

e0064858_2359453.jpg
 昨日党本部より発注分が到着。 ギャンブルチラシ在庫終了だそうです。
 ボランティアのみなさん、ポスティングご苦労さまです。

http://www.ldplab.jp/ldplab/2009/08/090817.php
[PR]
# by overdope | 2009-08-25 00:56 | マスゴミ